軍師官兵衛第32話(8.10)

August 11 [Mon], 2014, 0:08
黒田官兵衛@岡田准一が反対したにも関わらず、
徳川家康@寺尾聰との戦いに臨んだ羽柴秀吉@竹中直人だったが、
小牧長久手の戦いで敗北、
改めて秀吉を説得した官兵衛は四国を平定する。
一方、官兵衛の父職隆@柴田恭兵は静かに息を引き取ったと

今回も、OPで小牧長久手の戦いが終わり、四国平定が一瞬で終わる駆け足状態。
前回の賤ヶ岳といい、失望が大きい
父職隆の最期ということもあり、黒田家のシーンが多かった印象でしたが、
そこに時間をかけるのなら、もっと描くことがあるんじゃないかなあ。
小牧長久手に官兵衛は参戦してませんでしたが、
でも扱いを小さくしてもいいエピソードでもないと思うのよね。
家康の存在がクローズアップされていくわけですし。
主人公である官兵衛の活躍を描くべきだとは思いますが、
官兵衛が信長・秀吉・家康・その他の人物、その時代の出来事をどう見たか?
というのも大事なんじゃないかなあ。

今回は柴田勝家@近藤芳正と手を組んだ織田信孝@中山麻聖の切腹から
始まるものと思ってたのですが、スルーされちゃったなあ。
信孝を自害に追い込んだのは信孝の兄である織田信雄@小堺翔太
小牧長久手のときには家康と手を組み、秀吉と対立する信雄だが、
賤ヶ岳のときは信孝への対抗から秀吉と手を組んでいた。
秀吉の政敵でもある信雄を利用して、信孝を手を汚すことなく葬ったというのは
軍師官兵衛の辣腕ぶりを見せるイイ機会だと思ったんだがなあ。
そして四国が平定されたということは、
秀吉が信雄と和議を結び、家康を出し抜いたというのもスルーされちゃったのだろうね。
これも官兵衛の献策ということにでもすれば、軍師らしい仕事になったのになあ。

秀吉が先を見通す官兵衛を恐れるようになった描写は、
竹中直人さんの演技もあり、よかった
本能寺の直後が原因なら、もっと早くその素振りを見せてもよかったと思う。

★軍師官兵衛の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話

★8月10日(日)の日記★
長崎平和祈念式典での城臺美彌子さんの
集団的自衛権の行使容認や武器輸出への反対のスピーチに感動
あのスピーチは原稿にはないアフレコだったらしい。
日本はもう戦争に介入したり、他国に武器を輸出して一儲けしようとしたりするべきではないと思う。
コピペの原稿のスピーチに批判が出ている安倍総理、
日本を戦争できる国・他国に武器を輸出できる国にしたい安倍氏にとって、
平和式典でスピーチすることなど無意味なものでしかないという心の現れではないだろうか・・・
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/4249
Trackback
Trackback URL:
「さらば、父よ!」 遅くなってしまって、すみません(汗) 第32回の関東の視聴率
ショコラの日記帳・別館  August 19 [Tue], 2014, 12:43
先週の書き忘れ……土田御前(大谷直子)はどうなったのだろう?
         織田家の家督争いには、絡まなかったのだろうか?


官兵衛と秀吉に溝が……
唐突感
 村重(道糞→道薫)の予言「天下人(権力)の魔力に囚われ、変わっていく」の兆候が表れるという流れだ...
英の放電日記  August 17 [Sun], 2014, 1:17
『軍師官兵衛』第32回「さらば、父よ!」

<天正12年3月。徳川家康と織田信雄の連合軍は秀吉と激突。小牧長久手の戦いである。>

小一郎「兄者。官兵衛がいない時にこのような大戦よいのか?」

秀吉「官兵衛には幾度となく書状を出した。その度に『今は動くな。考え直せ」の一点張りじゃ。』」

三成「家康をたたくなら今でございます。官兵衛様に頼らずとも我らはこの大軍。負ける訳がありませぬ!」

側近として頭角を現す三成(田中圭)は家康を敵視するが、官兵衛(岡田准一)は逆に取り込むよう進言、激しく対立する・・・・。

小生は、小栗旬の石田三成(天地人)のほうが好きかも。
田中圭の石田三成よりシャープで頭良さそうに描かれてたから・・・。
?◆?
<毛利との折衝を終えた官兵衛には播磨宍粟郡山崎に新たな領地が与えられた。>

官兵衛(岡田准一)はすぐ大坂に行き四国攻めの支度をすることになり、長政(松坂桃李)に「わしが留守の間お前にこの地を任せる。同じ播磨とはいえここ山崎は我らになじみのない土地。領民の声によく耳を傾けよ。」

官兵衛はいい勉強になると思ったのかなぁ・・・。
?◆?
おね(黒木瞳)が秀吉(竹中直人...
世事熟視?コソダチP  August 12 [Tue], 2014, 9:49
ドラマでは先が見え過ぎる官兵衛を遠ざけ始める秀吉ですが、
官兵衛は毛利との領地交渉中、四国の長曽我部も九州の島津
もまだ平定していません
全国統一を為し得ていない状態では官兵衛の力はまだまだ必要
なのです
遠ざけるのは全国統一を成し遂げてからではと僕は...
函館 Glass Life  August 11 [Mon], 2014, 16:00
2週分、録画が見れずにここまで来てしまいました・・・m(__)m今日も20分くらいから見たのですが 久しぶりのリアルタイムゆえ 感想を書かせてくださいませm(__)mいつの間にか春風亭光秀...
みやさとの感想文と(時々)感想絵  August 11 [Mon], 2014, 14:23
『軍師官兵衛』第32回「さらば、父よ!」

<天正12年3月。徳川家康と織田信雄の連合軍は秀吉と激突。小牧長久手の戦いである。>

小一郎「兄者。官兵衛がいない時にこのような大戦よいのか?」

秀吉「官兵衛には幾度となく書状を出した。その度に『今は動くな。考え直せ」の一点張りじゃ。』」

三成「家康をたたくなら今でございます。官兵衛様に頼らずとも我らはこの大軍。負ける訳がありませぬ!」

側近として頭角を現す三成(田中圭)は家康を敵視するが、官兵衛(岡田准一)は逆に取り込むよう進言、激しく対立する・・・・。

小生は、小栗旬の石田三成(天地人)のほうが好きかも。
田中圭の石田三成よりシャープで頭良さそうに描かれてたから・・・。
?◆?
<毛利との折衝を終えた官兵衛には播磨宍粟郡山崎に新たな領地が与えられた。>

官兵衛(岡田准一)はすぐ大坂に行き四国攻めの支度をすることになり、長政(松坂桃李)に「わしが留守の間お前にこの地を任せる。同じ播磨とはいえここ山崎は我らになじみのない土地。領民の声によく耳を傾けよ。」

官兵衛はいい勉強になると思ったのかなぁ・・・。
?◆?
おね(黒木瞳)が秀吉(竹中直人...
世事熟視?コソダチP  August 11 [Mon], 2014, 11:43
 祖父の言葉は父に、その言葉を父が子に伝える。
 こうして価値観は未来に伝えられていくのでしょうね。

 黒田家の場合は、薬草摘みのエピソード。
「時が来るまで待て。摘み取る頃合いを考えろ」
 この黒田重隆(竜雷太)の教えが職隆(柴田恭兵)に伝えられ、官兵...
平成エンタメ研究所  August 11 [Mon], 2014, 8:26
第三十一話「天下人への道」はこちら。 前回の視聴率は18.2%と的中。あの兵庫県
事務職員へのこの1冊  August 11 [Mon], 2014, 6:19
職隆、逝く…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408100000/


【楽天ブックスならいつでも送料無料】軍師官兵衛 完全版 第壱集【Blu-ray】 [ 岡田准一 ]価格:10,449円(税込、送料込)
日々“是”精進! ver.F  August 11 [Mon], 2014, 5:32

秀吉(竹中直人)は、官兵衛(岡田准一)の忠告を無視し、小牧・長久手の戦い
で家康(寺尾聰)に手痛い敗北を喫する。
側近として頭角を現す三成(田中圭)は家康を敵視するが、官兵衛は逆に取り込む
よう進言、激しく対立する。
一方、黒田家は新たに与えられた播磨・山崎に居を移すが、留守を任された長政
(松坂桃李)の厳しさに領民が反発、騒動が勃発する。
祖父・職隆(柴田恭兵)は領主として...
ドラマ@見取り八段・実0段  August 11 [Mon], 2014, 4:03
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE