篤姫第43話(10.26)

October 28 [Tue], 2008, 0:32
徳川家茂@松田翔太の急死を嘆く天璋院@宮崎あおい和宮@堀北真希
落飾し、天璋院を「母上」と呼ぶことで、徳川家の一員となった和宮改め静寛院
そんな静寛院を微笑ましく感じる天璋院
冷戦状態だった二人が、初めて親しく歓談する様子が微笑ましかった
宮崎あおいと堀北真希、二人ともいい演技してた
和宮、落飾して、外見も可愛くなったと思う。これまでの太い眉はキツかったもんなあ。
実際、和宮は、このとき、落飾せずに帰京することはできただろう。
もともと、幕府が攘夷をすることが条件で輿入れしたので、
家茂が亡くなった以上、江戸城に残る理由はなかった。
再婚することだって、可能だったはず。
だが、落飾し、明治維新後に亡くなっても、家茂の墓の近くに埋葬されている。
やはり、徳川家の一員となった意識が芽生えたんだろうなあ。

和宮と和解し、大奥に穏やかな空気は流れたものの、
時代の流れは、天璋院にとって、幕府にとって、悪い方向に急速に向かっている
家茂亡き後、将軍となったのは、因縁の一橋慶喜@平岳大
後継者は田安亀之助であるべきと天璋院が強硬に主張したが、
老中や和宮が、年少の亀之助では心許ないので、慶喜を推したために決定。
ドラマでは、慶喜、あっさり将軍に就任してましたが、
実際は、徳川本家を慶応2(1866)年8月に継いだものの、将軍職は保留にし、
同年12月5日に、やっと将軍に就任。
家茂が他界したのが、7月20日。将軍職空位の期間が結構あったというわけです。
才能はあったものの、人望がなかった慶喜、
体制が整い、支持する声が高まるのを待ったのでしょう

しかし、ここで、慶喜にとって、幕府にとって、不幸な事件が起きる
慶応2(1866)年12月25日 孝明天皇@東儀秀樹、急死
慶喜の将軍就任の僅か20日後・・・。
孝明天皇の死が、これまでの事件の中で、一番、幕府に痛手だったと思う。
孝明天皇は、攘夷論者だったが、親幕派であり、慶喜を信頼していた。
孝明天皇が生きていれば、明治維新は起きなかったと思う。
やはり、岩倉具視@片岡鶴太郎あたりに暗殺されたのだろうか。
後を継いだ明治天皇はまだ子供で、反幕府方にかつがれやすい。
しかも、明治天皇の母方の祖父中山忠能は、蛤御門の変の頃から、
長州藩の倒幕活動を支持して、都を追放されたこともあるバリバリの倒幕派。
慶喜は京を離れられない・・・。

一方、髪型をイメチェンし、子供ができてた小松帯刀@瑛太は、
(帯刀も、この新しい髪型の方が似合ってると思う)
島津久光@山口祐一郎・松平春嶽@矢島健一・山内容堂・伊達宗城
有力大名による列侯会議の開催に成功。
薩摩藩としては、徳川支配体制ではなく、諸大名による合議体制に移行したいのでしょう。
しかし、慶喜の巧みな政治工作により、列侯会議は粉砕されてしまう。
さすが、切れ者の慶喜・・・という感じですが、この鋭さが幕府崩壊を早めたのかもしれない
「幕府を倒すなど、それだけはなりません。」という小松帯刀の制止もむなしく、
「やはり、慶喜公を討つしかありもうはん!
倒幕の狼煙を上げもうぞ。
徳川の世を終わらせる。
それでなければ、強か国に生まれ変わることはできもうはん!」

倒幕の意思を固める西郷吉之助@小澤征悦大久保一蔵@原田泰造
この大河の小松帯刀は、己の理想とは異なる改革を見なければならない立場のようです。
というか、上は政治問題から、下は愛人問題まで、押し切られてばかりだなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第4話(10.26)

October 28 [Tue], 2008, 0:28
貧乏姫アザディスタンに戻ると言い出したため、
現地に送ろうとするソレスタルビーイング
てっきり、貧乏姫、ソレスタルビーイングに残り、
イメージガールにでもなるのかと思ってたのですが

そんなソレスタルビーイングの動きを察知して、攻撃を仕掛けるアロウズ
作戦指揮は、新キャラ・矢尾一樹声のアーバ・リント少佐
陰険狡猾根暗。でも、ヘタレ臭がプンプンするなあ。
リント少佐の作戦は、新型モビルアーマーで水中から奇襲をかけ、
浮上した敵艦を魚雷で集中砲火するというもの。
しかし、モビルアーマーが接近しすぎて、ガンダムのトランザムの前に敗退。
うーん、モビルアーマーを近づける必要あったのかね?

形勢逆転で、アロウズの旗艦に迫る刹那ダブルオーガンダム
前に立ちはだかるのは、仮面の男改めミスター・ブシドー
いやあ、他のブログでやたら『ミスター・ブシドー』という単語が出てくるので、
「なんで?」と思ってたら、本当に、そう呼ばれてるのね
今回は、ごく僅かの戦闘となってしまいましたが、これからの展開に期待しましょう。

刹那vsミスター・ブシドーのほかにも、
アレルヤvsソーマ中尉という構図が再燃しちゃったみたい。
で、アレルヤという名前をつけたのは、マリー・パーファシーだったんですな。
ソーマ中尉をマリー・パーファシーに戻そうと決意するアレルヤですが、
余計なことを!という気がしてならない

「比較されたらたまらん・・・」
と、フェルトにキスしてた二代目ロックオン兄貴
確かに、初代に比較されたらたまらんでしょうが、
このキスで初代と比較しなくなったら、それはそれでよし、
初代と同じだと思って、関係が深まっても、それはそれでよし。
どっちにしても、結果オーライですな。なかなかの策士だ

そして、因縁の構図がもう一組。
ムチムチさがパワーアップしたスメラギ姐さんにフラレて、復讐鬼と化したビリー・カタギリ
以前の制服に収まりきらなかったスメラギ姐さんの乳と尻の破壊力は凄まじかった
アレを失ってしまっては、ビリーも許せないことだろう。失恋男の大逆襲に期待したい

★一期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 最終話

★二期の感想★
第1話 第2話 第3話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE