軍師官兵衛第7話(2.16)

February 16 [Sun], 2014, 22:32
織田信長@江口洋介が浅井朝倉を滅ぼし、長篠で武田を撃破、
木下藤吉郎@竹中直人羽柴秀吉と改名、北近江の大名となった頃、
織田に就くか毛利に就くかで迷う小寺家の評定で
他の重臣たちが毛利を推す中、黒田官兵衛@岡田准一は織田の有利を力説、
小寺政職@片岡鶴太郎の賛同を得た官兵衛は信長に謁見を求めたと

やっと織田か?毛利か?の展開になったな。
この話を3話くらいにすればよかったのに。
あるいはここまで延ばすのなら、
播磨周辺の豪族や毛利・宇喜多をもっと丁寧に描いてほしかったなあ。
この回もねえ、織田か?毛利か?を決断する展開の割には緊張感に欠けていたな。
そのエピソードは必要なんだろうか?と思ってしまうシーンが少なくなかった。
そして、小寺政職が他の重臣の反対を押し切って、意見を採用するにしては
このドラマの官兵衛はそこまで頭の切れる人物には見えないのよね・・・。

官兵衛の説に頷く鷹揚さを見せながら、後になって迷いが生じ、
いざとなれば官兵衛に詰め腹を切らせようと企む主君小寺政職、
(片岡鶴太郎さんの油断ならない存在感がいいですなあ・・・)
嫁いだ上月氏が毛利方に就く義姉力@酒井若菜
力の存在もあり、毛利に就くよう進言した義兄櫛橋左京進@金子ノブアキ
今後の展開を想像すると、皮肉な人間模様は面白いですな。
新興の秀吉の台頭に不平と動揺を見せる織田家臣団、
信長の動きに警戒する毛利一族の雰囲気もイイです。
毛利の外交僧安国寺恵瓊@山路和弘も出てきましたね。『仮面ライダー剣』の烏丸所長ですな。
恵瓊は信長の破滅と秀吉の才能を早くに見抜いた人物。
天正元年(1573年)、毛利の代表として織田と交渉した恵瓊は
「信長の代は5年3年は持つだろうが、その後高転びに転ぶだろう。
一方木下藤吉郎はなかなかの人物だ」と本国に書状を送ってます。
官兵衛が信長と対面したのは天正3年(1575年)、もう予言されてるのよね。
一部を除くとキャスティングがイイし、そこに救われてる作品だと思います・・・。

★軍師官兵衛の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/4128
Trackback
Trackback URL:
2/18(火)〜2/19(水)と、1泊2日で、山形県のかみのやま温泉に行って来ま
ショコラの日記帳・別館  February 21 [Fri], 2014, 18:23
第7回放送「決断のとき」−26.2.16ー(そのD)から続く

■ 評定のあとで

 「どうも狐につままれた気がする」

 政職は、官兵衛の熱弁におもわず織田につくとはいったものの、振り返って考えてみると、はてそれで本当によかったのか、口のうまい官兵衛にまんまと乗せられたのではないかと不安になってきた。

 「官兵衛は賢い男。私は信じるに足りると心得ておりますが」お紺は答えた...
今回はなかなか見所の多い内容となりました。物語は安国寺恵瓊登場シーンから始まります。毛利家の使者としてやって来たのですが、山路和弘さんがねちっこくて、陰湿な演技を見せて視聴者を魅了します。このたった数分の出来事で、安国寺恵瓊はただものならない切れ者であることを示すことに見事成功しています。 官兵衛は安国寺恵瓊との会話の中から、毛利家は自分たちをしっかりと守ることはするが、外に出て見方を積極的に援護するようなことはしないと判断し、織田方につくのが妥当と判断します。 しかし、そのことを公の場で話すのは評…
あしたまにあーな  February 18 [Tue], 2014, 23:00
藤吉郎「羽柴秀吉と名乗りとうございます!」 ドドォーン 竹中さんの演技って、迫力あるなぁぁあ〜(≧∇≦)♪ 腹の底から出る台詞が大河っぽい。 時代物に向いている。さすがだ。 探りを入れに来た怪しい僧、安国寺恵瓊と対面する官兵衛。 安国寺「信玄公が死んでは武田の力も半減」 官兵衛「そこまでご存じでしたか」 安国寺「浅井、朝倉も信長殿の手によって滅びるでしょう」 長篠の戦...
青いblog  February 18 [Tue], 2014, 16:42
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第7回、決断のとき。
ついに、中央を制した織田家の西国侵攻が間近に迫る。
小寺家、官兵衛は織田と毛利のどちらにつくべきか決断を迫られる。


センゴク雑記  February 17 [Mon], 2014, 23:43
「決断のとき」

内容
毛利家の安国寺恵瓊(山路和弘)が、官兵衛(岡田准一)のもとを訪れる。
播磨の西の大国である毛利家。
東から迫る信長(江口洋介)との一戦が、播磨で行われるのは必定だった。

そのころ、ついに信長は、宿敵の浅井朝倉を討ち果たし、
藤吉郎改め...
レベル999のgoo部屋  February 17 [Mon], 2014, 17:53
第7回「決断のとき」  
またり、すばるくん。  February 17 [Mon], 2014, 14:17
『軍師官兵衛』第7回「決断のとき」

毛利方に付くか、織田信長につくか、小寺家の運命に関わる判断が迫られています。

毛利に付くべきだと考えている櫛橋左京進(金子ノブアキ)が小寺政職(片岡鶴太郎)に根回し。

「今のうちに毛利とよしみを通じるのが賢明かと・・・義を重んじる毛利につけば本領は安どにございます。」「皆が不安に思うといけません。早急に家中のものを集め毛利に付くと申し渡してはいかがでしょう。」

決断を渋っていた小寺政職でしたが、左京進に押し切られて大評定を招集。
?◆?
これを受けて黒田家を訪ねた左京進(金子ノブアキ)。

左京進は小寺政職が毛利に付く意向だと述べた上で「官兵衛、互いに小寺家のため、手を組もうではないか。」

微妙にズルい左京進(金子ノブアキ)・・・。
小寺政職は自分で毛利に付くとは言ってないのに・・・・。

織田のことを考えている官兵衛に左京進は、妹・力(酒井若菜)が嫁いだ上月が毛利と結んだことに言及し、もし織田に付けばきょうだいで戦うことになるのだと釘を刺します。

酒を注ぎに来た光(中谷美紀)に「光、よかったな。これで姉妹が敵味方にわかれることはなくなった...
世事熟視?コソダチP  February 17 [Mon], 2014, 13:18
義理の毛利か
・義に厚い
・結束が固い
・西の安定勢力
・策士・安国寺恵瓊の存在
・播磨の大勢は毛利につく
・上月(義理の姉の嫁ぎ先)も毛利につく(櫛橋家への義理)

鬼神の織田か
・今川、浅井・朝倉連合、武田を打ち破る勢いと強さ
・比叡山焼き討ち、浅井・朝倉へ...
英の放電日記  February 17 [Mon], 2014, 9:17
 織田か? 毛利か?
 官兵衛(岡田准一)の判断基準は、「生き残るため」であるようだ。
 それは<姉妹が敵同士になること>でも<義兄の顔をつぶすこと>でも<主君の意向>でもない。
 官兵衛はそれらのことに左右されず、「生き残る」という基準で物事を決める。
...
平成エンタメ研究所  February 17 [Mon], 2014, 8:36
毛利か、織田か…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402160001/


【送料無料】軍師黒田官兵衛伝(1) [ 重野なおき ]価格:600円(税込、送料込)
日々“是”精進! ver.F  February 17 [Mon], 2014, 6:37

官兵衛(岡田准一)のもとを、毛利家使僧・安国寺恵瓊(山路和弘)が突如訪れる。
それは東から迫る新興の織田信長(江口洋介)と西国の雄・毛利家が播磨で激突するという
大嵐の前触れだった。
義兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ)が毛利方として暗躍するが、官兵衛は答えを悩み続ける。

天正3(1575)年、小寺政職(片岡鶴太郎)は大評定を招集。
織田か、毛利か、生き残りを賭けた激論の中、官...
ドラマ@見取り八段・実0段  February 17 [Mon], 2014, 1:31
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE