人形劇三国志 第63回 関羽・張飛よ安らかに

February 20 [Wed], 2008, 23:59
「・・・永遠のお暇仕ります」
玄徳が見守る中、息を引き取った老将黄忠
関羽・張飛も、激しい戦いの末、
玄徳に見守られて亡くなると思っていたのになあ

張飛の遺体を囲み、その非業の最期を嘆く玄徳と美芳・玲玲
范彊・張達が張飛の首を切って持っていかなかったのは、
制作者のせめてもの慰めだったのでしょうねえ。
でも、何も言わぬ目をつぶったままの張飛の顔は、違和感がありました。
張飛って、どんぐりまなこで、表情が豊かだったからなあ

范彊・張達を孫権がかくまったことを知った玄徳は、呉討伐を決意
孔明が説得しても、まったく聞き入れません。
今までも、孔明の忠告を聞かない頑固なとこがありましたが、
今回はそれとはまったく違いますね。
私情や欲得を捨て、漢王室の人間であろうとしてきた玄徳が、
義弟を失い、初めて私情を優先させた・・・。
蜀にとって、最大の敵国は魏であって、
蜀と呉が戦うことは、その魏を喜ばせることになるのに。
孔明は、例によって、すべてを判っていたはずなのですが、
玄徳の気持ちも判るだけに、それ以上のことはできなかったんですなあ

★今までの感想★
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回 第35回 第36回 第37回 第38回 第39回 第40回 第41話 第43回 第44回 第45回 第46回 第47回 第48回 第49回 第50回 第51回 第52回 第53回 第54回 第55回 第56回 第57回 第58回 第59回 第60回 第61回 第62回

逆境無頼カイジ第20話(2.19)

February 20 [Wed], 2008, 23:57
利根川Eカードで対戦するカイジ
耳につけられた器具が脈拍や血圧、体温の変化を利根川に教えている
と覚ったカイジは、それを逆手に、遂に勝利をもぎ取る
その秘策とは・・・その器具ごと左耳をもぎ取るという壮絶なもの。
この勝利で、カイジ、900万円獲得

しかし、これを勝利と言っていいのかどうか。
900万円の代償に、左耳をもぎ取るかどうかって考えたら・・・僕はごめんです(笑)。
カイジの処刑が見れずに、兵頭会長ご機嫌ななめ
利根川を罵倒しますが・・・左耳もぎ取ったんだから、もうちょっと満足してもいいのでは

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話

あしたの、喜多善男第7話(2.19)

February 20 [Wed], 2008, 23:55
喜多善男@小日向文世が自殺するまで残り5日

「三波はねえ・・・怖い男だったわ。
そこが女にとっては、たまらなく魅力的だったけど。
その女の子を結婚させたの・・・別の男と。」

三波貴男@今井雅之のことをよく知る宇佐美@室井滋から、
衝撃の事実を聞かされる善男。
みずほ@小西真奈美は、三波の指示で善男と結婚したんだねえ
そして、三波とみずほは、入院する前から親密な関係だった。
三波のアドバイスで画集をきっかけに善男がみずほと親しくなったのも、
最初から仕組まれていたものだったんでしょうねえ。
スプーンを持つ手がガタガタ震える小日向さんと
善男とみずほの写真を見てしまう室井滋の演技がうまかったなあ

宇佐美の話は、盗聴マイクから杉本マサル@生瀬勝久にも筒抜け。
「三波も看護士と付き合ってたんですねえ」
まったく事情を把握していない金髪男に笑った。
この人、いい人だ。でも、調査会社には向いてないと思う(笑)。

それにしても、三波がみずほを善男と結婚させた目的は何だったんだろう?
善男と知り合った頃には、三波は既に心理学から離れ、輸入業者となっていた。
でも、その輸入物の会社の業績は良くなかったらしい。
やはり、杉本の推理どおり、保険金殺人を考えていたのだろうか。
矢代平太@松田龍平のように。
今回、平太と会ったみずほは、三波と同じ悪い男の匂いを感じたのかな。

気になったのは、心理学者だったときの三波の研究。
人のネガティブな感情を集めて人格化する・・・。
ネガティブ善男という人格を生み出したのが、三波であるのは間違いないでしょう。
では、なぜネガティブ善男を生み出す必要があったのだろうか。
自分の仮説の証明?
でも、もうこの時点で、仮説が証明されても心理学者には戻れなかっただろうに。
飛行機の墜落事故で死亡したとされる三波ですが、
(たぶん死んでるのでしょう・・・)
それなのに、このドラマを支配している存在感は何だ!?
墜落事故じゃなきゃ、善男かみずほかが殺害したのでは?と疑うところなんですが。

宇佐美の話を聞き、真実が知りたくなった善男は、
みずほの会社の階段で転落して失神
様子を見に来たみずほの前で、目を開く善男。
しかし、それはいつもの善男ではなく、ネガティブ善男!
「本当のことを言うな!
こいつが納得するような嘘を言えばいいんだよ。
驚くなよ。
俺がいるのは、おまえのせいだろ。
この男から解放されたいんだろ。
安らかに死なせてやれよ。」

みずほは、ネガティブ善男の言ってることを理解したのだろうか。
そして、ネガティブ善男の存在を知っていたのだろうか。
みずほが善男の存在・善男との結婚生活を忌み嫌っているのは、
善男の二重人格を知っているからなのだろうか。

三波が何を考えていたのか、謎に包まれているけど、
みずほもまた謎の人だ。
善男のことはあれほど嫌っているのに、
そんな善男と結婚させた三波にはまだ好意を寄せているみたいだし。
悪い男に支配されるのが好きなのかな。
もし、三波が保険金殺人を考えていたとすると、
「三波なら、どうするのか」を考えて、
みずほが保険金目当てに夫を殺害してもおかしくはない気がする
杉本の読みは当たってるのかもしれない。

11日間の出来事で、善男が自殺を思いとどまりたくなるのかな
と思ってきたけど、ますます自殺したくなっちゃいそうな・・・

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE