篤姫第49話(12.7)

December 09 [Tue], 2008, 0:31
新政府軍と和解が成立し、江戸城を明け渡す決意をした天璋院@宮崎あおい
「誠の気持ちを申せば、私は無念でならぬ。
私の代で、この城を明け渡さなければならぬなどと・・・。」

と、ふと本音を漏らしてましたが、
かといって、それほど無念や口惜しさは感じられなかったなあ。
先週も書いたが、実際の天璋院は、城を明け渡すくらいなら、自害すると主張して、
勝麟太郎@北大路欣也を困らせたらしい。
しかし、この本心を笑顔で隠すところが、この大河の天璋院にふさわしいと思う

大奥を去り、江戸の一橋邸へ移る天璋院。
本寿院@高畑淳子が一緒というのが、面白い。
実際の本寿院がこんなにユニークな人物だったとは思わないが(笑)。
「お城との別れは、人との別れ・・・」
大奥を去るにあたって、静寛院@堀北真希滝山@稲森いずみと別れ、
一橋邸での厳しい生活から、重野@中嶋朋子が去っていく

一方、徳川宗家は駿府に移され、70万石の禄高に減封されてしまう
嘆く天璋院たち。
天璋院サイドでこのドラマを観てきたので、徳川の凋落は寂しいものがある。
もう大御台という立場に、何の価値もない。
しかし、徳川家も、かつて関ヶ原の戦いで豊臣家を65万石に減封し、
更に、大坂城を退去しなかったことから、豊臣家を滅ぼしている。
栄枯盛衰。
幕府を閉じ、大奥を閉じるのが、徳川慶喜や天璋院の役割だったのだろう。
西郷や大久保でさえ非業の最期を遂げた、この波乱の時代に、
慶喜と天璋院が天寿を全うできた・・・それだけでも凄いなあと僕は思う。

「次に会うときまで、元気でいます・・・」
小松帯刀@瑛太と再会した天璋院。
天璋院の言葉でひとすじの涙を流す小松帯刀。
たぶん、今生の別れなのでしょう
愛人に子供ができたと聞いたときの「まあ・・・」と咎めたとき、
そして、帯刀の慕う気持ちを「知っていました」と答えたときの
宮崎あおいの表情がよかったなあ
しかし、未だに、自分のことをどう思ってたか尋ねる、
この大河の小松帯刀はどうなんだろう?とうとう最後まで成長しなかったな

次回は、遂に、最終回。それも、70分スペシャル。
大奥や薩摩での在りし日を懐かしく感じさせる最終回になりそうです

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第10話(12.7)

December 09 [Tue], 2008, 0:21
中東再編成を画策する地球連邦
その邪魔になるのは、中東で最も国力の高いスイール王国
そこで、アロウズの打った手は、
衛星兵器メメントモリによるスイール王国壊滅

しかし、この問答無用のやり方に、何の意味があるんだろう?
スイール王国程度なら、あんな衛星兵器使わなくても、制圧するのは可能だろう。
拳王ラオウのように、恐怖による統治を狙っているのかねえ。
示威だとしたら、こんな映像見れば、かえって反発が強まるだけだと思うのですが。
でも、地下組織やゲリラならともかく、国などは抵抗できないか。
それにしても、リボンズアリー・アル・サーシェスの二人は、危険な取り合わせだなあ

ソレスタルビーイングのやり方に否定的な貧乏姫、沙慈、カティ・マネキン大佐・・・
スイール壊滅で、戦いに否定的だった貧乏姫も、立ち上がるかもしれないなあ。
沙慈は、どーするんだろう?
というか、なぜ、まだソレスタルビーイングにいるんだ?
やはり、映像を見て、ソレスタルビーイングのやり方に賛同してしまうのでしょうか。
ソレスタルビーイングのやり方に賛同できない僕としては、
沙慈には、変わってほしくないのですが。
マネキン大佐は、スメラギ姐さんがソレスタルビーイングの理念を信じたことを
非難してましたが(その点は、僕も同意)、
アロウズ自体もまったく褒められた組織ではないのよね。アロウズ、見限らないのかな。

そして、やはり、ソレスタルビーイングのやり方に否定的だったセルゲイ大佐
しかし、そんな大佐が、メメントモリの攻撃の余波に迫られる大ピンチ!
ハレルヤ復活など、今回、どーでもよかった。
まさか、セルゲイ大佐ほどのキャラは退場しないだろうと思いつつ、
『ガンダム』という作品は、重要キャラをあっさり退場させちゃう作品だからなあ
セルゲイ大佐の死で、マリー・パーファシーが再び戦う決意をし、
オーライザーのパイロットになるという流れはあってもおかしくない
そういえば、「逃げてください、大佐ぁぁぁ!」と叫んでいたマリー、
ソーマ・ピーリスの意識が甦った?
ハレルヤが復活できるのなら、ソーマが復活してもおかしくないか。
というか、そうあってほしい。マリーは、どーでもいい・・・。
いずれにせよ、セルゲイ大佐には、無事であってほしいとは思うのですが。

あと、「ワシの嫁」リンダを紹介していたイアンのとっつあん
犯罪的な若奥さんを紹介したのは、微笑ましかったが、
ミレイナの試練という意味でも、
あの嫁さんは、あっさり死にそうな気がする。
沙慈の存在もあるし、とっつあん自身も危ないと思う。
そして、王留美に紹介された新人アニュー・リターナー
これほど怪しいキャラも珍しいな。
ソレスタルビーイングも、いい加減、
王留美の正体に気づいてもいいんじゃないかと思うのだが

★一期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 最終話

★二期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE