サマーレスキュー 天空の診療所第2話 & ビューティフルレイン第3話(7.15)

July 16 [Mon], 2012, 21:42
・サマーレスキュー 天空の診療所第2話
風邪気味のツアー客@内山理名をそのまま山に行かせたことで
小山遥@尾野真千子から罵倒された速水@向井理だったが、
夕陽を利用したオペに成功してやや名誉挽回、
でも、母親@中田喜子の病気を知り、医者不在のまま下山、
またも遥の罵倒を浴びたと。
2話まで観ましたが・・・リタイアです。
面白かった方、ごめんなさい。
折角、山の景色は雄大なのに、
ピリピリしたストーリーのお蔭で台無しになってしまっていたな
遥はなにかというと「山では集団行動が基本」と説教を垂れるが、
その集団の雰囲気を悪くしているよね。尾野真千子、苦手なキャラばかりだ。
あと三週くらいしたら、雰囲気が変わるのかもしれないけど、
そこまで我慢する気がしませんでしたわ。

・ビューティフルレイン第3話
今回の木下圭介@豊川悦司美雨@芦田愛菜の授業参観にスーツで行く約束をしたが、
工場でネジのサイズを間違えてしまい、徹夜で修正作業にあたった結果、
汚れた作業着のまま授業参観に行った挙句、授業中に爆睡(笑)、
ご機嫌は損ねたものの許してくれた美雨にアルツハイマーであることを打ち明けたと。
「大嫌いだと言ったことは取り消します。ごめんなさい・・・」
圭介を許した美雨ちゃんも温かいが、ミスを咎めず快く協力した職場も温かいな
蟹江敬三・でんでんの雰囲気がいいわ
事態はまったく好転してないが、ほっこりさせられた。

★サマーレスキュー 天空の診療所の感想★
第1話

★ビューティフルレインの感想★
第1話 第2話

機動戦士ガンダムAGE第40話(7.15)

July 16 [Mon], 2012, 21:41
火星圏を脱出したキオはディーヴァに帰還、
再会したフリットアセムは互いの考えを語って決裂、
一方、フリットに自分の考えを話すも相手にされなかったキオは
ガンダムAGE-FXで出撃すると、自分なりの戦いをすることにしたと。
・あくまでヴェイガン殲滅に固執するフリット、
・第三者的立場である宇宙海賊に身を置くことで
ヴェイガンが一方的な悪とは思えなくなり、
両者の力関係を均衡化させるべきと考えるアセム、
(銀英伝のフェザーンっぽい・・・)
・火星圏の内情を目撃したことでヴァイガンは悪ではないと気づき、
敵のMSは攻撃してもパイロットの人命は奪わないように心掛けるキオ、
歴代主人公三人それぞれの考えがはっきりして、面白くなったな
ぶれないフリットのマジキチな存在感が異様に強烈ですが。
どうやら禁じられた大量破壊兵器を使用しようとしてるらしい。
「戦争はやめるべき」と主張するキオに
「おまえ、やつらに何を吹き込まれた?」と言い返したときの目つきがマジキチで。
「イゼルカントは狂った支配者だ。従っているヴェイガンも倒すべき何者でもない・・・」
じじい、キオが戦争をとめようとしたら、背後から攻撃しかねないなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話

仮面ライダーフォーゼ第43話(7.15)

July 16 [Mon], 2012, 21:38
『双・子・明・暗』  脚本:三条陸 監督:石田秀範
「光と影、二つに割れた彼女が淘汰し合って、
どちらか濃い方が残り、もう一方は消滅する。
あと12時間で新しい城島ユウキの誕生だ!」

学校内で数々の事件を起こしたと騒がれ、
ジェミニ・ゾディアーツに変身するところを目撃され、
城島ユウキに疑いがかかるが、
そのユウキは本物のユウキから分離した闇ユウキだったと
城島家、キツい家だったな
ユウキの父親役はドクター真木神尾佑
ここまでやるなら母親役は知世子さんの人にしとけばよかったのに。

本物のユウキの顔が白いマスクになったのが怖かったなあ
『龍騎』の神崎優衣を思い出したよ。「消えちゃうよ、20回目の誕生日が来たら消えちゃうよ」
東映公式によると、お子さんを必要以上に怖がらせないように
マスクはリアルな肌色より白の方がいいだろうと判断した
とのことでしたが、
白い無機質なマスクの方が怖いんじゃないかなあ。
まあ、『フォーゼ』という作品の雰囲気から、
本物のユウキが消滅してしまうという結末は考えられないので
安心して観てはいられるのですが。
城島ユウキという名前が結城丈二(ライダーマン)のアナグラムなのは知ってましたが、
Twitterの書き込みで
城島ユウキ(JOUSIMA YUUKI)→I AM SOUJIKYUU→私は双児宮→私はジェミニゾディアーツ
という指摘があったのに素直に感心してしまいました
正確にはJOUZIMAなのでしょうが、そこは目をつぶるということで。

宇宙から「待っている」という声を聞いたというユウキの話に興味を持った我望理事長
以前も書きましたが、我望理事長は悪人ではなく、宇宙生物か何かに操られていると
僕は予想しているのですが、その方向に向かっているのかな

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 スーパーヒーロー大戦 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話

トイ・ストーリー(7.11)

July 16 [Mon], 2012, 21:36
1995年公開作品
カウボーイの人形ウッディアンディ少年のお気に入りだったが、
宇宙冒険家の人形バズ・ライトイヤーが現れてから、その立場は一変、
バズがうとましく感じたウッディはちょっとしたいたずらを仕掛けるが、
バズ共々、アンディ少年の家から飛び出してしまう・・・。

いつか観ようと思ってたのに、すっかり忘れてしまって、初めての視聴
17年前の作品だったのね。
亡くなった名古屋章さんが吹き替えしてたから、
だいぶ前の作品なんだろうなとは思いましたが。
人間は気づいてないけど、おもちゃが本当は生きているというファンタジーな世界観、
でも、どこかおもちゃの哀愁を感じさせるストーリーだったな。
新しいおもちゃがやってくることに戦々恐々のおもちゃたち、
バズが現れるとアンディ少年のお気に入りの座を奪われちゃうウッディ、
自分が宇宙冒険家だと信じており、おもちゃだと気づくとショックを受けるバズ、
この作品を観ると、おもちゃを捨てられなくなっちゃうなあ
それでいて、ハラハラドキドキの展開、
おもちゃに悪さをしていたクソガキが更生するという結末も用意されてたし、
素敵な作品でした。今週TV放映の『トイ・ストーリー2』にも期待

今シーズン観る予定のTV番組(2012.7-9)

July 16 [Mon], 2012, 21:34
だいだい7月開始の新番組が出揃いました。
で、視聴予定の番組は以下のとおりです。

ドラマ  ビューティフルレイン梅ちゃん先生はつ恋つるかめ助産院 南の島から
バラエティー 笑点、MOCO'Sキッチン、ウドちゃんの旅してゴメン
アニメ  超ロボット生命体トランスフォーマー プライム、ココロコネクト、聖闘士星矢Ω
     機動戦士ガンダムAGE、へうげもの、超訳百人一首 うた恋い。
特撮  特命戦隊ゴーバスターズ仮面ライダーフォーゼ仮面ライダーウィザード
特番  トイ・ストーリートイ・ストーリー2、さまよう刃、免許がない!
     リセット 本当のしあわせの見つけ方、危険な斜面
再放送 相棒北斗の拳機動戦士ガンダムSEEDカウボーイビバップ魔王
     ロングバケーション
東映配信 ロボット8ちゃん超電子バイオマン超人機メタルダー
     恐竜戦隊ジュウレンジャー百獣戦隊ガオレンジャー轟轟戦隊ボウケンジャー
DVD  僕が彼女に、借金をした理由。いつかまた逢える長男の嫁2古畑任三郎2期
     美少女戦士セーラームーンSuperS愛天使伝説ウェディングピーチふしぎ遊戯
     超光戦士シャンゼリオン

赤字はお奨め番組もしくは期待してる番組
今期はドラマもアニメもこれといった作品がないのよね
秋の作品に力を入れていると思いたいものですな。
今期は過去の作品のDVDやネット配信を楽しむことにします。

特命戦隊ゴーバスターズ第21話(7.15)

July 16 [Mon], 2012, 1:45
『さらば ブルーバスター』  脚本:小林靖子 監督:渡辺勝也
人々にトレーニングを強要するダンベルロイドが大暴れする中、
リュウジがもう一度熱暴走すれば命が危ないと聞いたヒロムヨーコ
リュウジ抜きでダンベルロイドに戦いを挑むが、
話を聞いてしまったリュウジは悲壮な決意をして戦地に赴き、
ダンベルロイドを撃破、
だが、命が危ない云々は陣マサトの言った冗談だったと
「陣・・・その時点で誰も疑わなかったのか・・・」
『さらば ブルーバスター』って、こういう意味だったか。
先週、予告を観たときは、こんなギャグ回になるとは思わなかったな。
リュウジの顔芸が観れるわ、老人になるわ、天使になるわ、
陣さんのマシンにミサイルを撃ち込むわ・・・
リュウジの熱暴走という設定、どうなのかな?と思ってたんだけど、
ギャグに使えるとは思わなかったな。うん、今回は面白かったです。

次回はセクシーな女幹部登場
シリアスな展開になっても面白くなるといいのですが・・・

★今までの感想★
第1話 第7話 第9話 第12話 スーパーヒーロー大戦 第14話 第15話 第16話

聖闘士星矢Ω第15話(7.15)

July 16 [Mon], 2012, 1:43
光牙たちの前に現れたのは、マルスに捕らわれたと思われていたヒドラ市
光牙たちによるアテナ誘拐は濡れ衣と信じ、駆けつけたと語る市だったが、
実はマルスに寝返っており、白銀聖闘士水蛇座ヒドラスの市となるが、
「今日の市先輩は今までで一番カッコ悪いぜ!」
光牙の怒りを買い、撃破されたと
市先輩、寝返ったフリをしてたのかと思ってたのですが、本当に寝返ってたのね
「俺は落ちこぼれちまって、いつもあいつらの背中だけ見て、生きてきたんだ・・・」
「俺も星矢みたいに強くありたかった。星矢みたいに活躍したかった。
星矢みたいにかっこよく眩しく輝きたかったんだよお!」

星矢たちへの羨望や嫉妬を涙ながらに語るわ、
アリアの手にキスしようとするわ、市祭りの回でした
星矢・瞬・紫龍に追いつけない市先輩の構図が哀れにして滑稽だったなあ。
さて、光牙に撃破されちゃったわけですが、再登場してほしいなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話

今週の東映配信

July 16 [Mon], 2012, 1:42
『ロボット8ちゃん』では当時の秩父駅が
『超電子バイオマン』では当時の秩父鉄道が
『超人機メタルダー』では原宿の竹の子族が映っていて、時代を感じました
悪の組織が人質さらうのに秩父鉄道を使うというのがどこかのどかでしたね

・超人機メタルダー第3話第4話
第3話 野兎への愛にハンマー男ベンKが涙する 脚本:高久進
第4話 魚雷アグミス対海軍少尉メタルダー 脚本:高久進

第3話は友達になった野兎を殺そうとしたヨロイ軍団激闘士ベンK
剣流星(メタルダー)は怒るが、
ベンKが人間だと知ったメタルダーはとどめを刺さなかったという話
ベンK、ブレドRUNみたいなネーミングセンスだったな。
いつの日か盾になることでメタルダーの危機を救いそうだ。

第4話はヨロイ軍団暴魂チューボ、戦闘ロボット軍団暴魂トップガンダー、
機甲軍団暴魂アグミス、モンスター軍団雄闘ガマドーン
の四戦士が出撃、
メタルダーはガマドーンを撃退、アグミスの特攻を辛くも避けたという話。
メタルダーに命乞いしたガマドーンの
「これじゃあ、好きな女の子とデートもできない・・・」
という台詞に笑った。
メタルダーに特攻をかけるも避けられ、自爆しちゃったアグミスでしたが、
機甲軍団は量産型の軍団だそうで、二代目が登場するらしい。
メタルダーって優勢に戦いを進めてるけど、まだとどめを刺したことないんだなあ。
そして、噂のトップガンダー登場、結城凱とは違うタイプの一匹狼ですな

・鳥人戦隊ジェットマン第49話第50話最終話
第49話 マリア・・・その愛と死 脚本:井上敏樹
第50話 それぞれの死闘 脚本:井上敏樹
最終話 はばたけ!鳥人よ 脚本:井上敏樹

第49話は
「確かに昔私はおまえと愛し合った。
だが今はバイラムの幹部、これからもずっと・・・」
「最後のお願いよ、竜、忘れて、私のことを。
あなたの胸から私の記憶を拭い去って・・・」

獣人となったは元に戻り、
リエ(マリア)もまた人間の心を取り戻すが、そこへラディゲ登場、
背後から不意打ち、一太刀浴びせたものの
逆上したラディゲに致命傷を与えられたリエは
グレイの腕の中で息を引き取ったと
記憶を取り戻したもののマリアの忌まわしい記憶も残っていたため、
リエが竜の元へは戻らず死を選ぶというのがこの作品らしいな。
恋人リエの死にひたすら泣き崩れる竜、
人間に戻した方がマリアの幸せと凱たちに託そうとしたグレイ、
マリアの裏切りが許せず、遂に殺害してしまうラディゲ、
リエ(マリア)を愛した男たちの三者三様の描き方も彼ららしかった
そして、「見るんじゃねえ。そっとしといてやれ・・・」
泣き崩れる竜を一人にしてあげる凱の気遣いもよかったな。

第50話は
リエの仇を討つため、ラディゲに勝負を挑む竜、
一方、凱は香たちを竜の元へ送り、自らはグレイと対決、
香の説得で竜は戦士の心を取り戻し、グレイを倒した凱も合流、
迎え撃つラディゲは巨大化してラゲムとなったと。
序盤からメンバーに戦士の心構えを散々諭してきた竜が
最後の最後で真の戦士になるというのが秀逸ですな
そんでもって、竜vsラディゲ、凱vsグレイ、
昨年のジョーvsバリゾーグといい、因縁の対決は燃えますね
凱のメット割れはかっこいいし。初めて見たメット割れでしたわ。
死闘が終わった後の、横たわるグレイのたばこに火をつける凱、
ピアノを弾くマリアを思い浮かべながら回路が停止するグレイというのもいい。
そして、冒頭の満面の笑顔で珈琲を配るアコさんが癒しになってました
「凱は自分で取ってね、一杯千円♪」とか言ってるのが可愛い。
この子も序盤では小田切長官のことをおばん扱いしてたのだが、成長したよ

最終話は
激闘の末、ジェットマンはラゲムを撃破し、ラディゲは死亡、
三年後、鳥人戦隊はそれぞれの人生を歩むが、一つの悲劇が待っていたと
女帝ジュウザに記憶を奪われ人間にされ、魔獣セミマルが倒されてがっかり、
マリアからバイオ次元獣に触れるなと言われ、鳩には翻弄され(笑)、
帝王トランザ様に跪いたラディゲがラスボスになりましたな
『天装戦隊ゴセイジャー』の救星主のブラジラ(ブレドラン)と並んで、
波乱の生涯を送った敵キャラでしたな。お疲れさまでした。
リエの与えた傷が突破口になるというのが素晴しいね、うん。

で、三年後・・・
「空が目に沁みやがる。綺麗な空だ・・・」「ああ、俺たちが守ってきた青空だ・・・」
「有難う、竜・・・」「ああ・・・」
竜と香の結婚式に(この結婚自体にもびっくりしたのですが・・・)出席しようとする凱だったが、
その途中、ひったくりに遭遇、とっちめたものの逆ギレしたひったくりに刺されてしまい、
竜たちの幸せそうな様子を眺めながら、ひっそり息を引き取ってしまう・・・。
この結末は当時衝撃を受けたなあ
この最終回を観返すたびに涙を流してしまう。特にラストの心はタマゴがかかるあたり
曲が終わって5人が変身解除するシーンを観るたびに、
もうこの5人が揃うことはないんだねえと寂しく感じてしまう。
凱は竜たちと出会ってなければ、
ひったくりから財布を取り戻そうとはしなかったんじゃないかと思うと・・・
でも、凱の死はショックではあったけど、
心が重くなるという感じではないのよね。心地いい切なさというか。
凱にふさわしいラストエピソードだったと思う
つい最近までは、凱はリエとあっちの世界で竜の話でもしてるんじゃないかと思ってた。
後楽園でキスしそうになった二人でありますし(笑)。
『ゴーカイ』の女神様とギャンブルしてるというのも凱らしかったけど。

ジェットマンはトレンディ♪のフレーズで有名な『ジェットマン』ですが、
これほど異端でありながら王道な戦隊作品はないんじゃないかと僕は思います
恋愛より強く描かれていたのは竜と凱の友情だし(僕はそう感じてます・・・)、
チームワークのある戦隊が個々では強いが心はバラバラの敵組織を倒すというのが
戦隊作品の王道であるべきだと思うしねえ。

・星獣戦隊ギンガマン第49話最終話
第49話 奇跡の山 脚本:小林靖子
最終話 明日の伝説 脚本:小林靖子

第49話はブクラテスヒュウガゼイハブを倒す方法を言い残して死亡、
シェリンダハヤテとの一騎討ちに破れ、
バットバスはおびき出した地球魔獣に喰われて死亡したと
最終話はギンガマンとヒュウガが地球魔獣を倒した上、ゼイハブも葬ったと
終盤慌ただしかったな。
ゼイハブとの最終決戦を盛り上げるために、地球魔獣があっけなく倒されちゃった印象。
四幹部の中で一番武闘派っぽかったのに
地球魔獣に喰われるというバットバスのあっけない最期が
放映当時納得いかなかったのだけど
バットバスって、目的のためなら仲間を平然と犠牲にするキャラだったんだねえ。
今回観返して彼らしい最期だったんだったんだなと納得した。
うん、それがわかっただけでも、観返してよかったわ

・百獣戦隊ガオレンジャー第1話第2話
第1話 獅子、吼える!! 脚本:武上純希
第2話 精霊王、起つ!! 脚本:武上純希

2001年放映作品
『仮面ライダーアギト』と同時期に放映された作品ですな。
百獣戦隊ガオレンジャーが邪悪な鬼の集団オルグと戦う話。
ガオレッド役の金子昇、ガオシルバー役の玉山鉄二
放映終了後、ブレイクしてますな。
『ガオレン』は楽しい作品でしたね。
お気に入りのキャラがいなかったのが残念なところでしたが。
ガオレンはメンバー同士が名前で呼び合わず、色で呼び合う戦隊だったのね。
そういえば、名前で呼ばれてた記憶がないなあ。

さて、東映配信作品の感想を書くことにしたのは、
『RX』と『ジェットマン』の感想を書きたかったからでして、
次回からどうしようかな?と思ってたのですが、
来週(もう今週ですな・・・)からは井上敏樹脚本『超光戦士シャンゼリオン』の配信決定
なので、もうしばらく記事を更新していきます♪

★宇宙鉄人キョーダインの感想★
第1話第2話

★ロボット8ちゃんの感想★
第1話第2話

★超電子バイオマンの感想★
第1話第2話 第10話 第13話

★超人機メタルダーの感想★
第1話第2話

★鳥人戦隊ジェットマンの感想★
第1話-第4話 第5話第6話 第7話第8話 第9話第10話 第11話第12話 第13話第14話 第15話第16話 第17話第18話 第19話第20話 第21話第22話 第23話第24話 第25話第26話 第27話第28話 第29話第30話 第31話第32話 第33話第34話 第35話第36話 第37話第38話 第39話第40話 第41話第42話 第43話第44話 第45話第46話 第47話第48話

★星獣戦隊ギンガマンの感想★
第1話-第4話 第11話第12話 第13話第14話 第15話第16話 第17話第18話 第19話第20話 第21話第22話 第23話第24話 第25話第26話 第29話第30話 第33話第34話 第35話第36話 第37話第38話 第39話第40話 第41話第42話 第46話 第47話第48話

★仮面ライダー555の感想★
第1話-第4話 第5話-第8話 第9話-第12話 第13話-第16話 第17話-第20話 第21話-第24話 第25話-第28話 第29話-第32話 劇場版 第33話-第36話 第37話-第40話 第41話-第44話 第45話-第47話 第48話-最終話

★轟轟戦隊ボウケンジャーの感想★
第1話第2話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE