梅ちゃん先生第16週(7.16-21)

July 21 [Sat], 2012, 21:25
大学病院を独断で退院した末期がんの患者早野@津嘉山正種の説得を
松岡@高橋光臣に頼まれた下村梅子@堀北真希
早野を疎遠になっていた娘と再会させることには成功するが、
残りの時間を家族と一緒に過ごしたいという早野の話を聞き、断念、
そんな梅子を見て、米国留学が決まった松岡は苦渋の決断を下したと

「僕たちは進む道が違うんだ。
研究者と臨床医とでは同じ医者でも立場や考え方が違う。
僕らがお互い進む道を極めたら、どこかで必ずぶつかる気がする。
そのとき、僕は君に嫌われたくないから、自分の考えを曲げるかもしれない・・・」

今週のタイトル『ふたつの道』、梅子と松岡の道は別々だったということだったか。
松岡は梅子の運命の人ではなかったか。
昨日まで松岡が梅子のもとを去るとはまったく予想してなかったです。
賛否両論かもしれないけど・・・切ないけど、イイストーリーだったなあ
梅子と松岡らしい別れだったと思う。
梅子が開業を決意し、大学病院を去った時点で二人の道は違ってしまったのね。

そして、真面目な松岡にふさわしいラストエピソードだったよ。
「先生のような人が父親になってくれたら嬉しいと
最初にお会いしたときからそう思ってました。」

建造@高橋克実に思いを伝えるシーンがなあ、
竹夫@小出恵介は医者の道を捨てちゃうし、梅子は独立開業しちゃうし、
建造も松岡が梅子と結婚するのを密かに望んでたんじゃないかな。
松岡が思いを伝え、建造がそんな松岡を軽く叩いたこのシーンはじーんとしましたよ。
高橋光臣主演『轟轟戦隊ボウケンジャー』
水嶋ヒロ主演『仮面ライダーカブト』と同じく、2006年の作品、
失礼ながら伸び悩んでた印象があったのですが、この作品で知名度が上がった気がする。
これからも頑張ってほしいね。
そして、成長した松岡はまたいつの日か梅子の前に顔を出してほしいものだ・・・

★今までの感想★
第1話 第1週 第2週 第3週 第5週 第6週 第7週 第8週 第9週 第10週 第11週 第12週 第13週 第14週 第15週

黒の女教師第1話(7.20)

July 21 [Sat], 2012, 21:24
高校の女教師高倉夕子@榮倉奈々らが
悪人どもを課外授業と称してお仕置きする話
初回の標的は脱法ハーブを女生徒たちに売っていた大学生
新任教師青柳遥@木村文乃は最後には黒教師組に加入しそうだな。

榮倉奈々は応援しているのですが、
そして、AKIRA主演『GTO』よりは弾けてたとは思いましたが、
この初回からはあまり心惹かれるものを感じなかったなあ
以前放映された堺雅人主演『ジョーカー 許されざる捜査官』を思い出した。
これでもかというような極悪人の描写ってしらけるんだよね。
今回の大学生はやたら「俺は勝ち組、やつらは負け組」などとチープな台詞を連呼してたし。
警察や社会が手出しできない人間を高校教師がお仕置きするわけなので、
標的が露骨に薄汚く描かれるのはしょうがないとは思うのですが。

榮倉奈々は頑張ってたと思う。雰囲気が似合ってなかったけど。
この人は天真爛漫な笑顔がチャームポイントだと思うんだがなあ
『天装戦隊ゴセイジャー』のアラタ(ゴセイレッド)役の千葉雄大
(この人もドラマに恵まれていない印象・・・)
『仮面ライダーフォーゼ』に出てる坂田梨香子
昨年の大河『江』豊臣秀頼役を好演した太賀etc、
気になる子たちは出てるのよね。しばらく様子見。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE