パパと娘の7日間最終話(8.19)

August 20 [Mon], 2007, 21:03
伝説の桃を食べた後、崖から落ちた結果、
元に戻るパパ@舘ひろし小梅@新垣結衣
おばあさんの台詞だと、伝説の桃を食べただけでは入れ替わることはなく、
相手を思いやる気持ちが必要だということ。
ということは、関係が悪化していた第1話で、
すでに、小梅もパパのことを大事に思ってはいたんですね。

二人が意識を取り戻した日は、御前会議の日
そして、健太先輩@加藤成亮の試合の日。
しかし・・・

試合は、健太先輩、負けてしまいます。
落胆する健太先輩に
「勝って成功するより、必死で頑張って一生懸命やっている人の方が偉い」
と励ます小梅。

御前会議は、パパが会社に着いたときには終わっていました。
しかし、パパは諦めなかった。
社長@江守徹を呼びとめると、自分の思いをぶつける。
「今まで、上に従うのが仕事だと思ってきました。
一介のサラリーマンが何を言ったって無駄だって。
でも、そうやって会社のせいにして甘えてきたんです。
会社なんて、そんなもんだって思うことに慣れてしまっていたんです。
でも、私は、会社だってまっすぐに何かをぶつければ
応えてくれるってことを信じたいんです。」

一社会人として、僕も信じたいですねえ
改革の必要性を感じていた社長は、パパの話に共感し、
定価500円でコンビニで販売というプロジェクトチームの案を採用。
カラダが入れ替わる前のパパなら、諦めていたんでしょうね。
パパと小梅が入れ替わることで、
二人の関係が良好になっただけでなく、
人間的に成長したと感じさせるところがいいですなあ

パパと小梅の活躍の結果、
プロジェクトチームが部に昇格。
パパが部長と思いきや・・・新任の部長は桜木@高田延彦の側近。
桜木はパパをライバルと見なし、早めに消そうとしたのか・・・
ここら辺のいやらしさは、会社らしいなあ・・・と思いきや、
パパは新たに設置する改革推進部の部長
桜木、悪いヤツではなかったんですな。
健太先輩は推薦入学が決まり、
小梅と健太先輩の仲も順調なご様子。
あの西野さん@佐田真由美中嶋@八嶋智人とイイ関係になったようで、
まさにハッピーエンドな最終回でした。

しかし、元に戻りはしたが、パパには後遺症が残っちゃったみたい。
小梅と健太先輩のデートを妄想するパパが凄かった。
あの花のバックは何だ。
どうやら自分が健太先輩とキスするところまで妄想してしまったらしい

あと、朝っぱらに、小梅の部屋に行って、
「うそぉ、また入れ替わっちゃったの?マジでぇ??」
って、冗談を言いに行くパパ。お茶目すぎます。
パパ「面白くなかった?」
小梅には不評だったようですが・・・面白かったです

というわけで、パパと娘の7日間の最終回でした。
毎回、笑えるのに、ほろりとさせられるドラマでした。
今期僕の中では一番のドラマだったなあ。
終わってしまったのが寂しい
そして、舘さんのキモい演技がもう見れないのが寂しい
新垣結衣の演技もよかったけど、
やっぱ、このドラマは、舘さんがいたからこそ成り立ったドラマだったなあ。
シャンプーハットを「懐かしいな」とかぶってた舘さんは、
なんか自宅でもやりそうな感じがしました。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE