江 姫たちの戦国第22話(6.12)

June 13 [Mon], 2011, 22:52
と呼ばれるようになった茶々@宮沢りえ
豊臣秀吉@岸谷五朗の男児鶴松を出産、
浅井三姉妹が両親の追善供養を行ったという話
浅井長政の肖像画はこのときに奉納したものだったのね。
でも、劇中に出てきた時任三郎の面影漂う肖像画は笑っちゃった。
時任三郎さんはTwitterで『ちょっと照れた』とつぶやいてました。)
『華麗なる一族』のキムタクそっくりの爺様の肖像画を思い出したよ。

淀城に生まれたものの、大坂城へ移される鶴松
豊臣家の跡継ぎとして知らしめるための軍略と
北政所@大竹しのぶは語っていましたな。
これまでの大河だと、我が子と引き離された淀殿が
養育を任された北政所に敵対心を抱く・・・のがパターンだったのですが、
この大河だと、北政所と淀殿の対立は描かれないのかもしれない。
鶴松や秀頼は秀吉との間の子供ではないのでは?という説もありますが、
僕は秀吉の子だったんじゃないかと思う。あまりそっち系の話には興味ないのよね。
淀殿を淫乱扱いして豊臣家を貶めるために生まれた流言じゃないかと思う。
徳川家康と北政所が密通していたという噂もあったらしい。
ちなみに、秀吉は長浜城主時代、側室との間に秀勝という男児が生まれていたそうだ。
残念ながら、その秀勝は幼くして病死、
織田信長の四男を養子に貰い、秀勝と名付けたが、二代目秀勝も病死、
今度は甥に秀勝の名前を与えている。秀勝@AKIRAは三代目秀勝なのだ。

北政所@大竹しのぶの寂しさや秀次@北村有起哉の不安が描かれたり、
前回今回とだいぶ秀吉編が観やすくなってきた
北条氏を描く必要はあるのかねえ。
徳川家康@北大路欣也の所領問題を描くためかな。
竹千代(後の秀忠)@向井理が登場してきましたが、随分父親に冷ややかな秀忠だな。
秀忠というと温厚篤実なイメージがあるのですが。どういう秀忠になるのか楽しみだ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE