あしたの、喜多善男第9話(3.4)

March 05 [Wed], 2008, 23:23
喜多善男@小日向文世が自殺するまで残り3日
善男は、最期の日に向けて、そろそろ準備を始めました。
最期の日に着る服を買ったり、遺書を書いたり、カレーを作ったり・・・。
善男がやたらカレーを食べるのも、ひょっとして暗示にかかっている?

一方、その他の登場人物は、今回も複雑な動きを見せました。
矢代平太@松田龍平は、みずほ@小西真奈美との会見の結果、
善男が死ななければ、2000万貰えるという確約を手にします。
みずほは、宵町しのぶ@吉高由里子から、
『善男が自殺したら、小指噛めおじさんに頼んで、仕事を廻さなくさせる』
と脅しをかけられてますからねえ。
これで、保険金殺人をしなくても、借金は何とかなりそうです。

で、善男がカレー粉を作っていたのは、
今までのお礼に、平太にあげるためだったんですなあ
二ヶ月ねかせたら、美味しくなると聞いた平太は、
「じゃあ、喜多さん、作ってよ。
喜多さん、作ってくれたら、一緒に食べるから・・・」

と言い、自殺を思いとどめようとします。
このシーン、ちょっとウルウルしちゃった

襲撃犯から善男を救った杉本マサル@生瀬勝久
保険調査員であることを明かした杉本は、
『三波とみずほは、ネガティブ人格を利用して、保険金殺人を考えていた』
と打ち明け、
『自殺するのはやめて、みずほの悪事を暴こう』
と提案するが、却下されちゃいます。

そして、やはり生きていました、三波貴男@今井雅之
しかし、老けたなあ(笑)。
あまり黒幕という感じはしませんでした。
タイ人ナバさんとして、第二の人生を送っているようです。
みずほの元夫鷲巣元社長を殺害していない、ときっぱり否定した上、
「おまえと俺との関係は11年前になくなった。切れたんだよ」
とみずほを拒絶。
これで、みずほは、心の拠り所を失ったわけです。
しかし、本当に、三波は、これまでのストーリーと無関係なのだろうか。
みずほときっぱり縁を切りたければ、
そもそも電話したり、会う必要はないと思うのだが。
みずほは、三波は死んだと思ってるわけだし。
鷲巣元社長のボートに細工した犯人が捕まったのも、タイミングが良すぎる。
犯人、鷲巣みずほの指示と自供してたけど、片言の日本語だったような。
あと、三波が生きてると知ったら、
善男が三波の命日に自殺する理由はなくなるんじゃないのかな?

みずほだけでなく、平太にも、善男の自殺をとめてと頼んだ宵町しのぶ。
やはり、憎しみからではなく、愛情から自殺をとめさせたかったんですな。
しかし、ここで意外な展開
どうやら、小指噛めおじさんの気持ちは、しのぶから離れてしまったらしい(笑)。
些細といえば些細だが、これで事態は大きく変わるなあ。
しのぶには、みずほを脅す力がなくなったわけで、
みずほに善男の自殺をやめさせようとする理由はなくなったことになる。
2000万出すという平太への申し出も白紙になるだろう。
借金を返す当てがなくなった平太と長谷川リカ@栗山千明はどうするだろうか。
平太はともかく、リカは借金取りと一緒に善男の命を狙いそうだ。
そして、他の社員に重要な提案をしたみずほの部下森脇@要潤
「あなたはあの人の代わりにはなれない」
と言われ、みずほを手に入れる望みを失った森脇の提案事項は、みずほの追放?
それにしても、小指噛めおじさんの影響力は大きかったんだなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

クロサギ第8話

March 05 [Wed], 2008, 23:20
今回、黒崎@山下智久が騙した詐欺師は、
欠陥住宅を販売する協創住宅住宅事業部の榊原@鶴見辰吾
黒崎は、「4億の土地を買う代わりに、土地を買ってほしい」と持ちかけるが、
一週間前に、別の部署のマンション事業部が
何者かに詐欺に遭っているため、なかなか餌に喰いつかない。

そんな黒崎に協力したのは、白サギ白石陽一@加藤浩次
一週間前に、マンション事業部を騙したのも白石。
6ヶ月も前から、大学の理事長として、榊原に接触していた白石の協力で、
黒崎は、2億を騙し取ることに成功。
実は、黒崎への依頼人星谷澄子@大塚寧々は、白石の幼馴染。
しかし、協創住宅の欠陥住宅に住んでた白石の家族は、地震のため、死亡。
仲良かった2人は別々の道を歩み、白石は腐った企業を憎む白サギになった・・・と。
『理系と文系の2人が手を組むと完璧な仕事になる』
というのが、綺麗にリンクされていたなあ

それにしても、氷柱@堀北真希の頭にワインをかけるゆかり@市川由衣の方が
白サギより悪そうに見えるのはいいのだろうか

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

薔薇のない花屋第8話(3.3)

March 05 [Wed], 2008, 0:25
彼女@本仮屋ユイカを妊娠させて捨てた張本人、
そして雫@八木優希の父親でもある神山舜@玉山鉄二が現れました。
いや、まだ彼女の恋人(紛らわしい)や雫の父親と
はっきり描かれたわけではないですが、たぶんそうなのでしょう。
なんと医者だったんですなあ
安西@三浦友和に信頼されてるトコを見ると、
彼女との出逢いは、安西の病院で研修生だった頃かな。

東京タワーで、神山と再会した英治@香取慎吾
相変わらず、英治は何考えてるかわからんキャラで、
観ていてまったく共感できないところが困りもんだ
神山にどういう感情抱いているんだろう?
ずっとポッケに手をつっこんでるので、
『高校教師』みたいに、刺しちゃうのかなと思いきや、
お互いを確認すると抱き合ってます。思わせぶりな
雫の父親を殺しちゃうってことはないか。
で、また名もなき戦士ですか。
どうやら、英治と神山は昔馴染みのようですな。
神山と彼女が付き合うことになって、
英治は彼女と知り合いになったんでしょうな。
で、神山が姿を消した後に、ビデオを撮る役を引き受けた・・・と。
たぶん、英治が彼女に恋愛感情を抱いたことはなかったと思う。
抱いたのは、同情か哀れみか、そんな感情ではないだろうか。
そもそも、英治に恋愛感情があるような気がしない・・・。

終盤になって、やっと美桜@竹内結子が、
彼女を捨てたのは、英治じゃないと安西に伝えてましたが、
なんでもっと早く報告しないんだろ?
復讐の相手じゃないと知ったら、
花屋の資金を出資してくれたかもしれないのに。
自分が破滅させておいて、英治との同居を喜ぶ神経も理解できなかったりする。
生徒がバリケードを作り、本物は誰だ?をやるのを教師が黙認したり、
金持ちの祖父の家に行った途端に、あんなお姫様な服を着せたり、
リアリティーの欠けた演出は野島伸司脚本らしいなあと思った。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

クロサギ第7話

March 05 [Wed], 2008, 0:23
今回、黒崎@山下智久が騙した詐欺師は、
信者から金を巻き上げる自称霊能力者神代正人@和泉元彌
こういう詐欺も後を絶たないねえ
ニュースで取り上げられるたびに、
こんなに新興宗教とか占い師にはまっちゃう人がいるのかと不思議に思ってしまう。
救いを求めている人が多いんだろうなあ

この回は、今や自称狂言師になってしまった和泉元彌の怪演に尽きる。
俳優・狂言師・タレントとしては、まったく評価する気にならないけど、
この役は、はまり役だった。
よくぞこの仕事を引き受けたもんだ。
そして、よくこの人が大河ドラマの主人公に選ばれたもんだ

白サギに詐欺のやり方をレクチャーしつつ、
黒崎に白サギの情報を売る桂木@山崎努は、
実は、黒崎の父親を騙し、自殺に追いこんだ男だった。
しかも、黒崎は、その事実を知っている。
すべての白サギを倒すまでは(そんな日が来るのかね)、
桂木を利用し、最後には、桂木自身に復讐するという算段か。
そして、桂木は、いつの日か黒崎が自分に牙を向けるのを待っている(?)
・・・それが描かれるのは、『劇場版』かな。

それにしても、ヒロインがウザすぎる。
桂木に「もう黒崎を苦しめないで」と嘆願する氷柱@堀北真希も、
黒崎のために、ビラを配るゆかり@市川由衣も。
なんで、こんなに魅力を感じさせない描き方するんだろ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE