山田太郎ものがたり(9.14)

September 15 [Sat], 2007, 21:54
山田太郎ものがたりも最終回
太郎@二宮和也は、やはりアメリカ留学を辞退し、
御村@櫻井翔隆子@多部未華子と同じ大学に進学しハッピーエンド。
エアギターのシーンが長くて、ビデオ早送りしてしまった。
三人のエアギターが優勝にふさわしいシロモノだったかどうかは、
触れないであげよう

出だしはよかったんだけど、途中で失速してしまったような気がする。
このドラマの見所って、
@太郎を王子サマだと勘違いしている隆子たちと山田家とのギャップ
A貧しくても温かい山田家の家族愛
B太郎と御村の友情

の三点だったのだと思うけど、
感動できる内容にしようとしたのは、間違いだったと思う。
女帝みたいにはじけた内容にした方がよかったのに。
あのしょうもない両親の姿を見たら、
家族のために献身的に働く太郎の姿を見ても感動できなかった
感動させたかったのなら、親の設定を変えるべきだったと思う。
原作があると難しいのかもしれないけどね。
太郎と御村の友情は・・・ジャニーズには興味ないからねえ(笑)。
ジャニーズファンをはじめとする女の子たちには、面白いドラマだったのでしょう。

山田太郎ものがたりは、女帝とセットとして観てました。
局は違うけどね。
東京では、女帝は午後9:00-10:00にテレ朝で放映、
山田太郎ものがたりは、午後10:00-11:00にTBSで放映
カネという要素の強いドラマなのに、まったく正反対な内容
僕にとっては、
女帝味の強い焼肉のようなドラマで、
山田太郎ものがたり食後のガムのようなドラマ・・・だったかな。
女帝を観た後のお口直しにはちょうどいい内容でした

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

女帝(9.14)

September 15 [Sat], 2007, 21:24
女帝も遂に最終回
じゃあ、最後に感想書いちゃるけん♪

独立する彩香@加藤ローサの保証人になったことが発覚して、
退陣を迫られる尾上総理@伊原剛志
このピンチに、尾上総理、記者会見で「彩香は娘です」と告白。
娘を想う父親の心情を語ると、
先まで批判していた議員たちがなぜか尾上を支持。
TV局の回線がパンクするほど、尾上支持の電話・メール・FAXが殺到
なんだ、この尾上劇場は。  ふざくんな!!
尾上コール♪まで飛び交っているし、腹抱えるほど、大笑いしました

あとは、展開が速かったね。
彩香が庶民の娘ではないと知ったせいか、梨奈@酒井彩名があっさり謝罪。
クラブ「彩香」がオープンして、彩香がママになり(着物、似合ってねぇぇぇぇ)、
直人@松田翔太は脳腫瘍で他界、
彩香は、直人との娘を産んで、本当のママになる・・・と。
どうせなら、直人には、宗方コーチよろしく、
「彩香、女帝を目指せ」と最後に言い残して欲しかったな

感動したり、考えさせられることはまったくなかったけど、
はじけた内容で楽しませてもらいました。
ありえない設定、ありえない台詞、大げさな効果音、
かつての大映ドラマを彷彿させる面白さでした。
一昔前なら、彩香を堀ちえみ、直人を松村雄基、梨奈を伊藤かずえで
キャスティングしていたことだろう。
あと、酒井彩名の体当たり演技に拍手を送りたい

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE