世にも奇妙な物語春の特別編(4.2)

April 03 [Thu], 2008, 23:58
昨日は、恒例の『世にも奇妙な物語春の特別編』が放映されました。
傑作と呼べる作品はなかったものの、
ここ最近では、まあまあの出来だったのではないでしょうか。
ただ、どれも、以前観たことのあるような作品ばかりだったねえ。
もう出尽くしちゃったのかなあ

・さっきよりもいい人
いいことをしないと、同じ時間に戻ってしまう主人公@伊藤英明の話。
伊藤英明は、こういう三枚目が似合ってると思う。
だったら、外出しないで、一日寝てればいいのに・・・と思いながら観ていたが、
この日一日で済む話ではなく、
しくじると、10年後からすら、この日に戻ってしまうらしい。
不本意にイイことをし続け、失敗すると同じことのやり直し。これは地獄だな

・これ……見て……
「これ……見て……」のがきんちょ、迫力があったなあ。
夜中に会いたくねぇぇぇぇ
効果的な演出・映像も凝ってました。

それだけに、ストーリーが破綻していたのが残念
冒頭の、警察官に「私を殺すのは、あなただ」と言うシーン、ありゃあ、何だったんだ?
『世にも奇妙』だから、深く考えない方がいいんでしょうが。

謎のがきんちょに怪しい映像を見せられ、
恋人にストーカーが付きまとっているのでは?と疑う主人公@戸田恵梨香自身が、
実はストーカーなのは、すぐわかっちゃった。
同僚に「合鍵貰ったの?」って聞かれて、「作った」って答えてたしね。
で、真実が明らかになり、戸田恵梨香が豹変してましたが・・・
がきんちょが迫力がありすぎたせいで、豹変ぶりにまったく怖さを感じられなかったのよね
というわけで、がきんちょの名演技だけに拍手

・日の出通り商店街いきいきデー
映像は凝ってたけど、面白さにはつながってなかった。
これじゃあ、ただの妙ちきりんな物語
船越英一郎は、なぜこんなにもてはやされるんだろう?
そんなに演技がうまいとも思えないのですが。
ゼクトな本田博太郎と風谷真魚でナオミな秋山莉奈も出てました。

・透き通った一日
屋上から転落死した主人公@北乃きいが、
霊となって、人の裏表や自分の死の真相を知っていく話
『スカイハイ』みたいな内容ですね。
保健の先生が、「学校以外で死ねばいいのに」と陰口を叩くのがリアルだったなあ。
主人公が生き返ったり、
教頭が代わりに転落死して、同じ境遇になったのは蛇足だと思った。
その教頭を演じたのは、デンライナーオーナーの石丸謙次郎
石丸謙次郎が出演していたことだけがよかった点だった

・フラッシュバック
他人の記憶を映像で体験できる装置で、
殺人犯の記憶を見るのが趣味の主人公@堺雅人
そのフラッシュバックで追いつめられていく話。

かと思いきや・・・
実は、主人公自身が殺人犯で、
その映像を見ることで家族の有難味を知った上で絞首刑となる。
そして、主人公が絞首刑に至るまでの映像をタモさんが観ているというオチ。

主人公が怪しい装置で別世界にトリップするというのは、
『世にも奇妙』だとありがちだし、
殺人犯が主人公自身だというのは、想像がついたけど、
それでも面白かった。今回は、これが一番かな
だんだん追いつめられていく堺雅人の狂気の演技もよかったしなあ。
以前は、堺雅人は好青年しか演じられないのかなと思ってたけど、
『篤姫』の馬鹿殿といい、狂気に走った人の方が合ってるのかもしれない。
ファンは嫌かもしれないけど。

★今までの感想★
2007春の特別編 2007秋の特別編

ふしぎ遊戯第36話

April 03 [Thu], 2008, 23:55
美朱を汚すことで、朱雀の巫女の資格を失わせようとする心宿
気の力で身動きのとれなくなった美朱に、心宿が語る衝撃の真実
それは、唯ちゃんは汚されてなく、まだ処女だということ。
第12話で男たちに襲われた後、実は、心宿に助けられていたんですな。
でも、失神していた唯ちゃんは何も覚えておらず、
心宿があえて語らなかったために、
自分が汚されたものと思いこんだ唯ちゃんは、リストカットまでしてしまった。
更に、心宿が、心の不安定な唯ちゃんに、
「美朱はあなたを裏切ったのだ」と吹き込むことで、
美朱と唯ちゃんの友情を引き裂き、
唯ちゃんを青龍の巫女に仕立て上げてしまった。
策士じゃのう、心宿
ここまでドス黒いと感心してしまう

一方、美朱を探す鬼宿
その前に姿を現したのは、美朱との・・・を済ませた心宿。
「おまえの探している娘なら、パオの中にいる。
なかなか綺麗な肌の娘だ。
子供かと思っていたが、十分女のカラダをしていたぞ・・・」

なんてショッキングな台詞を心宿に言われ、
そのパオの中に、制服が乱れて失神してる美朱がいるわ・・・で、鬼宿呆然
心宿は、鬼宿がショックを受けた顔が見たくて、わざと言ってるんですよねえ。
悪いヤツですよ・・・そういうトコ、好きですが。

意識を取り戻して、心宿に汚されたと呆然自失の美朱。
泉に入水し、葉っぱで体が傷つくほどゴシゴシして、汚れた体を清めようとしたり、
「私、もう鬼宿のお嫁さんになれないね・・・」
と呟いたり、痛々しい
基本コメディーのこの作品が、ここまでハードになるとは、当時思わなかったなあ。
あと、美朱の危機を知ったら、兄夕城奎介がショックを受けるだろうと、
四神天地書を黙読する梶原哲也、イイやつですわ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE