軍師官兵衛最終話(12.21)

December 22 [Mon], 2014, 0:51
九州の大半を平定する黒田如水@岡田准一だったが、
関ヶ原の戦いは黒田長政@松坂桃李の調略もあり、
徳川家康@寺尾聰率いる東軍が勝利を収め、僅か一日で終了、
如水の天下取りの夢は幻と終わるが、黒田家は筑前52万石の大大名となる。
コ川の天下と長政の成長を認めた如水はその後穏やかにその人生を全うしたと

「そのときおまえの左手は何をしておった?」
家康が自分の右手を取って感謝したと誇らしげに語る長政に
なぜ左手で殺さなかった?と冷たく言い放った如水。
やはりこのエピソードを入れたか。
(僕はこのエピソードは作り話か、如水さんの冗談だったと思う。
本当に左手で家康を殺したら、長政はその場で殺されてしまう・・・)
この最終回だけ観た人は違和感を感じなかったかもしれない。
でも、以前長政は、如水が秀吉を天下人にしたように
自分は家康を天下人にしたいと語っていて、そんな長政を如水も認めてたんだよね。
だとしたら、この台詞が出てくるのはおかしくないかねえ。
終盤はいきあたりばったりな展開が目立ったなあ。

実際の黒田如水の人生が面白いものなだけにいろいろ残念な作品でした。
野心家のふしがあった如水が無欲の人として描かれたこと、
(NHKの大河ドラマだとしょうがないかな・・・)、
無欲という設定だったはずの如水が終盤唐突に天下取りを目指したこと、
描いた方が良さそうなエピソードは省かれ、不要にしか思えないシーンが目立ったこと、
如水の知恵者ぶりをやたら他の登場人物が持ち上げる安っぽさ、
如水の敵対関係にある登場人物がやたら歪んだ性格を見せる演出・・・
歴史の流れや人間関係の変化などがしっかり描かれていれば、
この終盤の関ヶ原あたりはもっと面白いものになっただろうになあ。
西軍首脳部の毛利や宇喜多なんかこれまで如水が関わってきた一族なのに。
歴史小説を実写化させたような大河ドラマって作れないものなのかなあ。
演じてた人たちは頑張っていたと思います。
いろいろ不満を書きましたが、鶴見辰吾さんの小早川隆景に山路和弘さんの安国寺恵瓊、
毛利の描き方は好きでした。一部の人にお疲れ様でした。

来年再来年の大河ドラマはたぶん観ないだろうなあ。

★軍師官兵衛の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 第49話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/4313
Trackback
Trackback URL:
史実はともかく、個人的にはかなり見応えのある最終回だったと
思っています
官兵衛の演技は勿論ですが、目を見開いて憎しみを表す淀殿、
包み込むように話しかける光、鼻水を流しながら拭おうともせず
悲しみを表す九郎右衛門、若手俳優の演技力には驚きです
歴史に...
函館 Glass Life  December 23 [Tue], 2014, 18:28
まずはブログとプロフでコメントを下さった方々、ありがとうございます!お返事、今しばらくお待ち下さいね!!m(__)mさて、遅くなりましたが 本日の大河、最終回の感想です。時間が...
みやさとの感想文と(時々)感想絵  December 23 [Tue], 2014, 17:24
関ヶ原の戦いと九州制圧
 関ヶ原の戦いは小早川秀秋の寝返り(優柔不断で決められなかった秀秋だが、家康が大砲を撃ち込む恫喝が決定打となった)で、拮抗していた戦い(やや西軍が押していたが息切れの気配もあったらしい)の均衡が破れ、西軍総崩れとなり、1日で決着...
英の放電日記  December 23 [Tue], 2014, 8:48

第四十九話「如水最後の勝負」はこちら。前回の視聴率は、意外なことに下落して15.8%。ドラマ的に盛り上がりに欠けた(それはこの一年をとおしてもそうだったけれど)回だったとはいえ、ちょっと不満かな。序盤に伏線をはり、後半に対応しながら感動を呼ぶ、という大河...
事務職員へのこの1冊  December 22 [Mon], 2014, 20:23

『乱世ここに終わる』
「乱世ここに終わる?遂に決着!波乱の生涯最後に見た天下の夢」

内容
九州において、進軍を続ける如水(岡田准一)
その如水の動きに応じ、三成(田中圭)についていた軍勢が徐々に寝返り始める

そのころ、関ヶ原において家康(寺尾聰)軍と三...
レベル999のgoo部屋  December 22 [Mon], 2014, 17:28
【最終回(第50回)の視聴率は12/22(月)追記予定】 副題「乱世ここに終わる
ショコラの日記帳・別館  December 22 [Mon], 2014, 14:50
『軍師官兵衛』第50回「乱世ここに終わる」(終)

関ヶ原の戦いを制した家康(寺尾聰)と会見する如水(岡田准一)。

「この後徳川殿はどのような世をおつくりなさるのかお聞かせ願いたい。」

家康「天下はそれを治めるにふさわしい者が治めるのがよい。されど天下は一人の天下にあらず。天下は天下の天下なり。わしが死んでも争いの起こらぬ太平の世をつくる。それがわしの望みじゃ。」

如水「私利私欲のためではないと?」

家康「ああ。そなたに約束しよう。」
如水は「それがし生涯戦で負けた事はござらぬ。されど、こたびは内府様に負け申した。」と深々と頭を下げ「負けて悔いはなし。そう思うておりまする。」

家康「忌憚なく話ができてようござった。息子に超えられたのう如水殿。跡継ぎに恵まれ羨ましき事よ。」

如水「ありがたきお言葉。では、失礼致す。」

しぶい場面でした。
二人の佇まいが何とも言えない!!
如水のグレーの衣装も素敵です。
?◆?
死に行く如水の場面もヨカッタ。

「一向に、悔いが思い浮かばぬ。」

死に際に こんなことを言ってみたいな・・・。

「光。お前が妻でよかった…。」

光「殿のおそばに...
世事熟視?コソダチP  December 22 [Mon], 2014, 10:49
 三成(田中圭)が長政(松坂桃李)に言ったせりふ。

「わが思いは如水殿だけはわかってくれよう」

 これはどういう意味なんだろうと思っていたら、次のような言葉があった。
 三成が家康(寺尾聰)に言ったせりふだ。

「天下を争うことが出来たこと、本望でござい...
平成エンタメ研究所  December 22 [Mon], 2014, 9:38
乱世、終結…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412210000/


【楽天ブックスならいつでも送料無料】軍師官兵衛 完全版 第弐集【Blu-ray】価格:17,415円(税込、送料込)
日々“是”精進! ver.F  December 22 [Mon], 2014, 6:17

関ヶ原の戦いは長政(松坂桃李)の活躍で家康(寺尾聰)が勝利した。
そのころ如水(岡田准一)は天下を狙って九州の大半を手にしたが、天下分け目の
決戦が一日で終わり、その夢は破れる。
三成(田中圭)は謀反人として捕えられ、長政は筑前52万石の太守となる。
如水は大坂で天下人となった家康と対じ、その志の高さに触れ潔く負けを認める。
新たに築城した福岡で如水は静かな晩年を過ごし、やがて...
ドラマ@見取り八段・実0段  December 22 [Mon], 2014, 2:11
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE