ぼくの妹最終話(6.28)

June 30 [Tue], 2009, 23:43
江上盟@オダギリジョーは、都会の大学病院と田舎の小じんまりした病院、
どっちに専念したらいいか決められず、両方通う日々が続き、
九鬼@千原ジュニアが姿を消して、失意の颯@長澤まさみは、
数ヵ月後には、新しい婚約者を見つけた・・・のだけれど、結局、破局
盟はそんな颯にこれからも振りまわされるんだろうなあと思いをはせる・・・。

初回で桐原里子@ともさかりえがいきなり転落死、
怪人物の九鬼が付きまとうようになり、
何を描きたいのか、何処へ向かうのか、さっぱりわからなかったこのドラマ。
結局、「人生は旅だ・・・」ですかあ。
『アホな妹に振りまわされるダメ兄貴の苦難の日々はこれからも続く・・・
池端俊策先生の次回作にご期待ください・・・』
みたいな最終回だった。
かなり迷走してたけど、オダジョーの演技はよかったよ。
というか、オダジョーが出てなきゃ、最後まで観なかっただろうなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

天地人第26話(6.28)

June 30 [Tue], 2009, 0:25
どこに魅力を感じたのか、ヘッドハンティングしてきた羽柴秀吉@笹野高史に、
ラブポエマー直江兼続@妻夫木聡が啖呵を切って、お断りする・・・というお話
二話かけてやる話でもなかったな。
『関白を叱る』なんてタイトルだったから、
カネで何でも解決しようとする秀吉を兼続が叱ってしまうのか?
と思ってたら・・・叱るのが北政所@富司純子でまだよかった。

「景勝、兼続よ、
その方らのような無礼者は初めてじゃあ。
だが、なぜだか・・・なぜだか楽しかったわい。
わしゃあ、成り上がりの身、
心底慕うてくれる家臣などおらん。
それゆえ、わしは金銀に頼るしかなかった・・・。
じゃが・・・上杉はわが天下の・・・東国の守護神。
心より頼りにしておるぞ・・・。」

涙ながらの秀吉の意外な告白を聞いて、平伏し忠誠を誓う上杉景勝@北村一輝と兼続。
ろくでもない大河なんだけど、このシーンはよかった
無礼とも言える断り方をした兼続を許す度量の広さを見せながら、
孤独な権力者の哀愁を感じさせる台詞回し。
しかし、「心底慕うてくれる家臣などおらん」などと言われたら、
同席してる家臣たちの立場がないじゃん・・・
・・・と思ったのですが、後で意外な落とし穴が

そんな景勝・兼続主従と入れ替わりに上洛したのは、徳川家康@松方弘樹
家康を服従&上洛させたい秀吉は、妹朝日姫@平田敦子を離婚させ、
家康に政略結婚させるが、それでも家康は上洛せず、
大政所を朝日姫のお見舞いという名目で浜松に人質に送ることで、
天正14年(1586年)10月、遂に、家康を上洛させることに成功したのでした

それにしても、朝日姫、なんというか・・・凄かったなあ
これまでの大河でもっともインパクトのある朝日姫だった。
まあ、秀吉の妹は・・・美人ではないでしょうしねえ。
秀吉の都合で離婚&再婚をさせられた朝日姫も気の毒だが、
結婚しなきゃならなかった家康もかなり気の毒ではあるな。
これも政略結婚の悲劇でしょうか。

そして、大坂城で秀吉に謁見、
「この家康が上洛し臣従を誓いました以上、もう二度と合戦のご苦労はさせませぬ」
と秀吉の陣羽織を所望する家康。
白々しい台詞回しで、本心から言ってないな・・・というのが伝わってきて、妙に心地いい。
この謁見の前日、秀吉は家康の宿舎にお忍びで訪問、段取りを決めておいたらしい。
家康が豊臣政権に臣従したことを、効果的にPRしたかったのだろう

そんな口上に喜びつつ、決して家康に心を許してなかった秀吉。
猿と狸の化かしあいというところですが、秀吉のこの台詞が凄かった。
「徳川殿は我が豊臣にとって東国の守護神・・・幾重にも頼み申し上げまするぞ。」
ここでも出てきた「東国の守護神」というキーワード。
つまり・・・景勝・兼続主従を感動させたあの台詞、
本音のように聞こえたけど、人蕩しの秀吉ならではのお芝居だったわけね。
いやあ、騙されたよ。
確かに、ああいう言い回しをすれば、
義だの愛だの言ってる田舎者たちはコロっと落ちそうだよ
この大河、秀吉や家康の描き方はいいんだよね。
笹野高史や松方弘樹の演技・雰囲気も素晴らしいし
で、秀吉や家康に比べると、景勝や兼続がちっぽけすぎて・・・。
そう描きたいのなら、この脚本で正解なんだけど。
兼続の出るシーンにまったく魅力を感じられないのが、この大河の最大のネックだな

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話

仮面ライダーディケイド第22話(6.28)

June 30 [Tue], 2009, 0:22
『ディエンド指名手配』  脚本:井上敏樹 監督:石田秀範
門矢士ご一行が次にやって来たのは、
なぜか海東大樹が指名手配されているディエンドの世界
ディエンドの世界は、一見平和そうで、住民たちも素朴で親切な人たちばかり。
だが、親切そうな住民たちは、謎の支配者フォーティーンに洗脳されており、
士たちがライダーだと悟ると、襲撃してくるのだった。

ディエンドの世界編前編。
この世界観は何なんだろう?今までの平成ライダーにはないよね。
穏やかそうな村人たちがちょっとしたきっかけで変貌するのは『ひぐらしの泣く頃に』
もうちょっとおどろおどろしい雰囲気の方が面白かったかも。

『劇場版剣・MISSING AGE』に出てきた脇役ライダーたちが登場。
グレイブ・ラルク・ランスの三名。グレイブは次回登場するのでしょう。
劇場版だけに出てくるライダーは、
1人くらいは本編に出てくるライダーを圧倒するものですが、
『劇場版剣』のグレイブ・ラルク・ランスは、どれも雑魚ライダーだったなあ
今回、ラルク・ランスは、初めて活躍したんじゃないかな。
で、黒田勇樹・三津谷葉子・杉浦太雄は、『劇場版剣』でも脇役ライダーを演じた方たち。
黒田勇樹演ずる海東純一は、海東大樹の兄なのね。黒田勇樹、久しぶりに観たなあ。
そして、ディエンドの世界のラスボス(?)フォーティーン、
演ずるのは、『電波少年』チューヤンとヒッチハイクしてた伊藤高史だよ
こっちも久しぶりだ。真っ黒に日焼けして、しかも、丸刈り・・・すっかり印象変わったなあ。

しかし、クウガなはずの小野寺ユウスケよりライオトルーパーの方が活躍ってどうなんだろ?

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 劇場版電王&ディケイド 第20話 第21話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE