仮面ライダー電王第34話(9.23)

September 24 [Mon], 2007, 1:24
『時の間(はざま)のピアニスト』  脚本:小林靖子 監督:長石多可男
過去の世界でイマジンに消滅させられた人や物は、どうなるのか?
地味ながら大事な疑問が明かされましたねえ。
答えは、覚えている人間が存在すれば、元通りになる
理論はよくわかりませんが、
『電王』の世界だと、イマジンを倒すと元通りになるようです。

「ピアノが欲しい」という契約内容なのに、
クラーケンイマジンがピアノを奪ってきても、契約完了させなかったピアノの男
なるほど、意識不明の入院患者奥村に聴かせるためのピアノが欲しかったんですな。

過去の世界でクラーケンが大暴れし、奥村やその他の人々と共に犠牲となるピアノの男。
電王がクラーケンを倒した結果、奥村やその他の人々は元に戻るが、
ピアノの男だけは元に戻らない。
世間と交際を断ち切っていたため、誰もピアノの男のことを記憶していないから。
奥村が意識を取り戻さないかぎり、ピアノの男は現実の世界に戻ることはない。
永遠に時の狭間を彷徨う・・・。
この終わり方は切ない
でも、美しい。久しぶりに、『電王』で胸を打たれた
詐欺師のウラタロスが熱くなるにふさわしいストーリーだった。
ピアノの素晴らしさを共有できた唯一の友・奥村のいない世界を
もともとピアノの男の心は遮断していた。
ピアノの男にとっては、現実の世界に戻れないことは、どうでもいいことなのかもしれない。

でも、奥村以外に、ピアノの男を記憶している人物がいる。
良太郎侑斗、コハナだ。
奥村の病室の看護婦は、ピアノの男の姿を見ただけで記憶はしてないのだろう。
U良太郎、看護婦さんと顔近かったなあ
特異点は、他者の影響を受けないと同時に、
他者にも影響を与えられない存在なのかもしれない。
劇場版での侑斗の台詞「人が覚えているかぎり、時間は存在する」
桜井さんが言い残した「過去が希望をくれる」
桜井さん復活の鍵は、やはり愛理姉さんの記憶か。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 電王vsしん王 第27話 劇場版 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話

獣拳戦隊ゲキレンジャー(9.23)

September 24 [Mon], 2007, 1:22
大地の拳魔マクと怒臨気対決する理央様ですが、やはりまだ敵わない。
降参した理央様にとどめはささないマク。
いつでも倒せる自信?甘いですが、意外と寛大ですな。
それにしても、拳魔カタ&ラゲクは、すっかりマクの腰ぎんちゃくになっちゃって

ケンと正々堂々戦って操獣刀を奪おうとするメレちゃん
戦いは優勢だったけど、他のゲキレンの邪魔で操獣刀を奪うことはできない。
で、ロンがそそのかしたとおり、卑怯な手段を取った結果、操獣刀奪取に成功。
卑怯な手を使った絶望感から、怒臨気まで修得。
でも、メレちゃんって、そんなに正々堂々ってこだわるキャラだったかな。

やっぱ、ゲキレンは、臨獣殿サイドの人間(?)ドラマの方が面白いな。
「正々堂々」と言いながら、五人がかりで1人の敵を攻撃する
ゲキレンジャーに違和感を感じました。戦隊じゃタブーだけどね

★今までの感想★
第10話 第20話 第21話 第22話 第23話 電影版 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話

ひぐらしのなく頃に解(9.22)

September 24 [Mon], 2007, 1:19
皆殺し編其の六
とりあえず放送ができてよかったなっと(TVK視聴者です)。
ただ、登場人物が死んでいくのは、次回からのようだし、
来週から放映中止もありうるかなかな

圭一たちの行動が雛見沢住民を動かし、
圭一の影響を受けた梨花ちゃんの説得が沙都子を動かす。
沙都子の叔父が逮捕され、無事救出される沙都子。
めでたしめでたし

・・・には、ならない。
皆殺し編の黒幕は鷹野三四の方だったか。
沙都子は大いなるフェイクだったのね。やられたよ。
富竹の前で突如態度を豹変し、
冷酷な本性を見せたところは、いかにも『ひぐらし』っぽかった。
でも、本当に怖いのは、打ち切りだ

★今までの感想★
第1話 厄醒し編其の壱 厄醒し編其の弐 厄醒し編其の参 厄醒し編其の四 皆殺し編其の壱 皆殺し編其の弐 皆殺し編其の参 皆殺し編其の四 皆殺し編其の伍

自民党総裁選

September 24 [Mon], 2007, 1:07
自民党の新総裁が、福田康夫元官房長官に決まりました。
総理大臣である安倍晋三氏が、もう過去の人のような
気がするのが、ちょっと不思議ですね。

総裁選が終わって、まず思ったのは、
自民党は演出で民主党に勝ったかなっと。
ここ一週間ほど、自民党の総裁選のニュースばかり流れていたせいで、
参院選で民主党に惨敗した記憶を、
人々から払拭させることには、成功したんじゃないかなあ。

そもそも安倍総理が突然辞任したためにおこなわれた総裁選。
本来なら、この時期は、国会が開かれていたはず。
安倍総理の無責任な辞任のせいで、今、日本の政治は、空白な状態。
いじめ自殺や台風の被害があっても、内閣は機能していない。
自民党員でもなく、投票権もない僕は、
人々の前で堂々と演説する福田氏と麻生氏はおかしいんじゃないかと思ったよ。
同じ党の党首が突然辞任したことで、国民に迷惑をかけてるんだから、
平身低頭な態度で選挙活動すべきじゃないかねえ。
特に、麻生氏は、安倍内閣の重鎮だった人なんだから、辞任にも責任があると思う。
人前で笑顔で演説する資格はないと思うんだけどなあ。
今日、ニュース観てたら、同じような意見の人がいたけど、
そういう人も含めて、世間の注目を浴びることには成功していたなあ。

批判ばかりしたので、自民党をフォローしておこう。
ニュースやブログ、掲示板を見ていたら、
福田氏が立候補した途端、派閥の領袖が支持する声明を出し、
福田氏が圧倒的有利な状勢になった今回の総裁選を、
「自民党は、派閥重視の時代に逆戻りした」と批判する声があった。
それは違うと思う。
安倍総理も、大多数の議員のいる派閥が支持を表明し、誕生した。
意見が異なる公明党と手を組み、与党の立場を維持している。
多数派工作をして、派閥を組み、多数決で勝つ。
自民党の体質は、よくも悪くも、昔から何も変わってません。
フォローになってないか。すまん。

ただ、福田氏が総裁に選ばれたことにはホッとした。
今の日本の平和をいつまでも続かせるには、
憲法9条を含む憲法第2章 戦争の放棄は、永遠に変えるべきではないと思っています。
安倍総理や麻生氏の目指す戦後レジームからの脱却とやらは、僕には怖かった。
福田氏は、改憲には慎重な考えのようだ。しばらくは、心配はないだろう。
とにかく早く政府を正常な状態に戻してもらいたいものです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE