天地人第8話(2.22)

February 23 [Mon], 2009, 23:43
「戦を決するのは、何だと思う?
軍勢の多さ、鉄砲の威力、
そのようなものは、さしたることではない。
大切なのは、時じゃ。天が味方する時・・・。」

織田軍三万に対し、上杉軍は一万三千。
兵力の差は圧倒的だが、
天の時を悟った上杉謙信@阿部寛は、手取川の戦いで、
柴田勝家@菅田俊率いる織田軍を大いに破り、春日山城に凱旋するのだった

うーん、謹慎している樋口兼続@妻夫木聡
初音@長澤まさみから上杉軍の勝利を聞かされるという流れが残念だ。
折角の謙信の見せ場なのに・・・とか、
初音のキャラに必要性を感じられない・・・とかの不満もあるが、
何より、兼続が、戦場での謙信を間近に見たのが、
越後への帰還を命じられた、苦い初陣のときだけになってしまった
というのが、もったいない気がする。
阿部寛の上杉謙信が素晴らしいだけに、
兼続には、戦場での謙信をもっと見ていてほしかった

この当時、織田信長@吉川晃司は、
越後の上杉・大坂の石山本願寺・中国の毛利etcに包囲されてました。
上杉軍の動きを重要視した信長は、天正5年(1577)年8月
柴田勝家を総大将として、羽柴秀吉@笹野高史・明智光秀・丹羽長秀・滝川一益
・前田利家・佐々成政
etc、織田軍の主力を加賀に派遣しています
この情勢に織田不利と判断したのか、
同年8月、石山本願寺を攻囲していた部下の松永久秀が突如撤兵、
大和の信貴山の居城に立て篭もり、謀反を起こしています。

で、手取川の戦いがあったのは、天正5年(1577)年9月と伝えられてます。
天地人紀行にあったとおり、上杉軍の勝利を讃える手取川古戦場碑が今も残ってます。
でも、『手取川の戦いで上杉軍が勝利した』という記録は、
上杉家の文書にしか残っていなくて、織田家の記録にはないそうです
織田家の動きが書かれている『信長公記』には、
『織田軍が手取川を越え、村々に放火し、上杉軍の動きを抑制した』
程度しか書かれていない
織田軍大敗という不名誉な記録を『信長公記』にわざと残さなかったのか、
軍神・謙信の印象をアピールしたいために、上杉方が誇張したのか。
なんとなく、後者のような気がします。
実際は、手取川を越えた織田軍と小競り合いをして撃退した程度なのではないでしょうか。

あと、上杉軍と対峙した織田軍では、総大将柴田勝家と意見が衝突したのか、
羽柴秀吉が無断で戦線を離脱、所領に帰ってしまう事件が起きています
この知らせを聞き、信長は激怒
完璧に軍律違反なわけで打ち首になってもおかしくないですな。
秀吉が松永久秀討伐に参加したことで、この罪は不問となったらしい。
足軽あがりだった秀吉に対して、
柴田勝家は、信長が織田家の家督を相続した頃からの重臣。
木下藤吉郎だった秀吉が、羽柴姓を名乗るようになったのも、
織田家の重臣田勝家と丹長秀から一字ずつ貰ってのこと。
なんかご機嫌を伺ってるような、秀吉らしいエピソードですな。
そんな秀吉も、柴田勝家に盾つくほど、慢心になってきたのか。
賤ヶ岳の戦いで激突する両者の確執は、既に始まっていたのかもしれない。

「真の義を見つけうる者があるとすれば、
その者は、己との戦いの中に、孤独の身を置き、瞑想を続けるものじゃ。
兼続、わしはそなたこそが、我が意志を真に受け継ぐ者じゃと思っておる。」

兼続にお墨付きのお言葉を与える謙信。
智謀や才覚ではなく、義の心だけで兼続を認めた感じだ。
この台詞、結果的には、謙信の遺言という意味合いになるのでしょうが、
謙信は息を引き取るのは、次回のようなので、
『謙信の遺言』というタイトルには、引っかかりを感じてしまうんだよなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第20話(2.22)

February 23 [Mon], 2009, 23:37
「わかっているでしょう。
僕に何かあれば、人質の命は保証できませんよ。
同タイプである僕とアニューは思考を繋ぐことができるんです。」

ソレスタルビーイングの捕虜となるも、
本性を現したアニュー・リターナーミレイナを人質に取ったことから、
アニューと共に、トレミーから脱出するリヴァイヴ・リバイバル
逃走するアニューを撃ち落そうとする二代目ロックオン兄貴だが、
愛する女性を撃つことはできなかった。
イノベーターに利用されている自覚などないように見えたアニューでしたが、
どうやら、すべてお芝居だったようだ。女は怖いぜ

しかし、このリヴァイヴ捕虜→アニュー正体バレ→脱出の流れは・・・
捕虜のリヴァイヴにわざわざアニューの暴動を教えちゃうわ、
(教えてもらわなくても、脳量子波で事情は把握できたのでしょうけどね)
リヴァイヴがアニューそっくりの顔を見せても、誰も反応しないわ、
(もったいぶってヘルメット脱いだ甲斐がないじゃん)
アニューに撃たれたラッセは、軽傷で済むわ、
(先週の貧乏姫に続いて、このオチかよ)
つっこみどころも満載だったなあ
リヴァイヴ&アニューの工作の結果、オーライザーの内部が損傷、
トレミーの多くのデータが破壊&持ち逃げされてしまう。
でも、長いこと、アニューが潜伏してた割には、成果が小さいようにも思える。
続くイノベーターのトレミー攻撃の目的が、ダブルオーの鹵獲だったし、
ダブルオーくらいなら、いつでもかっぱらえたんじゃないかねえ。

そして、またもダメージを受けたトレミーに襲いかかる
リヴァイヴ、アニュー、ヒリング・ケアイノベーターたち。
その中には、新型モビルアーマーレグナントを与えられたルイスもいます。
乙女と引き離されたアンドレイ・スミルノフは、これでいいのか?
粒子ビームが曲がるというのが理論的によくわからん。
ホル・ホースの弾丸みたいなもんか?
「人類初のイノベーターとなって、この世界を導いてほしい」
と、ルイスはリボンズに言葉をかけられてましたが、そんなことは可能なのでしょうか。
王留美はまんまと騙されてましたが。
ルイスの「アルマーク」という呼び方が新鮮だった。
でも、こっちが苗字なのだから、「リボンズ」という呼び方の方が馴れ馴れしいのか。

ダブルオーライザーの不在・曲がる粒子ビーム・・・といった要因で苦戦するも、
アニューのMSと接近戦に持っていき、優勢に戦いを進める二代目ロックオン兄貴
リヴァイヴやヒリングも、この後、MS沈められて脱出してたし、
どうも上位者であるはずのイノベーターに優秀性を見出せないなあ

コクピットを破壊し、アニューを取り戻そうとする二代目ロックオン兄貴、
(あれ、爆発しないものなのか・・・)
アニューもそんな二代目ロックオンのもとへ駆け寄ろうとするのだが・・・
「愚かな人間だ。
イノベイターは人類を導くもの。そう、上位者であり、絶対者だ。
人間と対等に見られるのは我慢ならないな。力の違いを見せつけてあげるよ。」

リボンズの意識が乗り移ったかのように、アニューが覚醒。
すべてのイノベーターはリボンズの支配下にある・・・ということか?
それぞれのイノベーターの思考・状況を感知できるのだとしたら、
リジェネ・レジェッタと手を組んだ王留美の陰謀が失敗に終わったのも納得できる。
そして、そうだとしたら・・・ティエリアも、実は、リボンズの支配下にあるのだろうか

豹変したアニューにとどめをさせない二代目ロックオン。
そんなアニューのとどめをさしたのは・・・刹那でした。ルイスかと思ったよ。
「おまえには彼女と戦う理由がない」
「戦えない理由の方が強い」

この戦闘の前、二代目ロックオンに語っていた刹那、
このときの刹那はかっこよかったが(他人の気持ちを思いやるようになってたんだなあ)、
本当に、とどめをさしちゃうとは思いませんでした。まったく迷いなさそうだったし。
まあ、捕虜にしちゃうと、居場所特定されちゃうから、しょうがないか

「わかりあってるのに・・・なのに・・・いつか僕もルイスと」
二代目ロックオンとアニューの悲劇に、自分たちの運命を重ねる沙慈
いよいよ終盤。これから、どれだけの悲劇が起きるのか。
そして、貧乏姫悪魔の歌が、鎮魂歌として、宇宙に流れる・・・と

★一期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 最終話

★二期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE