はつ恋第5話(7.2)

July 03 [Tue], 2012, 23:10
三島@伊原剛志の執刀により、村上緑@木村佳乃の肝臓がんは完治、
かつて緑を冷たく突き放した事情を語り、三島は日本を去ったが、
1年後、言語聴覚士である緑の前に現れたのは
脳出血の後遺症で失語症となっていた三島だったと
うわあ、このドラマ、こういうドラマだったのかあ
トラウマとなってしまうような嫌な別れ方をした二人が
医師である元カレが元カノの病気を治したのをきっかけに
今度は気持ちのいい別れ方をする話なのかと思ってた。
このための言語聴覚士だったか。
緑が何も知らずに診察室に入って、
患者が三島だと気づいて愕然としたくだり、泣いてしまったよ。
今年一番ショックなドラマのシーンだったなあ

『出会った日から君を想わなかった日は1日もない』
あのメールを消去できるのは女性ならではと思った

★今までの感想★
第1話 第2話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/3618
Trackback
Trackback URL:
ドラマ10「はつ恋」第5回「True Heart」
三島(伊原剛志)が緑(木村佳乃)にキス・・・。
よりによって、この”重大局面”で、先週の放送が1週延期になったからたまんない。

で、そのキスシーンから再開。

緑は受け身ながら拒否もせず、かといって強く求め返すことも無く、静かに三島と唇を・・・。
映像がマジメで、かえってキスが生々しい。
ドキドキしちゃう。
(小生が東山紀之だったら、この場面は見てられないわ。)

三島のキスを拒否らなかったんだから瞬間的とはいえ”浮気”でありますから、東山紀之だけではく緑の夫・潤(青木崇高=鬼若=後藤象二郎)のことを考えるとヒヤヒヤ、ドキドキ・・・。

緑の頭の中には、確実に三島が存在してるものねぇ・・・。

で、三島は緑を抱きしめたまま「話しておきたいことがあるんだ。あの時のこと。ドリにも言われたけどこれ以上無いってぐらい酷い別れ方をしたよね。あのとき俺・・・」

このタイミングで扉をノックする音。
医師・野田(山中崇)でした。

三島が言おうとしたことは中断されて「じゃあ、その件はまた電話します。お大事に」とその場をごまかし、緑は「有難うございました。」...
世事熟視?コソダチP  July 04 [Wed], 2012, 14:54
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE