科捜研の女第15話最終話(3.6-13)

March 15 [Sat], 2014, 3:02
非認可の老人ホームで入居者の山路@森下哲夫が焼死、
藤倉刑事部長@金田明夫は事件性がないと判断するが、
何かが気になる榊マリコ@沢口靖子土門@内藤剛志は独断で捜査を続行、
別の入居者石川鱒乃@長内美那子が転落死する事件が発生、
更に老人ホームオーナー掘祐子@大河内奈々子が入居者に保険をかけてた
事実が判明するが、事件の真相は意外なものだったと・・・。

「捜査と鑑定は夫婦や親子みたいなもの、
夫婦や家族はやはり話さなきゃダメだ。
俺はおまえとの会話をやめるつもりはない。いいな?」

「・・・(コクリ)」
土門さん、それプロポーズじゃないのか?

櫻井武晴脚本だった前後編
ラストのマリコと土門さんの定番のやりとりににんまりさせられたし、
久々登場の宮前前所長@山崎一のその後の成果を
「そんなことより・・・」の一言で片づけるマリコさんのそっけなさも愉快でしたが、
居場所を失いたくなかった老人たちの必死の思いと誤解が起こした騒動だったという顛末・・・
ある程度予想してた通りだったのですが、侘しさや空寒さを感じましたなあ
事件の真相を知ったケバい女性オーナーが改心したのが救いだった一方、
事件性がないとわかって、大笑いしていた佐伯本部長@西田健が救いがなかった。
ホント、このおっさん、何とかしてほしい(苦笑)

今期を総括すると・・・
刑事ドラマとしては『相棒』より出来がよかったと思います
戸田山さんは『相棒』より『科捜研』や『スペシャリスト』の方が
のびのびと執筆してる気がしたなあ。
マリコや土門の難敵となった新キャラ藤倉刑事部長もイイスパイスになってました。
登場したばかりの広報課職員江崎和帆@佐藤康恵があっという間に退場したことで
先の展開が読めなくなったのもよかったのかもな。
この最終回、藤倉部長か日野所長@斉藤暁が退場するんじゃないかと思った。
櫻井さんに戸田山さん、共通の脚本家さんが参加していることだし、
次のシリーズは『相棒』とは違う時期に放映してほしいなあ・・・

★科捜研の女の感想★
10期第1話 2011SP 11期第1話 12期第1話 12期第4話 12期第5話 13期第1話 13期第2話 13期第3話 13期第7話 13期第8話 13期SP 13期第9話  13期第13話

★3月15日(金)の日記★
宇津井健さん他界。
優しく謙虚なお人柄が佇まいから伝わってくる俳優さんでした。
宇津井さんが演じた役で一番印象に残ってるのが
大河ドラマ『葵徳川三代』の毛利輝元、
関ヶ原で三成らの話に乗せられ、西軍の総大将になり、
戦後領土を大幅に減封されてしまった人物、
津川雅彦さんの家康、江守徹さんの三成etc、強烈な人々の中で
優柔不断そうな輝元を好演されていたなあ。
馬がお好きだったそうで、大坂入城の際に乗っていた馬はご自分の馬だったらしい。
『相棒』では警察庁長官の役でしたね。
甲斐峯秋に引導を渡すのは宇津井さんだと思ってました。
そして、今年の『軍師官兵衛』で毛利輝元を演じている三浦孝太君、
三浦兄弟は宇津井さんが名付け親だったらしい

これも何かの縁なのだろうなあ。
これから『軍師官兵衛』で輝元が出たら以前とは違う目で見そうだ。
ご冥福をお祈りいたします。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE