龍馬伝第12話(3.21)

March 23 [Tue], 2010, 23:08
熱烈な勧誘を断りきれず、土佐勤王党に入党したものの、
攘夷に納得できない坂本龍馬@福山雅治
吉田松陰@生瀬勝久の弟子にあたる長州藩の久坂玄瑞@やべきょうすけ
語ったもの、いまいち納得はできなかったという話。
うーん、松陰先生の死で興奮してたのか、久坂玄瑞のノリについていけない
なんかコメディーっぽいノリになってるし。
龍馬伝紀行で紹介されたような感動的なエピソードではなかったなあ。
大体、終生、長州藩士だった久坂玄瑞が龍馬に脱藩を勧めるというのがなあ。
史実だったら、申し訳ないが・・・。

二重人格武市半平太@大森南朋新婚岩崎弥太郎@香川照之etcが
飄々としてる龍馬を、なぜか羨望・嫉妬・畏敬といった感情で強く意識する
というのが、『龍馬伝』のスタイルなわけですが、
後藤象二郎@青木崇高が今回そのメンバーに加わってしまいましたな。
叔父の吉田東洋@田中泯が龍馬を買ってるのが許せなかったのでしょうか。
心の狭いヤツです。
後藤象二郎はまあいいのですが(苦笑)、
武市半平太が器の小さい人物と描かれてるのがなあ・・・
龍馬に比べて、知名度が低いだけに、本当にちっぽけな人物だったと思われそう。
半平太の生き方は決して正しかったとはいえないと思う。
僕は、半平太がこれから選ぶ手段が嫌いだ。幕末の嫌な面を象徴している
でも、攘夷が間違ってたというのは、現代だから言えることで、結果論だと思うのよね。
井の中の蛙のように、半平太が描かれるのは、演出過剰だと思うのよ。
考え方や手段が間違ってたというのと、器が小さいというのは、別問題だと思うわ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

仮面ライダーW第27話(3.21)

March 23 [Tue], 2010, 23:05
『Dが見ていた 透明マジカルレディ』  脚本:三条陸 監督:坂本浩一
見習いマジシャンリリィ白銀から依頼を受ける鳴海探偵事務所
リリィは透明になれるガイアメモリを手に入れたものの、
姿を消したり、元に戻るのが、自分の意思でできなくなっていた。
リリィにガイアメモリを渡した謎の男を探す左翔太郎たち。
だが、その男こそ、照井竜の家族を殺害したダブリューのメモリを持つ男
ウェザー・ドーパントこと井坂深紅郎だった・・・。

太ももムチムチマジシャンは、ハリケンブルー長澤奈央だったか。
OPテロップ観るまで、気づかなかった。この子、印象変わったなあ。
『忍風戦隊ハリケンジャー』は、フラビージョ山本梓が出演してたり、
今は亡き郷里大輔赤い彗星池田秀一が声を当ててたり、楽しい作品でしたわ。
ご覧になってない方、お勧めしますわ。

「照井・・・そうか、照井雄治の息子ですね、君は。
会いましたから。去年の8月・・・。」

ネフライトっぽいポジションで、吉良吉影70%・チョコラータ30%っぽいキャラで、
ウェザーリポートの能力を持つ変態殺人鬼・井坂医師
でも、この人、正体を隠す気はまったくないのね。吉良さんほどの用心深さもない。
シンデレラもいないし、どーするんだろ?さすがに自分を整形はできないだろうしなあ。
毎回、インビジブルで逃げるつもりなのかしらん?
↑しかし、わからん人にはまったくわからん文章ですな、すいやせん。

遂に家族の仇を見つけ、ウェザー・ドーパントに戦いを挑むアクセル(竜)
だが、まったく歯が立たない
例によって、冷静さを失い、翔太郎・フィリップの制止も耳に入らない。
そこで、翔太郎は、禁断の大技ツインマキシマムを使うことを決意
ううむ、まだこんな切り札があったとは。
ウェザー・ドーパントは造型もよかったし、かなり強かったですが、
井坂医師、結構退場は早そうな気がする。
W&アクセルに敗れた後、幻滅した冴子姉さんに始末されると予想

そして、若菜姫のメモリが井坂に預けられたと知り、
「それは聞き捨てならんなあ・・・」と語っていた琉兵衛パパ
結構なことだと思ったのか、遺憾なことだと思ったのか。
琉兵衛パパが娘を心から愛してる父親にあまり見えないだけに、どう捉えるべきなのか?

『超・電王トリロジー』のCMが始まりましたねえ
しかし、二週間毎に新作三本を公開かあ。
映画館の都合もあるだろうし、二週間以内に観ないといけないということかな。キツイなあ。
二話毎に新作が登場するガジェットといい(玩具出すんだろうなあ)、商売上手だのう

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 劇場版W&ディケイド 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話第26話

ブラッディ・マンデイ2最終話(3.20)

March 23 [Tue], 2010, 22:56
「一緒に遊ぼうよ、藤丸君。まだ思い出さないの?」
「私はずっとあなたを見ていた・・・」

魔弾の射手の黒幕スパイダーの正体は女医倉野理沙@満島ひかりだった
倉野理沙に話しかけられる高木藤丸@三浦春馬だが、
「あんた、誰なんだよ?」・・・まったく思い出せない。

そんな倉野理沙の秘密・・・
理沙は藤丸の父@田中哲司の親友だった敷村@神保悟志の娘だった。
そして、藤丸にPCを教え、ハッキングの世界に導いた人だったようだ
「敷村・・・誰なんだよ?」 バーン! 「ひー」 
いや、ホント、視聴者の多くは敷村なんて憶えてないと思います(笑)。
日本を救おうとしたのは同じだったのに、
藤丸の父は英雄扱いで、ブラッディーXを日本に持ち込んだ敷村は悪魔扱い、
その事実に憤りを感じ、復讐を誓った・・・と。
医療拘置所勤務の倉野理沙の素性を把握できていないTHIRD-iはどーなってるのだろう?
まあ、THIRD-iの無能っぷりを今更語ってもきりがないのですが。
高速増殖炉を使い、ツァリーボンバーを爆発させようとしたスパイダー倉野でしたが、
藤丸がプログラムを解除させていたために失敗、
利用されていたことに怒ったレディバード@八代みなせと相撃ちになり、死亡するのでした。
魔弾の射手って、こんな仲間割ればかりだったなあ

そして、スパイダー倉野をも操っていたすべての黒幕は、J@成宮寛貴だったのでした
Jが敷村の死の真相を伝えることで、倉野理沙に復讐心を植えつけ、
倉野理沙が単細胞なテロリストを集めて、魔弾の射手を結成させたらしい。
放射性物質に感染したというのも真っ赤な嘘。
目的は、妹のこと安斎真子@徳永えりを手に入れることだったらしい。
Jがすべての黒幕だったというのは満足 でも、メロンソーダを飲ませてほしかった
JやKと一緒にいた魔弾の射手の生き残りホタル@金原杏奈は何だったのだろう?
変装を解くと、中から折原マヤ@吉瀬美智子が・・・という展開かと思ったのですが。
折原マヤ、本当に死んだのかあ。今になって、ビックリした(笑)。

ブログ界では人気があったものの、視聴率は低空飛行だったブラマン2期
でも、なかなか面白かったとは思います。
2期のMVPは、美貌と狂乱で魅せたスパイダー役の満島ひかり
露骨に怪しい物腰だった萩原役の高嶋政宏
本当にセクハラドクターっぽかった堀部圭亮の三人だと思う
公式HPのインタビューによると、萩原のグラサンは高嶋政宏の私物で、
萩原は『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウをイメージしていたらしい。
大笑いした。絶対、何か間違ってると思う。
水沢響@黒川智花やレディバードが折原マヤを名乗ってた謎は明かされず、
八木君@竹内寿遥@川島海荷のシーンは時間の無駄に感じられたりしたが、
この完成度のなさがブラマンらしさなのだろう。 ← たぶん、誉め言葉。
土曜8時の時間帯はなかなか視聴率を稼ぐのは難しいだろうし、
3期があってもいいんじゃないかなあ?テーマはもちろん八木君、大逆襲で(笑)。

★ブラッディ・マンデイ1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話

★ブラッディ・マンデイ2期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE