仮面ライダー電王第28話(8.12)

August 13 [Mon], 2007, 21:15
『ツキすぎ、ノリすぎ、変わりすぎ』  脚本:小林靖子 監督:石田秀範
第27話・劇場版のつづきに当たるストーリー。
牙王一味を倒し、現代に戻ってきた良太郎
ハイジャックから救われた感謝のつもりか、デンライナーはお祭り気分
モモタロス、お面かぶってたが・・・お面要らないと思うぞ
あと、ナオミ「ウラちゃん、臭い」って言われて、
「磯の香りって言ってよ」と返すウラが面白かった
でも、どっちかというと、キンタロスの方が臭そうな気がする

前回、宝石泥棒のと契約したブラッドサッカーイマジン
池の「宝石を取り戻したい」という願いから、女性を襲ってましたが、
飛田展男の変態チックな声がよかった。変態な声やらせたら、ピカ一だ
そういえば、宝石泥棒加藤&池は、イマジンと契約完了後、
どうなったかは描かれなかったなあ。うーん、まあ、いいか。

お祭りモードなデンライナーですが、異変が・・・。
ウラタロス・キンタロス・リュウタロスのカラダが、消滅しかけている?
『龍騎』でのミラーワールドにいられる時間がタイムリミットになった状態みたい
良太郎は、クライマックスの際、モモタロスと戦ったことは憶えていても、
ウラタロス達と戦ったことは忘れている。
ウラタロス達は、忘れている時間帯の良太郎に憑いている状態なのだ。
正直、よくわからんが、そういうことなのだ
造型で表情もないタロウズ達なのに、寂しそうに見えるのが不思議だ

「僕、モモタロス達が憑いてなければと思ったことがあるんだ、何回も。
ウラタロスのせいで寝不足になるし、
キンタロスが憑くとカラダじゅう痣だらけになるし、
リュウタロスなんか、僕をやっつけて、車掌になるって・・・ありえないよ。
モモタロスだけでも大変だったのに。
それでも、みんなのいるデンライナーが好きみたいなんだ。」

良太郎って、自分の苦痛を口にしない人だと思う。
それでも、やはり、いろいろ思うところはあったんだなあ。
これだけ変身後や変身してない間に、代償のある仮面ライダーも珍しい。
そりゃあ、タロウズがいなければと思うのも当然だろうね。
でも、もうすぐいなくなると知ったときに、大事な存在だったと思い知らされる。
うーん、切ないねえ

良太郎がデンライナーに戻ったときには、ウラたちは砂に・・・。
白一色の砂というのが物悲しい。
オーナーの忠告に従い、砂を両手に何かをイメージする良太郎。
すると、砂の中から携帯電話ケータロス
結局、ケータロスのお蔭で、ウラたちは復活するのですが・・・
良太郎の記憶がないため、ウラたちが消滅したことや
良太郎の繋がっていたいという気持ちから、ウラたちが復活したことは、
劇場版のラストの侑斗のメッセージに通ずることなのだろう。

ブラッドサッカーイマジンと交戦中、初登場の電王クライマックスフォーム
変身時、何が起きているのかわからずあたふたするモモが面白かった
ソードフォームは、この戦い、パワーアップしなくても勝てたでしょう。
パワーアップのためでなく、仲間を甦らせるための新フォーム登場は初めてですね。
クライマックスフォーム自体は、あまりかっこいいとは思えなかったです
ライダーキックはよかったけど。

そんなわけで、クライマックスフォーム登場というよりは、
ウラたちの復活という感じのストーリーでした。
普段はいがみ合ってるモモ、イマジンが嫌いだったハナが、
消滅しかけているときはこっそり泣いていて、
復活したらしたで、こっそり泣いていたのが印象的でした。
しかし、デンライナーを破壊するとは、やはりハナ、恐るべし

そして、公式HP見たら、侑斗のカードが残り2枚!!
やはり、クライマックスで使い過ぎたか。
さて、補充されるのか?どうなる?

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 電王vsしん王 第27話 劇場版

獣拳戦隊ゲキレンジャー(8.12)

August 13 [Mon], 2007, 20:51
「兄さんの時間が止まっていた間も、僕は僕の道を歩いてきたんだ」
今まで、レツというキャラには、まったく魅力を感じなかったが、
この台詞はよかった

レツの兄ゴウは、長い間、時間がとまってたんですね。
そのため、年を取っていないらしい。
来たるべき戦いのために、若さを保ったのか?
いきなり若返った“聖闘士星矢の老師”みたいですな。
しかも、強いだけではない。
「昔と全然変わってないわ。まるで年を取るのを忘れたみたい」
と話しかけるミキ@伊藤かずえに対して
「ミキは綺麗になった・・・」
と、当たり障りのない返答をするそつのなさも身に備えてますな

で、やはり、理央様の怖れてた男も、ゴウのようですね。
禁断の激技で、獣人になったらしい。
ゴウの場合は、未熟だったから、人間に戻れたようです。
ただ、獣人化すると、記憶がなくなるようですな。大丈夫か、こいつは?
そして、拳聖や拳魔も、修行の果てに今の姿になったんですなあ。

ここで、疑問に思うのが、不闘の誓いの存在。
「完全な獣になってしまうのを避けるため、不闘の誓いを守る」のなら、まだ判る。
伊藤かずえが獣になったら、娘との生活も支障をきたすだろうしね。
でも、完全な獣の姿の拳聖は、なぜ不闘の誓いを守らなければならないんだろう?
そこら辺は判りませんが、ゲキレンジャー危機の際、
我が身を省みず、拳聖や伊藤かずえが戦うときが来ると面白いなあと思ったりもします。
拳聖たちが不闘の誓いを守るのって、要するに、ゲキレンに余裕があるってことだもんなあ。

大地の拳魔マク「今こそ捲土重来を期し、激臨の大乱を起こす。
                 カタ、ラゲク、出陣じゃあ

拳魔には、不闘の誓いはないのかな?
それとも、マクが気にしないタチなのか?
なんとなく、後者のような気がします。
それに対して、カタは、若い人たちに任せましょうと進言。
ラゲクも、理央ちゃんメレちゃんは役に立つわよとお墨付き。
しかし、マクは、自分の親衛隊の方が頼りになると一蹴。
おまけに、
「当主でもないのに、このマントは何だ!!目に余る」
と、理央様からマントを奪う始末
うわははは、傍若無人なマク様、気に入りました
さて、理央様は、怒臨気(どりんき)を修得し、下克上を成し遂げられるのでしょうか。

★今までの感想★
第10話 第20話 第21話 第22話 第23話 電影版

ひぐらしのなく頃に解(8.11)

August 13 [Mon], 2007, 20:42
厄醒し編其の四
梨花ちゃんはやはり運命から逃げることができず、特殊部隊に惨殺。
雛見沢大災害で、圭一・魅音・詩音も毒ガスで死亡。
レナもおそらく特殊部隊に惨殺され、
生き残った沙都子は真相に辿りつくも・・・病院で口封じに

其の壱のゾンビ鬼は、暗示でも何でもなかったんだなあ
厄醒し編はいまいちだったな。
やはり、オヤシロさまが関係しないと面白くない。
特殊部隊の暗躍だと、「ひぐらし」ならではのおどろおどろしさがないね。
病院が敵の手先というのは、不気味ではあったけど

★今までの感想★
第1話 厄醒し編其の壱 厄醒し編其の弐 厄醒し編其の参
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE