華麗なる一族(2.25)

February 27 [Tue], 2007, 0:35
「華麗なる一族」
高炉大爆発
前回で既に爆発シーンが予告で流れていたので、
爆発自体に衝撃はなかったのですが、玄さんが死んじゃうとはねえ
鉄平@木村拓哉は、「僕は仲間に恵まれている」と言ってたけど、
大川先生といい、鉄平と親しくなった人は、悲劇の末路を辿っているんだよなあ。
・・・三雲頭取@柳葉敏郎もどうやら危ないようだし。
そもそも、半年以上かかるはずの高炉建設を、3ヶ月くらいで完成させようと
突貫工事をしたんだから、事故が起きても無理ないわなあ。
ただ、こう都合よく爆発すると、大亀専務@武田鉄矢あたりが
火でもつけたんじゃないかと思ってしまいますよ。

流産してしまった銀平の妻・万樹子@山田優
万樹子の報告を「そうか・・・」と淡々と応じる銀平@山本耕史
「なんてことをしてくれたんだ
と、襟首を掴み、怒る大介@北大路欣也
予告でよく流れていて、大介は何に怒ったんだろうと思ったら、
自分の後継者を死なせてしまったことに怒ったんだね。
大介としては、銀平そして銀平の子供に後を継がせたいんだなあ。
しかし、万樹子との関係が悪化すると、万樹子の実家との関係も悪くなり、
閨閥結婚の効果がなくなってしまわないかい?


「鉄平兄さんという優秀な跡取りがいるじゃないですか」という銀平に、
大介「私にとっては、息子はおまえ一人だ。
鉄平はいつも私の邪魔をする。
鉄平といると・・・爺さんを見てるようでおぞましい。
いっそ私の前から消えてほしいと思うことさえある。だから・・・!!」

・・・振り返った大介の前に、鉄平の姿が。
いやあ、大介パパは、鉄平のことになると取り乱すなあ無理もないけど。
それにしても、北大路欣也の演技は素晴らしすぎる
そして、鉄平は漠然と感じてはいたが、本当に大介から嫌われていたことを悟る。
・・・気づくのが遅すぎるような気もするが

高炉爆発に救われたかたちの大介。
大同銀行の綿貫専務@笑福亭鶴瓶と手を組み、
大同銀行を吸収しようとしますが・・・そううまくいきますかねえ。
阪神特殊製鋼の株価が下落してるようですが、阪神銀行にも当然影響あるでしょうし、
まして倒産したら、それこそ他行の合併の標的にされちゃうと思うのですが。
あと、綿貫専務、「御高配多謝、御約束厳守」と書かれた名刺を貰って安心してましたが、
あんなもんが念書代わりになるんだろうか。
大介が副頭取にする約束を反古にしても、あんな名刺では何の保証にもならんと思うのだが。
でも、「阪神銀行頭取」という肩書きの名刺を、北大路欣也から受け取りたいなとは思う

そして、鶴田志乃@多岐川裕美の遺書から、
鉄平は高炉爆発に匹敵する衝撃の事実を知ることになります。
芙佐子@稲森いずみは、志乃の養女ではなく、実の娘であり、
父親は鉄平の祖父・万俵敬介であること。
そして、鉄平の父親が、万俵敬介であること。やっと知ったか。
つまり、大介・鉄平・芙佐子は、異母兄弟ということになるんですな。
やはり、じいさんが諸悪の根源だということだなあ。
「鉄平はいつか父親と対決しなければならないときがくるかもしれない」って、
自分がやりたい放題やっておいて、後になってそんな心配してもねえ。
予告だと、鉄平の怒りは大介に向かうようだけど・・・恨むなら、じいさんの方じゃないのかねえ。

今回の高須相子@鈴木京香
二子@相武紗季と総理の甥のお見合いぐらいしか出番なかったなあ。
このお見合い、二子が、まあ露骨に不快そうで
あれで縁談を進めたいという甥は、よっぽど鈍感かモテないかのどっちかだなあ。
美馬中@仲村トオルに到っては、出番すらなし次回の活躍or暗躍に期待。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE