シゴフミ第5話(2.2)

February 03 [Sun], 2008, 23:52
冒頭で、美しく残酷な詩人 美川キラメキという
ピントのずれた変態キャラが出てきたので、
こりゃあ、何のジョークか?と思ってたら、
この人物こそフミカこと美川文歌の父親だったらしい。
この親父なら、殺されても問題ないような気がした(笑)。

シゴフミの宛先がだったことといい、
フミカとチアキの友情が深まった(?)ことといい、明るいテンポの回でした。
でも、『シゴフミ』に、明るい雰囲気のストーリーは似合わないなあ
あと、フミカがなぜ父親を殺したのか?にもあまり興味ないです。
シゴフミを遺した人・受け取った人を中心に描くストーリーの方が面白いのよね。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話

★2月3日(日)の日記★
東京、雪が降っちゃいましたね
明日明後日は、道路が凍って大変そうだ。
会社に行く途中の歩道橋が、かなりの難関になりそう

破天荒遊戯第5話(2.2)

February 03 [Sun], 2008, 23:51
ルイズご一行が立ち寄った村は、
犯罪者や身元不明の人、疫病で亡くなった人を鳥葬で葬る村。
ルイズの宿泊先の少女ララヴェルは村の人から迫害を受けていた。
懐妊した女性が強盗に惨殺され、鳥葬で葬られた後だというのに、
ララヴェルはなぜか産まれた。
しかも、それ以降、宿の宿泊客がたびたび惨殺された。
そのため、ララヴェルは怪物扱いされていたのだった。

初の前後編の前編。謎の究明は、次回。
ララヴェルは怪物なのか?それとも、無実なのか?
どちらにしても、この話は悲劇で終わるような気がする。
テンポの速さが売りのこの作品には、前後編という展開は向いてないと思った。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話

true tears第5話(2.2)

February 03 [Sun], 2008, 23:48
やはり、湯浅比呂美が好きなのは、仲上眞一郎のような気がしてならない。
自分のマフラーをかけてあげたり、
「そんなことを言うために、この部屋に入ったの?」と意味深な台詞を言ったり、
どうでもいい男にする態度ではないだろう。
4番(乃絵の兄)が好きだと言ったのは、
やはり女友達の詮索をそらすためじゃないのかねえ。
もし、好きだったのなら、石動乃絵と弁当を毎日食べると思うし

「俺、愛子のことなら何でも知ってるさ」
だんだん野伏三代吉が痛々しく見えてきた。
こいつは、安藤愛子の気持ちにまったく気づいてないのだろうか。
愛子はなんで三代吉にセーターを編んであげると言ったんだろう?
女性の顔が切り取られたアルバムは現れるし、そろそろ修羅場な展開になりそうだ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話

機動戦士ガンダムOO第17話(2.2)

February 03 [Sun], 2008, 23:25
新型ガンダムを有するトリニティ兄妹大暴れの巻。
しばらくは、トリニティ兄妹の動向がストーリーの中心になりそうです。
彼らが出てきたということは、プトレマイオスのメンバー(特にスメラギさん)に
不合格の烙印が押されたということでしょう。
しかし、プトレマイオスが不合格だと、ユニオン・人革連・AEUは立場がないなあ

トリニティ兄妹のキャラは、判りやすいねえ。
沈着冷静なリーダー格の長男ヨハン・トリニティ
残忍で好戦的な次男ミハエル・トリニティ
無邪気で小悪魔っぽい妹ネーナ・トリニティ
典型的な悪役のスタイルだよなあ、こいつら。
刹那たちだって、相当物騒で危なっかしいのに、その上をいくとは恐れ入る。
特に、ミハイル、『SEED』アズラエル議長配下の強化人間みたいなキャラだなあ。
こいつは、人殺しを楽しんでやってるよ

そんなミハイル、プトレマイオスでも悪態をつきまくり、
怒ったティエリアが退席する一幕がありましたが(退席するティエリアも大人気ない)、
ミハイル「気分が悪い。退席させてもらいます」
ティエリア「惜しいね。女だったらほっとかないのによ。」

なんてやりとりからすると、やはりティエリアは女性なのだろうか?まさか両性具有
で、ティエリアに女性の感情を戻させてしまうのは、やはり刹那なのかねえ。

トリニティ兄妹に与えられた任務は、ユニオンのエイフマン教授暗殺。
まさか、教授がここで退場とは思わなかった
ガンダムに匹敵するモビルスーツを開発するのは、教授だと思ってたんだがなあ。
亡くなる前の教授の話によると、
ガンダムのエネルギー発生機関を作れる環境は木星だそうで。
120年前の有人木星探査計画が鍵を握っており、
ソレスタルビーイングの目的が戦争根絶などではないと推測するのですが、
口封じにあい、死亡。
謎が明かされるのは、しばらく先になりそうです。

今回の教授暗殺で、明らかになったこと。
それは、ソレスタルビーイングは、武力行使する者たちを制裁するだけでなく、
ソレスタルビーイングの秘密を探ろうとする者の抹殺も厭わない組織だということ
なんか、『デスノート』の夜神月っぽくなってきたなあ。
これは、プトレマイオスのメンバーには相容れないやり方のような気がする。
ソレスタルビーイングの指導者にとっては、プトレマイオスなど駒にすぎないのだろうけど。
そして、秘密を探ろうとした者を抹殺・・・となると、沙慈の姉さん危ないなあ
そしてそして、親戚の結婚式のため、スペインに帰国したルイス
なんとなく、沙慈とは当分会えなくなってしまうような気がしてならない。
ルイスの望みどおり、キスしとけばよかったと、沙慈は後悔することになるのでは・・・。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

ケロロ軍曹(2.2)

February 03 [Sun], 2008, 23:24
ドリルをおしりに刺したい・・・というのは、ヤバすぎる!
おしりに刺されて、ポッと赤くなる面々とか、
夏美のおしりを執拗に襲うギロロ伍長とか、いろいろな面でやばかった

どーせなら、なっちも刺してあげてほしかった。
モアちゃんが刺されたので、十分満足ではありますが

灼眼のシャナU第16話(2.1)

February 03 [Sun], 2008, 23:22
嵐のような学園祭が終わって・・・
近衛史菜の存在は普通の人には忘れられてしまっています。
そのことにショックを受ける吉田一美
これが普通の人間の感覚なんでしょうな。
むしろ、今までずっと一緒にいた悠二が無関心な方がおかしいのでしょう。
もっとも、悠二には今回の一連の流れは衝撃的でしたから、
近衛史菜のことなど考える余裕もないのでしょうが。

バルマスケの狙いは、ミステス破壊による零時迷子の転移だそうで、
(相変わらず、言葉の意味はよくわかりませんが)、
要は、甲冑男を暴れさせたかったってことでしょうね。
ヘカテーが鳥を見て、反応してましたが(彼女は何処にいるんだ?)、
近衛史菜の記憶をインプットしたことがこれから影響してくるのかな?

そして、吉田一美にとんでもない置き土産をしていたフィレス
それは、困ったときに、自分を呼び出せるアイテム。
ただの人間である吉田一美には、悠二のピンチのときに、シャナのように助けられない。
しかし、アイテムを使えば、フィレスが呼び出される代わりに、吉田一美は死んでしまう
それじゃあ、あかんだろ!
と、思うんだけど、
「あなたが本当にここにいたいと思うなら、必ずこれを使う」
というフィレスの言葉が気になる吉田一美。
こりゃあ、使うね、絶対。
それにしても、フィレスは、とことんかき乱すキャラだねえ、やれやれ

もう一人、悩んでいたのは、田中
マージョリーおがちゃんを殺されたのが、相当ショックだったようです。
マージョリーや佐藤とは距離を置くのかな。
ストーリー的には、影響ないでしょうけどね。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話

劇場版デスノート(2.1)

February 03 [Sun], 2008, 0:28
2006年公開作品
『デスノート』、はまったなあ。つづきがどうなるのか気になる作品でした。
連載が終わってから、まったく漫画は読まなくなったなあ。
あれから、面白い漫画は生まれたのだろうか。

で、劇場版のデスノートは、初めて観ました。
観る前は、どうせ原作の雰囲気を壊すだけだろうと思ってたのですが、
なかなか丁寧に作ってたので、感心しました
これなら、劇場版を観てから、『デスノート』の世界が好きになって、
原作を読む人もいただろうなと思いましたね。
夜神月@藤原竜也彼女@香椎由宇がいたり、
南空ナオミ@瀬戸朝香に彼女を射殺させ、自責の念から自殺に追い込むetc
オリジナルなストーリーもあったけど、
『デスノート』の世界観は壊してなかったから、まあいいでしょう。
ちょっと人の行動を操作しすぎる観はありましたけどね。

キャスティングだと、L役の松山ケンイチは、完璧ですね
本作だと、夜神月と対面して終了なのですが、
来週放送の頭脳戦が今から楽しみです。

夜神月は、普通の人のように感じちゃった。
あまり頭が良さそうにも、ガキにも見えなかった。
(僕にとっての夜神月は、知能指数が異常に高いおこちゃまというイメージなので)

意外によかったのが、夜神総一郎を演じた鹿賀丈史
鹿賀丈史の演技が好きなだけなのかもしれないけど。
原作とまったく違うのになあ。よく鹿賀丈史をキャスティングしたよなあ。

あまり出番のなかったミサミサこと弥海砂@戸田恵梨香
戸田恵梨香の可愛らしさは、ミサミサっぽいねえ
ただ、この子、意外と声低いねえ。
ミサミサも後編で活躍することでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE