江 姫たちの戦国第19話(5.22)

May 23 [Mon], 2011, 23:42
初@水川あさみ京極高次@斎藤工と結婚、
妹の結婚を取り成した豊臣秀吉@岸谷五朗
茶々@宮沢りえが意識するようになったという話

初は高次の生き様に怒っていたが、
秀吉の側室だった姉龍子@鈴木砂羽のお蔭で大名に復帰したのと
姉を側室に差し出したお蔭で大名に復帰したのとでは、
そんなに印象が変わるものかな(笑)。
京極高次、キャラがよく掴めない人だったな。
利発にも見えるし、頭からっぽなチャラ男にも見えるし。
秀吉の側室となる長女茶々、
豊臣家→徳川家に嫁ぐ三女江@上野樹里に比べると、
初というのは、嫁ぎ先に見劣りを感じてしまうのですが、
実際の秀吉はなぜ初と高次の結婚を許したのかねえ。
あまりメリットがあるとは思えないのですが。
もう既に茶々を側室にしていて、
弟の立場を強化させたい龍子が秀吉にねだったのだろうか。

うーむ、今回は姉二人の恋愛だけだったなあ。
初の結婚はこの大河では大事件であるのだろうけど、
もうちょっと歴史の流れを感じさせるストーリーであってほしいんだけどなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話

海賊戦隊ゴーカイジャー第14話 & 仮面ライダーOOO第35話(5.22)

May 23 [Mon], 2011, 0:42
・海賊戦隊ゴーカイジャー第14話
『いまも交通安全』  脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎
「君たち、大いなる力は要らないのかい?」
インサーンとその部下ジェラシットにつけ狙われるサル顔の一般人
ゴーカイジャーが助けたところ、
その男こそ陣内恭介(レッドレーサー)だったという話

完全にカーレンワールドの話だったね
女幹部に惚れられるサル顔・学生服姿の寸劇・珈琲牛乳etc
『激走戦隊カーレンジャー』を観てた人には、懐かしさを感じさせるネタの数々
恭介が役者になっていたのは、ボーゾック劇団の影響かな?
真剣白羽取り失敗といい、笑えるところは笑わせてもらいました。
あまり役に立たない大いなる力という扱いにされちゃうし

ただ、『カーレン』観てない人は楽しめたのかなあ。
Twitterでは、カーレン未視聴の方にもウケてたようでしたが。
ゴーカイの面々は絡みづらそうだったし(笑)。
『カーレンVSオーレン』『メガレンVSカーレン』のときみたいに
恭介とゴーカイ、両者の魅力を引き出すストーリーにした方がよかったんじゃないかな。
今回一番割を食ったのは、インサーン十七歳(おいおい)だったろうね。
こんなかたちでゴーカイと初顔合わせさせられちゃって・・・
ちなみに、あのゆるーい感じは『カーレン』らしさが出ていたけど、
熱いシーンは熱い作品でしたよ。心はカーレンジャー♪
戦隊シリーズでは『カーレン』が二番目に好き 一番は『鳥人戦隊ジェットマン』
これを機会に『カーレン』を好きな人が増えるといいなあ

次回は、マーベラス(赤)の過去と関わりのある(?)新キャラ登場。
なんか『ディケイド』の海東っぽいポジションだな♂
6月公開の『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』
の映像も流れてきました。そそる映像の数々、楽しみだ

・仮面ライダーOOO第35話
『夢と兄とバースの秘密』  脚本:毛利亘宏 監督:田崎竜太
人々の夢を奪うユニコーンヤミーが現れ、泉比奈の夢も奪われる中、
比奈の兄泉信吾が意識を取り戻したという話
うーむ、また毛利脚本か。
「悪いヤツは許さない」のバッタヤミーが現れた第21話第22話、
怪人物北村雄一が現れた前回前々回、
毛利脚本は出だしは面白いんだけど、結末がどうも不完全燃焼なのよね。
今回、かなり見所が多いけど、うまくまとまるのかしら?

意識を取り戻した泉信吾・・・
妹である比奈・人間である火野映司にとっては
泉刑事にアンクがくっついているというのは好ましい状況ではなく、
アンクが離れると泉刑事が死んでしまうから、しょうがなく妥協してただけ
映司に至っては、泉刑事から離れてしまう恐れがあるため、
アンクが赤のメダルを手に入れるのを阻止しようとすらしたこともあった。
なので、泉刑事の覚醒は待ちに待った瞬間だったわけですが、
いざそうなると、二人はアンクに対してどう思うのでしょうかね?
なんかもったいないね。
映司とアンクはクスクシェの屋根裏部屋で同居していたという設定なのに、
関係が深まった印象をあまり受けないのよね。
そういう積み重ねが描けていたら、もっと衝撃的なシーンになっただろうになあ。
『龍騎』の真司君と蓮の場合は関係が深まる様子が描けていたのになあ。
比奈はデザイナー志望だったのね。だからコスプレ食堂で働く気になったのね・・・

伊達さんの秘密・・・
海外で医療活動をしていたときに紛争に巻き込まれ、
頭蓋骨に弾丸が入ったままの危険な状態
しかし、伊達さんの秘密より、鴻上会長のどピンクのスーツの方が衝撃的だった。
なんとなく一億を稼ぐ理由は治療費ではない気がする。
これで後藤さんバース装着員への道程ができたという感じですな

「このままじゃ分が悪すぎる・・・」
カザリ&アンク(本体)の攻撃を受け、
やっと物語の展開が変わったことに気づいたウヴァさん
青と銀のメダルを集めはじめ、やっと他のメダルを取り込む勇気が出たのかと思いきや、
メズールガメルを復活させる気になったのか。
僕は『OOO』ではウヴァさんが一番好きなのですが、あえて言おう。
バカか、おまえは・・・
あんた、メズールが弱体化した途端襲ってたじゃないか。
虫頭なのでもう忘れてるのかもしれないが。
でも、そういう行き当たりばったりなトコが好き

★海賊戦隊ゴーカイジャーの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

★仮面ライダーOOOの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 OOO&W MOVIE大戦CORE 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話

★5月22日(日)の日記★
アガサ・クリスティの推理小説『ねじれた家』が映画化される話があるそうです
ジュリー・アンドリュースらが出演予定とのこと。
『ねじれた家』はポワロやマーブルは出ていないものの、
なかなか趣きのある作品なのよね。クリスティ自身もお気に入りの作品だったらしい
真相や結末もなかなか刺激的で。映画化されたら観に行きたいなあ。

おんな太閤記VOL.3

May 23 [Mon], 2011, 0:33
第8話 小豆袋
足利義昭@津村隆を将軍に就け、天下に覇を唱える織田信長@藤岡弘
木下秀吉@西田敏行は京都守護をこなしつつ、
「おかかはおかか。おかかの耳にさえ入らずばどうということはないわ」
小一郎@中村雅俊の諌めも聞かす、浮気を始まる。困った男だ
この回、ねね@佐久間良子は岐阜で留守を守っており、
その後小一郎の手紙で京を訪ねたものの、
秀吉が戦に出かけてしまったため、秀吉とねねが会うシーンはなし。
二年会わなければ、浮気もしょうがないか

だが、信長と義昭の蜜月は長く続かず、利用されていると悟った義昭は、
明智光秀@石濱朗の諌めも聞かず、諸大名に密書を送り始める
人のふんどしで相撲を取り、天下に君臨しようとする虫のいい軍略家
義昭をバッサリ斬るナレーション
確かに義昭はそういう面もあったけど、信長も義昭も似たもの同士だと思うけどね。
権威はあるけど武力のない義昭・武力はあるけど権威のない信長、
自分に足りないモノを利用しあったわけで、
人のふんどしで相撲を取ったのはお互い様だと思いますわ。

義昭の暗躍を知った信長は越前の朝倉義景を攻めることに
だが、信長の妹婿浅井長政@風間杜夫は、
朝倉に恩義があったことから、信長を背後から攻めることを決意。
長政から打ち明けられたお市@夏目雅子は城を去るよう勧められ、
「今の私には長政殿の方が大事なお方」
長政と運命を共にすると告白しつつ、
信長のもとに袋の両端を縛った小豆袋を送り、長政の背信を知らせる
小豆袋は実在のエピソードとは思わないのですが、劇的ではありますね。
長政と運命を共にすると決めながら、信長に危機を伝えるというのは、
本来矛盾しているのですが、神仏に祈るお市の姿のお蔭か違和感がない。
最近の大河は登場人物が神仏にすがるシーンってあまり観ない気がする。

長政の離反を知り、撤退する信長。殿軍を引き受ける秀吉。
「藤吉郎、死ぬなよ・・・」
秀吉に声をかける柴田勝家@近藤洋介、こういうシーンに弱いのだ
この戦に徳川家康も加わってたはずなのですが、未だ登場せず。

第9話 秀吉生還
織田信長@藤岡弘敗走の知らせに動揺するねね@佐久間良子
夫を侍にしたことを悔やむとも@長山藍子きい@泉ピン子
その後、秀吉ファミリーは全員無事生還したものの、
戦が嫌になった木下秀吉@西田敏行は侍を辞めると言い出す。
仮病を使い、出仕拒否する秀吉だったが、
ねねの励ましで再び信長様のために仕事に励むことにするのでした。
ねねさんは秀吉に侍でいてほしいんだなあ。

巻き返しを図る信長は朝倉浅井への復讐戦を決意、
しかし、浅井長政@風間杜夫の居城小谷城は堅固な山城、
落とすのは難しいと判断した信長は
城下を焼き払い、横山城を攻めることで長政を城からおびき出すことに。
信長の策にかかった長政は小谷城を出てしまい、
信長は徳川家康と共に姉川の戦いで朝倉浅井連合軍を破るのでした。
「家康殿は怖ろしい。家康殿だけは敵に廻しとうはないのう・・・」
家康の勇猛な戦いぶりを目の当たりにし、ねねに語る秀吉。

秀吉の姉ともはまたも妊娠、
結婚して10年になるねねに子供ができないので、
長男孫七郎(後の秀次)が秀吉の跡継ぎにならないかと密かに考えてます
比叡山延暦寺が信長に焼き討ちされ、ショックを受けたねねは、
加担した秀吉にも失望、離別までも考えるが、
秀吉が女子供をこっそり助けていたと聞いて、安心するのでした。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE