ホカベン第7話(5.28)

May 29 [Thu], 2008, 23:15
今回、灯@上戸彩が引き受けた案件は、
浪人生戸塚源一@遠藤雄弥が起こした強姦致傷事件の弁護
戸塚は、予備校が終わった後、
バイクがパンクして困っていた信用金庫勤務の松沢明美@片瀬那奈
助けたことをきっかけで、カラオケボックスに行き、暴行を働いていた。
ちなみに、戸塚は、初犯ではなく、再犯
また、戸塚の父は市議会議員で、
エムザ法律事務所としては、何としても執行猶予を勝ち取りたい。

弁護を引き受けた灯ですが、
男に襲われる想像をするわ、
松沢明美に「なぜ女のあなたが弁護するのか?」と詰られるわ、
被害者の代理人である弁護士@小市慢太郎に示談の話をちらつかせて、
100%非があると不用意に発言したのを録音されてしまうわ、いつもどおり苦戦
灯が男に襲われてるシーンを思い浮かべて、トイレでもどしたりするから、
そういう苦い経験があったのかと思ったら、あれは想像だったのね。
ちょっと想像力過剰じゃないの?と思ってしまうのは、僕が男のせいですか。
あと、代理人弁護士が隠しマイクを使っていたのは、
加害者側だろうが、被害者側だろうが、関係なく、
弁護士の世界は、裁判に勝つことだけが正しいということなんだろうねえ。厳しい世界だ

杉崎@北村一輝が灯に与えた指示は2つ。
・現場には、戸塚と松沢明美しかいなかったのだから、証言できる者はいない。
強姦の事実はなかったと戸塚に供述を変えさせろ!
・松沢明美の過去を調べ、不利な材料を見つけろ!

適切だけど、かなりえげつないやり方ですね。
僕も、えげつない仕事は結構やったことがありまして、
心中複雑ながらも、仕事ならしょうがないと割り切ってやったものですが、
灯のような正義感の強い人にはキツいかもしれません。

あまりの非道な指示に、「本心ですか?」と尋ねる灯に、
「死刑になりゃあいいんだよ。
暴力で女を犯すようなヤツ、誰が弁護したいんだよ。
俺だって人間だよ、それぐらいわかってるんだよ。
何が正しいかくらいわかってるんだよ。
法律だ、正義だ、
そんなヤツ守るために、弁護士になったんじゃねえよ。
おまえに言われなくたって、わかってるんだよ!」

と、怒鳴り散らす杉崎
杉崎は杉崎で、不本意な案件に借り出されるのに、うんざりしてたのね。

で、肝心な裁判はというと、
個室のカラオケボックスに誘ったのは、被害者の方じゃないかと主張、
更に、松沢明美に万引きの補導歴があったことを暴露し、
弁護人としての最善を尽くした上で、
戸塚に松沢明美のバイクをパンクさせるよう指示された友人を
相手側の弁護士に相談するよう仕向けて、証言させることで、
計画的に犯行を企てていた戸塚を刑務所送りに持っていく。
初の敗訴となったわけですが、灯にとっては、満足できる判決だったことでしょう。
裁判が終わって、杉崎が灯を飲みに誘ったり、久しぶりに明るく締めた回でした。
しかし、灯と飲んでも楽しくなさそうだなあ

男が議員の御曹司で、女が信用金庫の職員だから、
てっきり、女が使い込みでもしていて、男をハメたのかと思ってました
ひどい推理だと思うかもしれないけど、
初対面の男と、個室のカラオケボックスに入るというのがねえ.、
ありえなさそうだから(僕の感覚の方がおかしいのかな)、疑っちゃったわけよ。
襲っちゃう男は絶対悪いけど、
のこのこ行っちゃう女もそれなりに悪いんじゃないのって思っちゃった。

昨年の強制わいせつや強姦の警察への認知件数は約1万件で、
そのうち、検挙されたのは、半数ぐらい
という話が、劇中で出てきました。
脚色ではなく、事実なんでしょうね。
そして、たぶん、この数字は、減ることはないんだろうなあ。
最近、短絡的に犯罪を犯す人が増えているし・・・何とかならんのかねえ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

ふしぎ遊戯第44話

May 29 [Thu], 2008, 23:12
箕宿に肉体を乗っ取られた張宿は、
精神を振り絞って自らの体を傷つけ、箕宿を道連れに死亡。
それぞれ影の薄い七星士でした。
しかし、これは引き金に過ぎず、これから次々に登場人物が散っていくのよね

青龍召喚の儀式を阻止しようとする美朱たちの前に立ちふさがるのは心宿
「おまえたちに礼が言いたくてな。
おまえたちは本当に愉快だったよ。
なあ、鬼宿、
おまえの家族をあそこまで残虐に角宿に殺させたのは、なぜだと思う?
ひどければひどいほど、我々を許せなくなるだろう?
朱雀の巫女がそう思い動かなければ、唯様もまた動かない。
そうして、おまえたちは、いつも計算どおりに行動を起こしてくれた。
ほかの青龍七星士とも相討ちしてくれたしなあ。
唯様には、私一人がいればいい。
願いはたった3つしかないのだからな。
本当に感謝するよ。
お蔭で、こうして青龍を呼び出すことができるのだから。」

ここまでの流れを講釈してくれる心宿先生。
いや、まったく心宿の望みどおりに、美朱たちは動いちゃったものです。

ここで井宿が心宿に問いただす。
「なぜ、あんたは倶東国についているのだ?
その目、その髪の色、
14年前、倶東国の領土拡大の折、
ことごとく滅ぼされたはずだった濱族の特徴そのもの。
もし、あんたがその生き残りなら、なぜ倶東国についているのだ?
青龍に何を望んでいるのだ!?」

しかし、心宿はそれについては何も語らず・・・。
心宿様には、やはり複雑な事情があるようで、フフフ。

そして、心宿が時間稼ぎをしている間に、
(またしても、心宿の計算どおりだ・・・)
玄武と白虎の神座宝を手に入れた唯ちゃんが、青龍召喚の儀式を始めちゃうのでした
いよいよ、次回は、青龍出現!

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話

古畑任三郎3第1話

May 29 [Thu], 2008, 23:11
昨日から、東京では、『古畑任三郎3期』の再放送が始まりました。
6月に、古畑の中学時代を描くSPが放映されるからでしょうね。
同じく再放送されている『相棒』ともども、ねちっこい逮捕劇を楽しみたいと思います。

古畑任三郎3期は、1999年の作品。
ちなみに、1期は、1994年放映。
もう10年以上前の作品だったんだねえ
真犯人やトリックが既にわかっているのに、面白い。
事件の展開を視聴者も推理しながら楽しむ『相棒』に対して、
古畑@田村正和と豪華ゲストが演じる真犯人とのやりとりが面白いのよね
好きな回は、中森明菜・堺正章・明石家さんま・唐沢寿明がゲストの回かな。
どれも、面白いので、選ぶのに困りますが

第1話の犯人は、落語家の気楽家雅楽@市川染五郎
人気はあるが、古典に詳しくない若旦那
新作落語の盗作をした末、兄弟子苦楽@モロ師岡を殺害。
アリバイを巧みに工作するが、
死の間際に、苦楽が握った煮干が、
若旦那を示すダイイングメッセージであることを
古典に詳しくなかったため、気づかず、
扇子に血痕が残ってたために、御用となってしまう。
雅楽の師匠を演じたのは、『仮面ライダーカブト』じいやを演じた梅野泰靖だったのね。

3期は、パワーダウンしていたイメージがあったけど、この話は面白かったなあ。
再放送ゆえに、カットされた部分が多かったのが残念でしたが。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE