プロポーズ大作戦第10話(6.18)

June 19 [Tue], 2007, 23:58
前回、礼@長澤まさみに告白し、玉砕した健@山下智久
それでも、タイムスリップするということは・・・健と礼が結ばれるのは、もう確定でしょう。
あとは、観ていて納得できる結ばれ方をしてくれるといいんですが、
多田先生@藤木直人がひたすらイイ人なだけに、礼が嫌な女に映ることになるだろうなあ。

幹雄@平岡祐太が与えてくれた正真正銘のラストハレルヤチャンス
しかし、前回玉砕した健は、「もうやれることはない」と諦め気味。
そんな健に、妖精@三上博史は熱く語る。
「奇跡の扉を開ける鍵を探せ」
この時点では、「もうタイムスリップしても、無駄じゃないか」と思ってました。
ハンバーガーを食べたときの三上博史の「まずい・・・」の一声は絶品ですな笑った。


今回、健が戻ったのは、多田先生の授賞式の日。
礼と多田先生は結婚間近で、着々と結婚式の準備をしています。

結婚式の準備で、健たちは、礼の父親@森本レオのビデオレターを撮るのですが、
このときの礼パパが寂しそうで,
娘を嫁に送る父親ってこんな感じなのかとうるうるしちゃいました
結婚もしてないし、娘もいないのにね。
鶴@濱田岳礼パパを抱きしめちゃうのも無理ない。
森本レオボイスがまた素晴らしくて
「人形劇三国志」呂布孔明を演じていたのを思い出しちゃいました。

このとき、礼パパは、ヒントを言ってくれていますね。
「礼は、手間がかからない子で、悩みをため込む子だった。
礼の弱さを受けとめてくれるのが多田さんなのだろう」
・・・と。

しかし、その多田先生は、礼が以前泣いていた理由を聞こうとはしなかった。
誰でも自分の知らない部分があるという大人な考え方なんだけど、
礼にはそれが物足りないんだろうなあ。  めんどくさい女
そして、礼と多田先生が一度もケンカをしたことがないという事実も、
二人が決して心を通わせてはいないということなんだろうねえ。

礼ママ@宮崎美子もヒントを教えてくれていますね。
礼が、健と一緒にいたいから、同じ高校に通うことになったこと。
これで、健は初めて両想いだったことに気づいたんだろうなあ。もどかしいことに。

そして、礼ママは、懐かしそうに、ある思い出を話すんですねえ。
子供の頃の礼が鉄棒で怪我をしたときに、
健が「僕が責任を取ります。礼を一生面倒見るから。」と言い、
礼が「よろしくお願いします」と答えていたことを。
健は・・・たぶん忘れていたんだろうなあ。
そして、礼は、自分の大事な思い出をすっかり忘れている健に失望したんだろうなあ。
礼にとっては、もうとっくにプロポーズされていたんですね
それが、前回の「健は何もわかってない」なのだろう。


さて、いよいよ次回は最終回。
現代に戻ったとき、健は礼と結ばれることはできるのか。
奇跡の扉を開けることはできるのか。たぶん、できるでしょう

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE