名探偵の掟第1話(4.17)

April 19 [Sun], 2009, 3:11
東野圭吾原作だそうですが、未読
推理小説のセオリーを忠実に守って、ストーリーが展開していく(?)ドラマ。
事件の謎解きと犯人探しをする(?)主人公に名探偵天下一大五郎@松田翔太
推理ドラマに付き物の見当はずれな推理をする(?)刑事役に大河原警部@木村祐一
大五郎にフォーリンラブしかねない(?)女刑事に藤井茉奈@香椎由宇

この第1話では、雪の積もった山村で、殺人事件が発生
被害者の自宅は、内側から鍵がかかっており、
雪の積もった家の周辺には、足跡がない。
「これは完全な密室殺人です・・・」と誇らしげに宣言する名探偵に
「み、密室殺人!?」と驚く迷警部。
だが、空気の読めない女刑事は、
「それが何か?」
「そんなの犯人捕まえてから、どうやって密室にしたのか聞けばいいでしょ」

と空気の読めない発言、名探偵と迷警部を怒らせる

そして、事件関係者の中に、綺麗な顔の女性@奥貫薫不細工な女性が・・・。
両方調べようとする女刑事を、なぜか迷警部が制止、
「この手の事件に美女が関わっていたら、そいつが犯人である可能性が高い。
それもまた本格ミステリーの掟のひとつや。
だから、そういう人物を疑ったり、
近づいたりしないのも、脇役の大事な務めなんや。」


大五郎と大河原警部が推理ドラマの掟に従った展開にしようとしてるのに、
茉奈や事件関係者が空気を読まない行動を取り、激怒する・・・
・・・というナンセンスさが笑えた
名探偵が最後に事件関係者を集めて、事件の種明かしをしようとしたのに、
事件関係者は二人しかブッキングできなかったり・・・。
木村祐一は嫌いなんですが(店とかで横柄な態度取りそうなイメージ・・・)、
ドラマ自体は気楽に楽しめそうです。
推理小説や推理ドラマが好きな人だったら、楽しめる作品でしょうね

スマイル第1話(4.17)

April 19 [Sun], 2009, 3:05
日本人とフィリピン人のハーフである早川ビト@松本潤が、
他人からの偏見に負けず、を追いかけていく話・・・
・・・なのかと思いきや、かなりダークな話だねえ
この第1話、バイト仲間のチンピラがビトのロッカーを使ったせいで、
ビトに覚醒剤の売人の疑いがかかりましたが・・・
冒頭の2015年のシーンだと、ビトは服役している
弁護士の伊東一馬@中井貴一町村しおり@小池栄子が弁護したのでしょうが、
冤罪だと証明されなかったのでしょうね

脚本は、今、『つばさ』でつばさと周波数を調べてる宅間孝行
『鹿男あをによし』にも出てました。この人、脚本も書いたりする人だったのね。
主役の松本潤、ドラマに出てるのを見たのは、『バンビーノ』以来
『花より男子』ははまれなかったので、リタイアでした。
新垣結衣は・・・『パパとムスメの7日間』の頃はよかったんだけどなあ
中井貴一勝村政信のキャスティングは好きなのですが、
できれば、ほかのドラマで見たかったです。
凄い格好のチーマー林誠司小栗旬とは思わなかったなあ

あとは、ビトの仕事仲間に、『仮面ライダーカブト』の矢車兄貴
『炎神戦隊ゴーオンジャー』のゴーオンゴールドを演じた徳山秀典
林誠司に顔に傷をつけられた甲斐を演じてるのは、
『仮面ライダー龍騎』の秋山蓮(ナイト)こと松田悟志あの傷はどーなんだろ
ビトのロッカーに覚醒剤を仕込んだ近藤を演じてるのは、
『仮面ライダー555』で、スマートブレイン社の地下に閉じ込められていた大口兼悟

で、このドラマ、どうしようかねえ
第1話観たかぎり、「フィリピン野郎」という台詞は連発するし、不快感しか残らなかったよ
「フィリピン野郎」と吐いたのは、
ボンクラ刑事とチンピラの二人だけだったのだけど、印象は強烈だったなあ。
(ボンクラ刑事の場合、後述のビトの犯罪歴による偏見・憎悪もあったのでしょうが)
外国人、特に、アジア・東南アジア系の外国人を見下す人がいる・・・
というのは、悲しいけど、現実なんでしょうけどね。
今シーズン、ダークなドラマ多いけど、
『白い春』は親子愛が描かれそうだし、『アイシテル』は考えさせられる内容だからなあ。
このドラマも終盤感動できる展開になりそうな気もするけど、そこまで我慢できるかどうか。
声の出ない三島花@新垣結衣伊東一馬弁護士@中井貴一も、暗い過去がありそうだし、
ビトには殺人を犯した経歴まであるようだしなあ(こっちも冤罪なのかも)。
ちょっと様子見かなあ

Phantom〜Requiem for the Phantom〜第3話(4.16)

April 19 [Sun], 2009, 3:02
暗殺者としての訓練を受けてきたツヴァイに、最初の殺人をするときが
アインインフェルノの幹部が見守る中、
武器の横流しをしてきた軍人と殺し合いをすることに。
インフェルノの幹部たちも随分無用心にツヴァイの前に顔を見せるもんだなあ
それにしても、アインさんのカラダをヌルヌル触る銀髪メガネはなんなんだ?幹部の特権か??
殺人を犯すことに、ためらいを見せつつも、
最後は、感情を捨ててしまったかのような表情で、軍人を殺害するツヴァイ。
当分は、インフェルノの道具として、テロ活動に従事するのでしょう。
そのツヴァイの本名は、AZUMA REIJI。終盤で、自分の素性を知るのかな

★今までの感想★
第1話 第2話

けいおん!第3話(4.16)

April 19 [Sun], 2009, 3:01
軽音部に入部、念願のギターも買い、いよいよ練習に励もうとする平沢唯
だが、試験で赤点を取ってしまい、追試を受けることに。
部活禁止の警告まで出てしまい、軽音部自体が存続の危機に陥ってしまう
自宅で追試に向けて、勉強に励む唯だが、集中力が持たず、
気がつくとベンベンベン♪とギターを弾いてしまうのでした。うーん、アホの子
部存続の危機に、唯の家に行って、勉強を見てあげようとする軽音部メンバーたち。
唯に妹がいると知って、アホそうな姉妹が笑いながらゴロゴロ転がってる図
想像する軽音部メンバーが面白かった

★今までの感想★
第1話 第2話

BOSS第1話(4.16)

April 19 [Sun], 2009, 2:57
米国留学から帰国し、警視庁で新設された特別犯罪対策室
室長を任されることになった大澤絵里子@天海祐希
だが、精鋭揃いの新組織・・・となるはずが、
集まったのは、各部署で不要と見なされた問題児ばかりだった・・・。

天海祐希・玉山鉄二・竹野内豊出演、林宏司脚本なので、
『離婚弁護士』っぽい雰囲気
『離婚弁護士』の頃は、新米扱いだった玉山鉄二も、
今回は、特別犯罪対策室のサブリーダー的存在。歳月を感じさせます
ハンサムウーマンな天海祐希はあまり魅力を感じないし、
ケンドーコバヤシは前の部署だけでなく、ドラマ自体にも不要な気もしますが、
すっかり小悪魔系がはまった戸田恵梨香、癒し系の温水洋一
実写版峰不二子な吉瀬美智子、お久しぶりの竹野内豊etc、
好きな出演者が多いし、最後まで観ると思います。

新組織・特別犯罪対策室のボスとなり、やる気満々の絵里子ですが、
どうやら警視庁内では快く思われてないご様子。
また、捜査活動の中心となる捜査一課からも煙たがられている。
にも、関わらず、成果を挙げていくというわけね。『相棒』の特命係みたいですな。

そんな特別犯罪対策室のデビュー戦は爆弾魔
犯人の画像が解析され、武田鉄也の顔になって大笑いした。このバカチンが・・・。
鉄也をハメて、爆弾の解除方法を聞き出すシーン、
絵里子のプロファイリングはともかく、
薀蓄や説教を語るのが好きそうなイメージの武田鉄也
キャスティングしたセンスに感心した

「さすがだな、あいつを抜擢したオレ・・・」
と、なぜか自画自賛する野立@竹野内豊のキャラもGOOD。
登場人物のキャラも個性あるし、面白い作品になるんじゃないでしょうか。
『離婚弁護士』の二期は、あまりにも女性vs男性な展開に辟易したので、
強調しないことを希望したいものですが
問題児ばかりの部署で頭抱えた絵里子でしたが、
絵里子自身もかつて不祥事を起こしたそうで・・・その原因は男?
最近気になってる丸山智己が演じているというのも嬉しいですな。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE