相棒6第11話(1.16)

January 18 [Fri], 2008, 0:39
『ついている女』  脚本:古沢良太 監督:和泉聖治
服役中のついてない女こと月本幸子@鈴木杏樹が脱獄した
との知らせが、杉下@水谷豊亀山@寺脇康文に届く。
実際は、健康診断を終えて刑務所に護送される最中に、
幸子と同乗の服役囚吉井春麗@MEGUMIを脱獄させようとする一味に
無理矢理連行されたためだった。
春麗の脱獄に幸子は巻き込まれただけだった・・・かに思われていたが、
実は巻き込まれたのは春麗の方だった。
この脱獄は幸子を脱獄させるためのもの。
脱獄の黒幕は、幸子に以前撃たれた悪徳金融業者だった。

ついてない女、再び!
以前、逮捕されたときのついてなさは、あまりにもお気の毒だったなあ
夫を殺害した悪徳金融業者を撃ち、そのまま香港に高飛びしようとしたら、
成田に向かう途中、車がエンスト、
立ち往生してるときに声をかけたのが、よりにもよって亀山で、
その後、杉下につきまとわれて、成田で逮捕。
古畑並みの杉下のねちっこさがよく出ていた傑作でした。

今回も、そのついてなさは相変わらず
幸子に撃たれたことで、相手が経営していた金融会社は壊滅し、
その効果もあって、幸子の刑は懲役3年と比較的軽いものとなった・・・と話が出てたけど、
それを聞いた時点で、出所して、この人は平和に過ごせるんだろうかと思いましたよ。
ある意味、刑務所の中が一番安全なんじゃなかろうか・・・と。
その恐ろしさが、こういうかたちで描かれるとは思いませんでしたが。
たぶん、春麗の父親は普通の台湾人で、
入院している女刑務官は、借金があって協力させられたんだろうなあ。
最初は、ついてない女を出すために、無理矢理脱獄させるという展開にしたのかなと
冷めた感じで観ていたのですが、ストーリーが進むにつれ、展開にしびれてしまいました。
正月スペシャルといい、今回といい、傑作だ
『ポップコーン』は映画の相棒というキャッチコピーもうまかった

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/965
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TO:池亀宏昭さん
書き込み有難うございます。
前後編の前編でしたね。
相変わらず幸薄かった月本幸子嬢、
出所後のエピソードが観たいものです。
幸せに暮らしているといいのですが。
しかし、再登場すると、また事件に関わってしまいそうな(苦笑)
August 23 [Tue], 2011, 0:45
池亀宏昭
前回城代金融の向島を殺そうとし、海外へ高飛びしようとするも右京さんに捕まってしまった月本幸子ですが、今回も脱獄に巻き込まれしまって本当についていないような気がします。でも、前回でたまきさんが言っていたように人生はついているついていないではないと思います。この後の回で、月本幸子は真犯人である警官に命を狙われながらも無事保護されるようなので、刑期が延びるそうですが模範囚になって早く出所してもらいたいですね。
August 22 [Mon], 2011, 16:00
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE