人形劇三国志 第35回 風雲 南郡城

December 10 [Mon], 2007, 23:31
赤壁の戦い曹操を破った孫権・玄徳の連合軍。
しかし、荊州の処理の仕方で、早くも亀裂が
「赤壁の勝利は、孫権軍の兵力によるものだから、孫権が統治すべき」と主張する周瑜に、
「荊州は劉表の領地なのだから、長男劉gが統治すべき」と主張する玄徳。
これは、孫権・周瑜としては、納得いかないところでしょう。
別に、劉表一族のために、曹操と戦ったわけではないのですから。
だいたい、劉表は、孫権にとって、父孫堅の仇なんですしね。
ここで、孔明、「荊州を奪い取るにしても、戦が終わってからにしては?」と、珍しく失言。
周瑜は、早速、南郡攻略に向かいます。

南郡城を守るのは、戦うと負け将軍曹仁
おまけに、曹仁軍には、紳々・竜々がいるので、とても勝てるとは思えません。
押し寄せる周瑜軍の前に、曹仁軍は全軍撤退。
南郡城に攻め入る周瑜軍ですが、そこには、なんと落とし穴が
更に、落とし穴に落ちた周瑜目がけて、曹仁軍の伏兵が矢で狙い撃ち!
これこそ丞相閣下が曹仁に残した計略でした。周瑜は命からがら逃走

負傷療養の周瑜を見舞う孔明。
このシーン、ちょっと陰険に感じたぞ。
この後、焦った周瑜が曹仁軍に総攻撃するのも含めて、
孔明の計算のうちだったんだろうなあ

周瑜の生死を確認するため、大声で悪口を言う紳々・竜々。
怒った周瑜は、二人の前に姿を見せますが、怒りすぎたのか落馬して昏倒。
しかし、これは、曹仁を騙すための芝居
周瑜が死んだと思い、陣地を攻めた曹仁は、周瑜軍の前に大敗北。
南郡城を捨てて、逃走。やはり、戦うと負け将軍でした。
この戦いで、紳々・竜々は降伏して、孫権軍入り
疫病神の紳々・竜々を配下にしたことで、江東の行く末に暗雲が立ちこめます

などと思っていたら、本当に暗雲が・・・。
曹仁軍を破り、南郡城に入城しようとした周瑜ですが、
南郡城には、既に玄徳・孔明が・・・。
「孔明!おぬし、こうなることを見抜いて、わしに約束をさせたのだな。
許せぬ!!うう・・・」

と周瑜、また血を吐いて、昏倒。 ※今度はもちろん芝居ではありません
周瑜軍が曹仁軍を破った時点で、もぬけの殻になった南郡城を奪ったんですなあ。
「荊州を奪い取るにしても、戦が終わってからにしては」という孔明の失言は、
同時に、「周瑜が奪い取れなかったら、ウチがいただきます」という意味。
確かに、そういうことになるけど、
曹仁を破って、もう城が取れる状態の周瑜に対して、このやり方は狡猾すぎるなあ。
『周瑜に脅された劉gが、荊州を孫権に明け渡そうとするが、
玄徳を慕う領民を見て、やはり荊州は玄徳が統治すべきだと考え直す』

という人形劇三国志らしい脚本を加えていましたが、
それでも孔明の狡猾さの方が目立つ回でした

★今までの感想★
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/507
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE