連続人形活劇 新・三銃士第14話(11.20)

November 22 [Sun], 2009, 10:44
アンヌ王妃からの信頼を独占し、弱味を聞き出そうとするミレディー
自分ではなく、三銃士に手紙を託したことに失望する芝居をし、
「コンスタンスの夫はリシュリュー枢機卿と繋がってる」と告げ口することで、
信頼できるのは自分だけだとアピール。満更嘘ではないのが困ったところだ。
すっかりミレディーを信頼してしまったアンヌ王妃は、
「信頼の証に何か大事な秘密をひとつ打ち明けてもらえます?」と尋ねられ、
バッキンガム公爵に贈った首飾り
ルイ13世に誕生日プレゼントとして貰った大事なものであったことを告白
うーむ、このバカ女、なんとかしろ(笑)。これで野心家だから、タチが悪い
事情を知ったリシュリュー枢機卿は、
元気のないアンヌ王妃を慰めようとルイ13世に舞踏会を提案、
舞踏会では首飾りをつけるよう勧め、王妃を窮地に陥れるのでした
こんなのに巻きこまれる三銃士も気の毒、
誕生日プレゼントを間男に贈られた旦那も気の毒、
旦那からの誕生日プレゼントを譲られた間男も気の毒だ

「アトスは君を叱ったんだ。決して怒ったのではない。
怒るのは、自分の腹が立ったとき、
叱るのは、相手に改めてほしいと思ったとき。
アトスは君に二度と同じ過ちを犯してほしくなかった。だから叱ったんだ。
怒られたときは反省し、叱られたときは感謝する・・・。わかったね。」

アトスと気まずい雰囲気のダルタニアンを諭すアラミス
いいことを言うのう。さすが、NHK教育

そして、アトスに剣の稽古をつけてもらうダルタニアン。
「おまえが一人前の銃士になったとき、それがロシュフォールを倒すときだ・・・」
原作だと、登場した時点で、ダルタニアンはかなりの使い手だった気がしますが、
人形劇版は、銃士見習いや少年であることを活かして、成長株という扱いですな
アトス&ダルタニアンの師弟関係は好感が持てるのう。
そして、「女に惑わされるな」「コンスタンスのことは忘れろ。稽古に励め」という話になり、
「アトスさんは女の人を好きになったことはあるんですか?」と尋ねられ、
「・・・ある。遠い昔に一度な。」と苦々しそうに告白するアトス
アトス&ミレディー、破局の原因は原作だと壮絶なのですが、
三谷幸喜脚本なので、どういう設定になるのか、想像がつかない。

で、ダルタニアンが親の仇と狙うロシュフォール伯爵
「ミレディー、好きだ・・・」
えええ、そっちに行っちゃうのかよお。この人はシリアス路線でいてほしかった

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

グイン・サーガ第8話(11.19)

November 22 [Sun], 2009, 10:43
手ひどい敗北を喫し、グル・ヌー探索からセム族掃討へ方針転換するモンゴール軍
一方、勝利の決め手に欠けるグインは、援軍を求め、幻の民ラゴン族を探す旅に出る

ここから、単行本4巻『ラゴンの虜囚』の内容ですな
『自らの道を行くがよい。三人の女がおまえを導くであろう』
『三人の女に会って、自分自身になるがいい・・・』

謎のお告げを聞くグイン。
三人の女とは誰だったのだろうか。シ××××・ヴァ×××・リ××の三人?

アルゴンのエルと名乗り、青騎士隊に潜入したイシュトヴァーンは、
『グインの正体を知っている』と情報を流すことで、マルス伯に接近。
息子に似ていたこともあり、マルス伯に気に入られたイシュトは親衛隊に昇格
しかし、モンゴールでは知恵者で通るマルス伯が、
あんな適当な法螺話を信じてしまうのだから、
モンゴール人というのは、いかに単純で純朴な人たちなのかわかりますなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

大奥〜華の乱〜第6話

November 22 [Sun], 2009, 10:41
長丸の死で悲嘆に暮れる安子@内山理名徳川綱吉@谷原章介
一方、綱吉の血をひく唯一の男子となった我が子徳松
遂にお世継のお墨付きが授けられ、幸せ絶頂のお伝の方@小池栄子
だが、他にも世継候補がいた方がいいという桂昌院@江波杏子の思惑から、
京より、新たな綱吉の側室大典侍@中山忍が呼び寄せられ、
更に、徳松が倒れた木材の下敷きになって、息を引き取ってしまう

互いに我が子を殺害した下手人と疑い、掴み合う安子とお伝の方
やがて、二人の衝突を嘲笑うかのように眺めている
御台所信子@藤原紀香の視線に気づく安子。やっと気づいたか。
そして、まだ誰も気づいてないが、
長丸殺害の下手人信子に毒薬を渡していたのは、
やっぱりこの人か!な側用人柳沢吉保@北村一輝。陰険狡猾さがたまらん

★大奥の感想★
第1話第2話 第3話第4話 第5話第6話 第7話第8話 第10話 最終話

★大奥第一章の感想★
第1話第2話 第3話第4話 最終話

★大奥〜華の乱〜の感想★
第1話 第3話 第4話 第5話

白い巨塔第17話

November 22 [Sun], 2009, 10:36
裁判が終わってから一年後、
財前五郎@唐沢寿明は、浪速大学附属高度がん医療センターの完成を目指し、
里見脩二@江口洋介は、大河内教授@品川徹の紹介した病院の勤務医に

裁判の判決に不服の佐々木よし江@かたせ梨乃は控訴、
関口弁護士@上川隆也は、患者の側に理解ある鑑定人を探すが、
浪速大学病院を敵に廻す医師は現れず、難航。
そこで、関口弁護士が訪ねたのが、かつての財前の師東@石坂浩二
退官前、財前と対立した東だったが、
「私は浪速大学の前教授です。財前君は私の教え子です。
お話しすることはありません。」

関口弁護士の依頼をきっぱり拒否。
教え子が浪速大学の教授でいることが今の東の誇りとなっているのだろうか。

一方、佐々木庸平@田山涼成と面影が似ている患者が現れ、気が動転、
手術の最中、ミスをしてしまう財前。
ああ、この人もやはり人の子か。強がっていても、罪悪感があるんだなあ。
というか、佐々木庸平と面影が似ている患者が露骨に頭髪が薄いのだが(笑)。
これでは、財前教授、頭髪の薄い患者の治療はできないではないか。
田山涼成はこのためのキャスティングだったのか

裁判が終わって、一年が過ぎても、オドオドしている柳原@伊藤英明
僕は、東佐枝子@矢田亜希子と柳原が大嫌いですわ。見ててイライラする。
控訴されたことへの対策からか、
柳原にお見合い相手として野田華子@三浦理恵子を紹介する財前。
及川光博に続き、西田敏行が伊藤英明にキスするんじゃないかとヒヤヒヤした

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE