イノセント・ラヴ第6話(11.24)

November 26 [Wed], 2008, 0:39
『お兄ちゃん、毎日が怖いくらい、穏やかに過ぎていきます。
じゅんやさんとすごす日々は、まるで陽だまりの中にいるようで、
この世に、怖いことなど何一つないみたいに思えてきます。
私は幸せです。お兄ちゃん。
あの夜のことを思い出しさえしなければ・・・』

前回ラストで容態が急変した遠野聖花@内田有紀は、危機を脱し、
鉄砲玉の耀司兄ちゃん@福士誠治は、警察に自首、
秋山佳音@堀北真希は、すっかり普通の女の子になってるし、
瀬川昴@成宮寛貴桜井美月@香椎由宇は、あまり出番がなく、
ラストに衝撃があったものの、このドラマにしては、穏やかな回でした
しかし、これは、嵐の前の静けさだね。
『イノセント・ラヴ』というタイトルとは裏腹のダークな展開を愛する僕としては、
そう思いたいところですが

警察に自首し、再び拘束された耀司兄ちゃん。
今まで、無実を訴えてきたのに、今になって、罪を認めた理由を
『あいつ(佳音)には、信じられる人間が一人もいないから、
俺が親を殺したと知ったら、本当に孤独になってしまう・・・』

と語ってました。
今なら、長崎殉也@北川悠仁がいるから、大丈夫だということか?
一応、殉也を認めてるのかな、シスコンの耀司が。
もっともらしく聞こえる話ではありましたが、
佳音のフラッシュバック・記者の池田@豊原功補に会うなという台詞からも、
佳音に過去のことを思い出してほしくないのでしょう
しかし、何やらかすかわからない耀司兄ちゃんが刑務所にいると物足りないのう

そして、ラスト、遂に意識を取り戻すイノセントワールドの闇の女王・聖花
このシーン、感動のシーンだったんだろうか?
僕には、魔物の復活祭にしか見えなかったのですが
ただ、事故に遭う前の聖花は、殉也の愛を重く感じるごく普通の女性のように見えたなあ。
で、あまり殉也との結婚に乗り気ではなかったのね。
そうなると、クスリを飲ませたのは、やはり、聖花に執着してるあの人か?
それにしても、このドラマ、いったい、どこへ向かってるのだろう?(笑)

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE