プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達(12.30)

December 31 [Tue], 2013, 19:04
球団から戦力外通告を受けたプロ野球選手が、
野球生命を懸けて、トライアウトに臨む姿を描くドキュメント番組
毎年この時期恒例の番組、
プロ野球をすっかり観なくなった僕ですが、この番組は観てます。
今回取り上げられたのは・・・
巨人にドラフト一位で入団、球界の宝とまで呼ばれたこともあったが、
肘の故障などから活躍することのなかった辻内崇伸投手(巨人)
育成枠出身の山室公志郎投手(ロッテ)
父親に夢を託されて、プロ野球選手になったものの
22歳の若さで戦力外通告を受けた安斉雄虎投手(DeNA)
早大で斎藤佑樹投手とバッテリーを組んでいた細山田武史捕手(DeNA)の四名。
で、肘に限界を感じていた辻内投手はトライアウトを受けることなく引退を決意、
トライアウトを受けた結果、細山田捕手はソフトバンクから声がかかり、
どの球団からも声がかからなかった山室投手は引退して、知人の店に転職、
安斉投手もどの球団からも声がかからなかったものの野球留年を決意
という四者四様の人生の選択が放映されてましたね。
トライアウトの日が雨だったため、急遽会場が室内になってたけど、
参加者の人生がかかってるのだし、日にちを延期してもいいじゃないかと思ったなあ。
トライアウトだけでなく、それまでの彼らの成績や能力が重要視されるのでしょうけどね。
あと、育成枠なのでしょうが、年俸240~500万の選手が結構いたのが気になったなあ。
若いうちに戦力外通告を出して第二の人生を選ぶ機会を与えるというのも温情という気がしたな・・・

★今までの感想★
戦力外通告(2006) 戦力外通告(2009) 戦力外通告(2010) 俺たちはプロ野球選手だった(2011) 戦力外通告(2011) 戦力外通告特別編(2012) 戦力外通告(2012) 俺たちはプロ野球選手だった(2013)
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/4083
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE