ゼロの使い魔〜双月の騎士〜(9.23)

September 25 [Tue], 2007, 23:42
「名誉は貴族にとって命より大事」
というルイズの考え方に反発してきた才人が、
ルイズを護るため、死を覚悟して七万の敵軍に突撃する!
・・・のは、いいんだけど、
謎の妖精に何だかよくわからないまま助けられ生還するというオチは、
最終回とはいえ、ひどすぎると思う。
戦争も終結していないし、敵の仮面の女の正体や目的も謎のまま。
仮面の女に至っては、最終回、登場もしない。
二期から登場したルイズの姉たちもあまり活躍せず、
描かれなかったキャラも多い。
アニエスの復讐劇に時間を使いすぎて、
残り時間が足りなくなり、収拾つかなくなったのだろう
三期、まだ作るのだろうか。
二期だけを評価すれば、失敗だと思います

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

HERO特別編

September 25 [Tue], 2007, 23:38
昨年7月に放映したHERO特別編
ドラマレジェンドスペシャルとして、一昨日放映されていました。
劇場版の宣伝になるし、いずれ放映するとは思ってました

山口県虹ヶ浦支部に異動になった久利生@木村拓哉
そして、起きる殺人事件。
容疑者は、町の有力企業鴨井産業専務滝田@中井貴一
滝田の供述に納得できない久利生は、独自で捜査を開始する。

連続ドラマのHEROが好きだったのですが、
ここ最近のキムタクドラマがいまいち面白くなかったので、
不安混じりに、昨年7月観たHERO特別編。
感想は、正直なところ、いまいちでした。
真実を追求する検事久利生の姿、
そんな風変わりな久利生が周囲に影響を与えるところ、
被疑者の供述の裏に意外な真実があるところなどは、
連続ドラマ時と変わらないのだけど、
やはり、HEROは、城西支部が舞台じゃないとねえ。
城西支部の個性ある面々がいてこそ、面白いのであって、
久利生は、城西支部の一部に過ぎないと感じたものでした。
劇場版は、城西支部が舞台のようなので、面白いと思いますが。

堤真一の演技が光る特別編でした
堤真一は、どの作品も印象に残るなあ。
秋の『SP』というドラマに出演されるそうで、期待してます。

★2009.11.28追記★
三回目の視聴。
『劇場版HERO』を視聴済ということで、
この後の展開があると判った上で観たら、この特別編も悪くないと思えた
城西支部の雰囲気の方が好きですけどね。
真実を徹底的に追究する久利生@木村拓哉の姿勢から、
津軽@堤真一泉谷@綾瀬はるかをはじめとする虹ヶ浦支部の人たちが
次第に影響を受けていくというのがいいね。
「もう少し、あなたと仕事がしたかった・・・」
序盤は久利生を敬遠していた津軽が、別れ際に久利生に語るトコもよかったなあ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE