江 姫たちの戦国第44話(11.13)

November 15 [Tue], 2011, 0:11
「そなたの母上も父上も私の兄も母も殺された。
それが戦乱の世だ。私はそれを終わらせたかったのだ。
されど、誰ひとり傷つけることなく太平の世を築くのは絵空事に過ぎぬ。」
「私は何があろうと天下を泰平にする。戦のない世を作ってみせる。
それがそなたの姉上、秀頼様、その子を殺めた
私にできるただひとつの償いじゃ。血を流すはこれが最後だ・・・」

江@上野樹里淀@宮沢りえたちの死を嘆き、
そんな江に徳川秀忠@向井理が泰平の世を築くことを誓ったという話
向井理の厳しい表情がよかった
秀忠は変わったね。序盤の軽口を叩いていた頃の秀忠とはまるで違う。
あの頃はどうなることかと思った
秀忠が脱皮したことを視聴者に認識させる表情だったな。
悲嘆に暮れながらも、秀忠の話を必死に受けとめようとする江もよかった。
ただ、先週も書いたけど、
大坂の陣があったが故に泰平な世になったというのは事実ではあるんだけど、
TVドラマで「誰ひとり傷つけることなく太平の世を築くなど絵空事」
と断言されちゃうのには抵抗を感じるのよね。戦争を正当化しちゃうようで。

竹千代が女装しているのを目撃してしまう江、
まだ子供だと思っていた男の子が
性処理しているのを目撃してしまった母親のような動揺ぶりだったな
でも、衝撃はそれ以上だろうな。次期将軍の資質も問われかねないし
竹千代は姉千@忽那汐里に再会して、女装に目覚めちゃったのかな。
家光(竹千代)は『葵徳川三代』でも女装してたな。
『葵徳川三代』では叔父の水戸頼房と一緒に辻斬りまでしようとしていた(笑)。
(水戸頼房を演じてたのは来週の『ゴーカイ』に出てくるメガレッド役の大柴邦彦でした)
確か、辻斬りは未遂で終わったと思う。
この大河の竹千代はまだ嫡男の立場が確立されていないようですが、
どうやって認められることにするのかな。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/3280
Trackback
Trackback URL:
『江戸城騒乱』

内容
大坂夏の陣が終わり、徳川方は勝利した。
同時にそれは姉・淀(宮沢りえ)の死を意味し、ショックを受ける江(上野樹里)

そんななか江戸城では、竹千代(水原光太)を中心に、勝...
レベル999のFC2部屋  November 15 [Tue], 2011, 17:46
第44回の視聴率は、前回の16.1%より少し下がって、15.6%でした。思ったほど下がらなくて、良かったです。ちなみに、裏の「ワールドカップ女子バレー日本×ブラジル戦」は、16.3%で...
ショコラの日記帳  November 15 [Tue], 2011, 17:41
第44回の視聴率は、前回の16.1%より少し下がって、15.6%でした。 思った
ショコラの日記帳・別館  November 15 [Tue], 2011, 17:41
『江戸城騒乱』

内容
大坂夏の陣が終わり、徳川方は勝利した。
同時にそれは姉・淀(宮沢りえ)の死を意味し、ショックを受ける江(上野樹里)

そんななか江戸城では、竹千代(水原光太)を中心に、勝利の宴が開かれた。
竹千代の様子を見て、江は諭すのだが、福(富田...
レベル999のgoo部屋  November 15 [Tue], 2011, 17:31
大坂城炎上、そして淀(宮沢りえ)の訃報を聞き、江(上野樹里)は泣き崩れる。
徳川方の勝利に、宴を開いて大騒ぎする竹千代(水原光太)を叱る江に、乳母
の福(富田靖子)は秀忠(向井理)が淀を討つ命を発したのだと告げる。
伏見で武家諸法度を発布し、名実ともに将軍・秀
ぷち丸くんの日常日記  November 15 [Tue], 2011, 15:38
うへぇ‥‥手荒れの季節となりました。 小指の先が痛いです(^^;)今日も多少疲れておりますが あ、あとフォーゼも見てから出かけたのですがとりあえず大河感想を少々書かせてくださ...
みやさとの感想文と(時々)感想絵  November 15 [Tue], 2011, 15:30
『江?姫たちの戦国』
第44回「江戸城騒乱」

江戸城。
大坂での勝利を祝って、太鼓などの音曲にあわせて家来衆が踊っています。
竹千代が上座で喜んでます。

福「大いにお飲み下され、若君が皆々様のため用意された馳走も、たんとありまするぞぉ。」とニコニコ顔。

家来が竹千代に「まことを喜ばしきことにござりまする。」と、おべんちゃら。
竹千代「うむ、くるしゅうない。」と満足げ。

福「憎き豊臣が滅び、名実ともに徳川の世と相成りました。なんとめでたきことでありましょう。竹地をさまの天下もいよいよ近うござりまするぞ」とアゲアゲです。

そこに江ちゃんがやってきて「何をやっておる。」

竹千代「大坂の陣での徳川家の勝利を皆でことほいでいたのです。」と、いつになくスラスラとお返事。

江ちゃん、竹千代を睨みつけて傍により「亡くなったのはそなたの伯母上ぞ、お従兄ぞ。」

福が介入して「お言葉ながら、それが武家のならいかと。力あるものが、天下を治める。それこそが武家のならいにござりまする・・・。」

江ちゃんがいきなり福に強烈なビンタ!!!!!
闘魂注入かぁ!?

しかし江ちゃんは「すまぬ。」

福...
世事熟視?コソダチP  November 15 [Tue], 2011, 12:52
口に紅を塗ってみました・・・



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111130003/





江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

posted with amazlet
at 11.11.10


NHK出版 (2011-09-30)
日々“是”精進! ver.A  November 15 [Tue], 2011, 5:16
江?姫たちの戦国?ですが、竹千代や福(富田靖子)は徳川大勝利、豊臣滅亡を祝して大宴会を催します。あの鉄仮面のような無表情だった福が朗らかに笑顔さえみせていますが、江(上野樹里)はそなたの伯母上や従兄弟が滅ぼされたと怒ります。福は優勝劣敗は武家の常と挑戦的ですが、江は思わず引っ叩きます。御台様とはいえ殴ったことは謝っておきますが、両者の溝は深まるばかりです。
徳川家康(北大路欣也)は元号も元和と変えて平和な世の中の始まりを喜びます。家康は青竹で土踏まずも鍛えていますが、健康オタクで長生きレースに勝利し、天下も思うがままです。
徳川秀忠(向井理)は武家諸法度、禁中並公家諸法度、TPPなど新しいルールを設定しますが、千姫(忽那汐里)は非情な決断をした父親が許せません。家政婦のミタはいませんが、無表情な女なら江戸城に約一名います。
戦国の世を終わらせるという目的は江もある程度納得しますが、淀(宮沢りえ)の死には痛哭します。常高院(水川あさみ)は淀から江への手紙を持ってきますが、「ちや」「かうとの」と毛筆で書かれております。(以下に続きます)
一言居士!スペードのAの放埓手記  November 15 [Tue], 2011, 1:07
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TO:みのむしさん
書きこみ有難うございます。
家光の少年時代はこうせざるをえないでしょうね。
家光が問題児だったという俗説は結構多いです。あくまで俗説ね。
秀忠・江夫妻は愚鈍に見える竹千代(家光)より利発な国松(忠長)を寵愛し、
危機感を抱いた福(春日局)が家康に直訴したことで
家光は後継者になれたという有名な話がありますし、
男色好みで女性に興味を持たなかった家光に
春日局が女性をあてがったのは事実のようですからねえ。
家康への直訴の話は、『春日局のお蔭で家光は将軍になれた』と印象付けるために
できた作り話のような気がしますが。

江はいい人というかしっかりした母親には映ってない気がします。
国松を偏愛していることを咎められてましたし。
竹千代も江もそれぞれ問題があるという描き方なんじゃないかな。
竹千代がどう後継者として認められるのか、注視したいですね。
November 19 [Sat], 2011, 8:32
江がいい人なのだ!ということを前面に押し出したい
ためなのか竹千代までが変な奴みたいな扱いに
ちょっとかわいそうになりました。
本当にあんな竹千代が本当に将軍になれるのか
心配。どうやってその辺やるつもりなんでしょうね。
November 18 [Fri], 2011, 15:03
TO:くろねこさん
書きこみ有難うございます。
家光のイメージ、崩れちゃいましたか(笑)
男色趣味があったのはあまり知られてないんですなあ。
江は・・・あの場合どういう対応したらよかったんだろ。
その場を離れたことで竹千代もやや救われたのかなと思ったのですが。
残り数話でこの一家がどう変化していくのか楽しみですな。
今後もよろしくお願いします。
November 16 [Wed], 2011, 23:20
こんばんは!!
コメントありがとうございました。
私の中の家光像は崩れるばかりですが-
今後の彼には注目していきたいです。
江の対応はよくなかったですねー。
残り数話、挽回できるエビがあるんでしょうか?
頑張っていただきたいです−
こんごともよろしおねがいします!!
November 16 [Wed], 2011, 1:46
TO:ショコラさん
書きこみ有難うございます。
そうそう、葵徳川三代でも家光は問題児に描かれてました。
ただ、男色にはまっていたと書かれた本は持っているんですけど、
女装や辻斬りは書物では見たことないんですよね。どこかにあるのかもしれませんが。
この大河の竹千代がどう後継者に認められることになるのか、楽しみです。
November 16 [Wed], 2011, 0:47
>家光(竹千代)は『葵徳川三代』でも女装してたな。
>『葵徳川三代』では叔父の水戸頼房と一緒に辻斬りまでしようとしていた(笑)。

そうなんですか(汗)
家光って、いろいろ問題の多い人だったんですね(^^;)
よくそれで将軍になれましたね(汗)
単に、「嫡男だから」というだけだったとしたら、運が良かったですね(^^;)
November 15 [Tue], 2011, 17:46
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE