ホカベン第1話(4.16)

April 17 [Thu], 2008, 23:51
新人弁護士堂本灯@上戸彩が現実を思い知らされていく中で成長していく話・・・かな?
また上戸彩主演かと、冷ややかに観てたのですが、結構、面白かったです、
ストーリー展開は『弁護士のくず』と同じではありますが。
灯の熱意が依頼人を救うという安直なストーリーにはしないでほしいねえ。

灯は正義感の持ち主で
弱者を救いたいという気持ちから、エムザ法律事務所プロボノセクションに入社
でも、正直、こんな弁護士には依頼したくないと思っちゃった
感情的だし、熱意が空回りしてるし、周囲の状況が見えてないし。
喫茶店で、大声で依頼人がDVを受けていると叫んじゃいかんだろお

そんな弱者を救いたいとやる気満々な灯のデビュー戦は、
夫との離婚を望む依頼人が、娘を人身保護法で奪われ、夫を刺してしまう
という苦いスタートとなってしまいました
次回はおそらく解決編。
夫側の雇った弁護士は、デンライナーオーナー石丸謙次郎
青臭い灯に比べると、なかなか手強そうです
殺人未遂の依頼人というイメージも悪いしねえ。

やる気満々な灯に冷ややかな上司杉崎@北村一輝とパラリーガルの倉木@戸田菜穂
おそらく、杉崎は、灯に負けず劣らずの正義感の持ち主なのでしょう。
そして、依頼を断ってるのは、大手であるエムザ法律事務所だと弁護士報酬が高く、
依頼人のことを思ってのこと・・・なのでしょうね。
灯と依頼人の二度目の面会や会議室の使用をキャンセルにしたのも、そのせいでしょう。
弱者を救いたいと夢見てる灯が、拝金主義的なエムザ法律事務所に就職したのが、
そもそも間違いだったとしか思えません
そのエムザ法律事務所には、北村一輝以外にも、
大杉漣・篠井英介・りょうetcと一癖ありそうな登場人物がいることですし、
今後が楽しみです。

ふしぎ遊戯第38話

April 17 [Thu], 2008, 23:49
亢宿から「忘却草の汁を飲み、嫌なことは忘れて、一緒に暮らそう」と誘われる美朱
氏宿の幻術で美朱の姿となった房宿に誘惑される鬼宿
二人が誘惑をはねのける回でした。

美朱は、現実から目をそむけちゃいけないと、亢宿の話を拒絶。
唯ちゃんにすべてを打ち明けて仲直りし、
青龍の力で一緒に現実の世界へ帰ろうと決意

一方、鬼宿は、僅かな可能性を捨てちゃいけないと偽美朱の誘惑を払いのける。
うーん、♂として、この誘惑を払いのけたのは、凄いなあと思ったよ
そんな鬼宿の身動きを取れないようにし、いたぶる氏宿。
氏宿の声は、飛田展男
やはり、飛田展男は変態を演じさせると、生き生きとしているなあ。
今、日本で変態を演じさせるなら、
俳優ではデビッド伊東・声優では飛田展男・・・この二人が双璧だと思う(笑)

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE