みなみけ〜おかわり〜(1.6)

January 08 [Tue], 2008, 23:38
昨年12月にいったん終了した『みなみけ』が、
なぜか制作会社が変わって、新バージョンで戻ってきました。
でも、正直、がっかりな内容。
絵が変わっちゃった違和感は、しょうがないと思うのだ。
でも、テンポがアクティブになったせいで、
以前の緩んだほのぼのさが無くなっちゃった気がします。ばかやろぉ
『みなみけ〜おかわり〜』になって面白くなったと感じる人もいると思いますが、
僕は以前のテンポの方がよかったです。
『先生と二宮君』はやらないのかな?しょーもなさが好きだったんですが

怨み屋本舗SP(1.6)

January 08 [Tue], 2008, 23:33
以前、深夜ドラマで放映されていた『怨み屋本舗』がSPで帰ってきました。
放映されたのは2006年7月〜9月なので、結構経ってますね。
怨みや憎しみを持った人から、金で復讐を代行する怨み屋本舗
人間の嫌な部分・醜い部分が描かれた、かなりダークな作品でした。
今回、SPを放映したということは、好評だったんでしょうね。
観終わった後、後味の悪さを感じつつ、次回を見ずにいられない作品でした。
怨み屋を演じたのは、『特捜戦隊デカレンジャー』のジャスミンこと木下あゆ美さん。
相変わらずミステリアスな顔立ちがお美しい
デカレンは2004年の作品。もう随分前の作品になっちゃったんだなあ

今回のSPで、怨み屋が受けた依頼は三件。
第一の案件は・・・
猛暑の中、パチンコに熱中し、車の中に子供を置き去りにして
死なせた妻@馬渕英俚可に対する夫@吹越満の復讐。
しかも、この妻、夫と別れて、浮気相手とくっつきたいが故に、
邪魔な子供を故意に置き去りにしたという鬼畜ぶり
そんな鬼畜な妻への復讐方法は、
灼熱のパチンコ玉を大量放出させて焼き殺すという凄まじいもの
苦しみながら死んでいく妻の姿を見て喜ぶ夫の表情にひいたのは僕だけか?
あと、妻の浮気相手も復讐のターゲットにされちゃったけど、
あの男は、そんなに悪くないと思うんだけどねえ。悪いといえば、悪いけどさあ。
まあ、怨み屋は勧善懲悪で仕事してるわけではないから、しょうがないんだけどね。

第二の案件は・・・
父親を殺害した引きこもりの息子白川タカヒコ@竹山隆範に対する家族からの復讐。
経営する病院の名前に傷がつくので、警察に引き渡せないが故の死刑判決

そして、第三の案件は・・・
タカヒコ殺害を依頼した姉由紀@三浦理恵子、由紀の夫@小林正寛、
由紀の妹@小阪由佳
に対する復讐。
その内容は白川家の爆破と全員の皆殺し
しかも、それを依頼したのは、由紀の娘美咲@美山加恋
第二の案件が依頼された時点で、白川家で第三の依頼があるだろうなと思ってましたが、
美咲がするとは思ってませんでしたねえ。
虐待されていた由紀の母親が依頼人になると思ってましたよ。
医者以外の道は許されない家で、
なりたくもない医者になり、母親のような人生を送るか、
医者になれず、タカヒコのような人生を送るかの二択しかなければ、やっちまうか・・・。
でも、悪いのは、由紀たちの母親だと思うぞ。
由紀もどうやらタバコの火とか押しつけられた末、医者になったようだし。
自分が親から受けた教育を娘にもしたということだろう。
娘への仕打ちを黙って見ていた母親には、被害者ヅラする資格はないと思ったねえ

怨み屋を追いかける寄木聡警部@きたろう
本編最終回の後、殺害される運命にあったはずなのですが、
このSPは、本編最終回より少し前の出来事なのかな。
白川家の爆破に巻き込まれた後の包帯姿は・・・コントみたいでした
さて、続編はあるのでしょうか?

★1月8日(火)の日記★
今週から、『ランチの女王』の再放送がまた始まってます。
以前、書いた感想はこちら
またかよ!と思いつつ、また録画して、夕飯食べながら、観ている。
これ観てると、御飯が美味しく感じるのよねえ

チーズケーキファクトリーを運営してる会社が破産したそうです
詳しくはこちらを。結構、ショック
潰れるとわかってたら、もうちょっと買いに行ったのに。
あるのが当たり前に感じてたものが、ふいになくなると、寂しく感じるね

篤姫(1.6)

January 08 [Tue], 2008, 1:14
今年の大河が始まりましたね。
天璋院篤姫
以前、フジの『大奥』では、菅野美穂が演じてました。
篤姫が大奥で暮らしている間に、
世の中では明治維新に向けて大きな動きをしていくという展開になるのかな。
出だしとしては、人間関係とか判りやすくてよかったと思います。
宮アあおいの演技は初めて見ましたが、甲高い声だねえ
長澤まさみみたい。ちょっと拒絶反応が
今回も菅野美穂にやってほしかったなあ。

篤姫がまだ少女の頃の話ということで、
薩摩藩当主は、まだ島津斉興@長門裕之
篤姫の養父となる斉彬@高橋英樹久光@山口祐一郎の父親。
この三人のキャスティングはいいねえ
特に、斉興が耄碌してそうなのがよかった

徳川将軍家の方は、現将軍は徳川家慶@斉木しげる
篤姫の夫となる家定@堺雅人の父親。
家定は精神的に問題があった人物だったようで、
堺雅人のキャスティングはどうなんだろうと思ってましたが、
第1話を見るかぎり、なかなか良さそうですね。
しかし、薩摩から嫁入りして、
初めて見る旦那があれじゃあ、世の中に絶望しそうだなあ

『篤姫』のキャスティングで最悪だと思ったのは。
(あえて最悪と言わせてください)
大久保利通を演ずるのが原田泰造だということ
ファンの方、ごめんなさいm(_ _)m
受けつけないんですよ、原田泰造の演技。
演技という言葉を使いたくないくらい。

今回は、於一(篤姫)が薩摩藩の政治指導者調所広郷@平幹二朗
抗議をしようとして、逆にやりこめられていました。
このシーンがあったことに満足
明治維新の原動力となった薩摩藩。
その薩摩藩の500万両あった借金を帳消しにして、
逆に、財政豊かな雄藩に変えたのは、調所の功績でしょうからね。
調所広郷の存在がなければ、明治維新はなかったかもしれません。

仮面ライダー電王第47話(1.6)

January 08 [Tue], 2008, 1:11
『俺の最期にお前が泣いた』  脚本:小林靖子 監督:長石多可男
『電王』も今回の放映を終えて、残り2話
今回、キンタロスデンライナーを去り、愛理姉さんカイの手に落ち、
いよいよ終盤戦という感じです。
未だ謎の部分が多いし、うまく消化してほしいものです。
何だかんだ言って、ラストバトルはオーナーvs駅長というオチになるんじゃなかろうか(笑)。

『俺の最期にお前が泣いた』というタイトル・これまでの平成ライダーのパターンから、
今回はキンタロス散華の回か!?と思われたのですが、
・・・最期という感じはあまりしませんでしたねえ
キンタロスが電王アックスフォームに変身できたのは驚きましたが。
過去の世界に置き去りになり、もうデンライナーに乗れなくはなりましたが、
最終回でひょっこり姿を現しそう。ジークも現れるのかな。
良太郎との何気ない会話を利用して、契約を無理矢理成立させ、
自ら犠牲になろうとしたキンタロスの心意気はよかったんだけど、
もうちょっと「泣けるで」なストーリーにしてほしかったです。

キンタロスがあえて自ら盾になったのは、
もう残された時間はあまりないことを覚ったからでしょうね。
そして、モモタロスウラタロスも、既に同じ覚悟をしている。
モモタロス達が消滅に向かっているのは、悪いことではないんですよね。
カイやイマジンの望む時間に向かう可能性が低くなってるってことを意味しているわけで。
デンライナーに戻れなくなったキンタロスを
モモタロスとウラタロスがあえて見ようとしなかったのが印象的でした。
特に、背中を向けていたウラタロスは、残された時間に何ができるかを考えていそう。
次回予告の裏切りも、なんとなく察しがつきますねえ。次回こそ、泣ける気がします。

カイ「誰かの記憶がなきゃ存在することもできないくせに。
どうしょうもないよなあ、おまえらは」
イマジン「それもおまえがろくでもない特異点だからだ」

良太郎&タロウズとは対照的に、まったく信頼しあってない構図に笑った。
イマジンからしてみれば、これまでカイの作戦に付き合って、
桜井さんを襲ってきたのに、すべて無駄足だったわけだからなあ。
「なんでおまえみたいなのが分岐点の鍵なんだ?」
愛理姉さんの体に手をつっこみながら、カイが言ってましたが、
要するに、カイは、どうすれば自分たちの時間に持っていくことができるのか、
何もわかっていなかったのでしょう。視聴者と同じレベルだったわけです。

次回予告だと、愛理姉さんはやはり妊娠していたようですね。
結婚前の性交渉はけしからんとか野暮なことを言ってはいけません(笑))

ここまでの流れを書いてみると、
(本来の時間)
桜井さんと愛理姉さん、2007年4月か5月に結婚式を挙げる予定だった。
          ↓
愛理姉さん妊娠(2007年8月出産予定)。結婚式を2007年2月に早めることにする。
          ↓

2007年1月10日 カイ&イマジン襲来、桜井さんや愛理姉さん消滅。
          ↓
(新世界)
現在、特異点である良太郎が、愛理姉さんと暮らしているので、
2007年1月10日の出来事はなかったことに。
桜井さんが消滅したため(?)、愛理姉さんに桜井さんの記憶はない。
桜井さんが消滅し、良太郎が愛理姉さんの妊娠を覚えていないため(何故?)、
愛理姉さんの妊娠の事実もなかったことに。
桜井さんと愛理姉さんの娘ハナ(本名?)は、本来の時間を失う。

こんなトコかな?

あと、デネブも消滅に向かってるはずなのよねえ。
あまりそんな感じは受けないのですが。
感動のお別れのエピソード、侑斗とデネブもよろしく♪

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 電王vsしん王 第27話 劇場版 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話

獣拳戦隊ゲキレンジャー(1.6)

January 08 [Tue], 2008, 1:06
新年最初のスーパーヒーロータイム
もう戦隊もライダーも、新作のCMが流れ、
『ゲキレン』『電王』も、最終回が近いと感じさせます。

で、今回のゲキレンは・・・うーん。
四幻将スウグジャンの父親としての意識を取り戻すことで、
『マジレン』のウルザードが父親の記憶を取り戻したときのような
感動のエピソードにしたかったんでしょうが・・・いかんせん、尺が短すぎたねえ。
これまで、ダンとジャンの絆・スウグとジャンの因縁が描かれてなかったしなあ。
一年かけて、父子の絆を描いてきた『マジレン』との差を感じてしまいました

ゴウの滝修行も今更って感じ。
元は同門の仲間で、裏切者の理央様を許せないと感じていることにしたいのなら、
もっと前から、理央様に闘志をぶつけるように描くべきだったと思うよ

メレちゃんは、今更ながらロンの胡散臭さに気づいたご様子。
でも、このパターンは、口封じされちゃうケースが多いんだよねえ

★今までの感想★
第10話 第20話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE