薔薇のない花屋第10話(3.17)

March 18 [Tue], 2008, 23:07
彼女@本仮屋ユイカを妊娠させた末、捨てたのがバレた神山舜@玉山鉄二は、
安西@三浦友和との交渉の結果、
美桜の父親@尾藤イサオの手術を目前に、病院を追放され、
手術は、安西自ら執刀することに
しかし、案の定、アル中で失敗
美桜@竹内結子に「父親を助けて」と懇願された英治@香取慎吾は、
神山に病院に戻るよう説得するが、
交換条件として、「実の父親ではない」雫@八木優希に告白するよう要求される。

英治が雫に告白することで、
神山が執刀して、美桜パパが救われ、
実の父親ではなかったことがわかっても、雫の英治への気持ちは変わらず、
英治は、美桜や直哉@松田翔太たちに慕われ続ける・・・という終わり方かな。

美桜の盲目の芝居だの、安西の復讐劇だの、
名もなき戦士だの・・・で引っ張ってきたこのドラマも、
どうやら金や地位より愛が大事という結論で終わりそうです。何かチープだなあ
英治の異常なまでの優しさ・諦めきった考え方は、
施設という特殊な環境で育ったため・・・ということで説明終了?
それにしても、美桜にせよ、直哉にせよ、困ったときだけ、英治を頼るよなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

チベットの暴動に思う

March 18 [Tue], 2008, 0:08
チベットの暴動は、未だ沈静化しない。
暴動の直接のきっかけもよくわからない。
チベット人が本当に先に暴動を起こしたのか。
中国当局が仕掛けて大騒動になったのか。
暴動を指導していると言われる僧侶たちが信奉するチベット仏教は戒律に厳しい。
そして、インドに亡命したダライ・ラマ14世は非暴力主義を主張してきた。
普通なら、暴動を起こすとは考えられない。
(僕は、現地に行ったこともなく、ニュース記事を読むだけなのですが)
しかし、非暴力主義に反発する過激一派が、暴動を開始してしまったのだろうか。
死者が100人を超えたという未確認情報も流れるが、
たとえ事態が沈静化しても、
すべての真実が明らかとされることはないような気がする。
中東もそうだが、民族による紛争問題は根深く、難しい。
こういうニュースが流れると、自分の無力感をただただ感じてしまう

この不幸な事件で、ひとつだけ救いがあるとすれば、
町村官房長官が、中国・チベット双方に自制を求めたこと。
思えば、日本は、米国のイラク侵攻の際、武力行使は辞めるよう言及できなかった。
むしろ、ときの小泉総理は、イラクに大量破壊兵器があるという主張を支持してしまった
現在の日本の立場なら、米国や中国に抗議は難しいが、言及くらいはすべきだと思う。
その点で、事態の沈静化を求めた町村官房長官を、僕は評価したい

チベット暴動:「忍耐の限界」…非暴力主義に反発の声
中国チベット自治区で続く暴動に関連し、インド北部ダラムサラなどに亡命しているチベット人の間で、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の「非暴力主義」に反発する声が上がり始めている。亡命チベット人の間で広がる「死者は100人を超えた」という未確認情報もそうした声を後押しする形となっている。中国当局の鎮圧行動が激化すれば、チベット亡命政府が、世界各地に亡命しているチベット人らを制御できない事態に陥る危険性が高まっている。
「もう忍耐の限界だ」。ダラムサラで中国政府への抗議行動をしていた独立支持派「チベット青年会議」のソナム・ダルジー議長が記者団に非暴力による闘争への強いいらだちを示した。同議長は独立強硬派として知られ、若者を中心に支持を集めている。
AFP通信によると、ダルジー議長は「中国当局による残忍な取り締まりと大量虐殺を即時停止しなければならない」と叫び、約1500人の支持者らとともに数百枚の中国国旗を地面に打ち付けた。支持者らは「これまで何百万人ものチベット人が拷問を受けて死んだ。チベットから中国を追い出すまで我々の戦いは続く」と応じ、大量のチベット旗をはためかした。
これに対し、ダライ・ラマ14世は16日の会見で、チベットの独立運動は「非暴力で達成すべきだ」と改めて強調した。14世はこれまで、防衛や外交権を中国政府に譲り渡すことで独立を達成しようと試みたが、中国から無視された。また、国連を含む国際社会の仲介もことごとく中国政府の拒否にあって失敗し、チベット人の若い世代には「亡命政府も国際社会も事態の改善に役立っていない」とのいらだちがある。
今回の暴動はこうした思いを背景に、激しさを増している可能性があり、亡命政府は世界中のチベット人に対し、改めて「暴力の放棄」を訴えるなど対応に苦慮している。

町村官房長官「双方が自制を」 中国政府に異例の要請
町村信孝官房長官は15日夜、チベット暴動をめぐり「かねてよりチベットの人権問題には関心を持っていた」とした上で、「基本的には中国の国内問題とはいうものの、双方が自制して混乱が拡大しないことを望みたい」と述べ、チベット側とともに、中国政府の対応に懸念を表明した。都内で記者団に述べた。政府高官がチベット問題で中国側に自制を求める発言をするのは異例。
また同日夜、児玉和夫外務報道官は「わが国は、中国チベット自治区ラサ市において、市民と当局の衝突により死傷者が出ている現在の状況につき、懸念し注視している。関係者の冷静な対応を求め、今回の事態が早期に、平和裏に沈静化することを強く期待する」とする談話を発表した。
日本政府は従来から「チベットの地位をめぐる問題は中国の内政問題だ」(平成15年4月、日中外相会談での川口順子外相=当時)と、中国政府の主張を支持する立場をとって批判されてきた。チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が昨年11月に来日した際は「宗教活動」として入国を認めたが公式には接触せず、昨年12月の日中首脳会談でも、チベットの人権問題が話題に上ることもなかった。
ただ最近は東シナ海のガス田開発や、中国製ギョーザ中毒事件での中国側の対応に対する不満が国内で出ていることもあり、異例の「自制要請」となったようだ。

米国務長官「チベット」沈静化求める 中国へ配慮、僧侶らのデモには距離
流血を招いたチベットでの騒乱について、ライス米国務長官は15日、「暴力行為が続くことを懸念する」と述べ、事態の沈静化を中国当局に要請した。
また、拘束された僧侶らの身柄釈放も中国側に求めた。
AP通信によると、ライス長官は、中国当局の過剰警備にクギを刺す一方、僧侶らデモ参加者にも行動の抑制を求めた。

篤姫第11話(3.16)

March 18 [Tue], 2008, 0:05
篤姫@宮崎あおい肝付尚五郎@瑛太と再会する・・・の巻。
尚五郎との対面を許したのは、
島津斉彬@高橋英樹粋な計らいか?
バカ殿徳川家祥@堺雅人と結婚させることへのせめてもの罪滅ぼしか?(笑)
誰もいなくなると、幾島@松坂慶子の愚痴をこぼす篤姫が可愛かった
しかし、篤姫と尚五郎の対面を除くと、ほかにまったく見所がないなあ。
日本は未曾有の危機だというのに、これでいいんだろうか?

気になったのは、斉彬の尚五郎への忠告。
「しもじもの者と親しむのはよい。学ぶこともある。
しかし、それらのものたちとそちとは違うのだ。
生来の立場・役割をわきまえ、まっとうする・・・。
そのこと、肝に銘じ、ゆめゆめ忘れるでないぞ。
今はまだわからぬかもしれん。
だが、いずれわかるときも来よう。
それまで、わしの言葉、胸に留め置くことだ。」

西郷@小澤征悦大久保@原田泰造とは棲む世界が違うという事実上の宣告
これから西郷や大久保と行動を共にする尚五郎ですが、
身分の違いに苦悩するときが来るのでしょうか。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE