ルパン三世最終話(3.17)

March 22 [Tue], 2016, 2:14
ダ・ヴィンチのクローンとの対決を制したルパンがイタリアを去って終了。
ダ・ヴィンチ戦は抽象的でよくわからなかったのですが(苦笑)、
(『LUPIN the Third 峰不二子という女』っぽかったな)
毎回刺激的な展開、どんでん返しあり、魅力的なオリジナルキャラも揃い、
『ルパン三世』でもまだまだ面白いストーリーは作れるんだという可能性を
見せてくれたシリーズだったな。
お疲れさまでした。ルパンファミリー、またいつかどこかで。

★劇場版の感想★
ルパンVS複製人間(1978) DEAD OR ALIVE(1996) ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE(2013)

★TV SPの感想★
霧のエリューシヴ(2007) sweet lost night(2008) ルパン三世VS名探偵コナン(2009) the Last Job(2010) 血の刻印 永遠のmermaid(2011) 東方見聞録(2012) princess of the breeze(2013) イタリアン・ゲーム(2016)

★LUPIN the Third 峰不二子という女の感想(2012)★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 最終話

★ルパン三世4期の感想(2015)★
第1話 第2話 第3話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/4537
Trackback
Trackback URL:
第24話「世界解剖 後篇」

ダヴィンチに支配されたレベッカを救うためにレベッカの夢の中に入ったルパン。
人々の脳内を自分の人格で上書きしようとするダヴィンチと直接対決。

いま、お茶いれますね  March 23 [Wed], 2016, 19:21
最終回 第24話 世界解剖 後編 レベッカを助けるためにルパンは自分の人格を送り込んだ。レベッカの脳内でレベッカを探すルパン。記憶を消して思い出を抹消するダ・ヴィンチ。次々に塗り替えられていきレベッカに中々会えない。ようやく会えたと思っても精気のないレベッカ。正気にさせて思いださせるには結婚式当日の行動。 指輪と共に二人で落下した思い出。ようやく思い出したレベッカは自分の世界を書き換えて ダ・ヴィンチの消去を無効化する。これで俺の勝ちだと宣言するルパン。レベッカを一人助けてもイタリア半島の全住民が私の 下僕となると宣言するダ・ヴィンチ。人格を送り込んだのはレベッカ一人だと思うのか?ルパンは半島の全住民に人格を送り込んでいたのだった。 実は焦っていたダ・ヴィンチ。肉体が維持できないのだった。人の心を盗む点でお互いに合い通じるものがあった。私は産まれてはいけない時代に生まれたイミテーションだ。それでも生きた証は脳内に残っているよ。ニクスと銭形が駆けつける。不二子の運転でルパンは、逃走する。昨夜の出来事は、ダ・ヴィンチに化けたルパンの仕業だと ニュースでは報道されていた。 ワルサーP38を拾ったレ...
ぬる〜くまったりと  March 22 [Tue], 2016, 17:01
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2016年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE