江 姫たちの戦国第33話(8.28)

August 30 [Tue], 2011, 0:06
江@上野樹里大姥局@加賀まりこと江戸でいがみ合っている頃、
無断で有力大名と婚姻を結び、秀吉の遺命に背く徳川家康@北大路欣也
反感を抱く石田三成@萩原聖人だったが、
福島正則@金山一彦らの襲撃に遭い、
家康に調停を頼んだところ、隠居に追いこまれてしまったという話
加賀まりこの顔は胎教に悪いと思う
この当時は安産になるために豆をつっつく習慣があったのかね?
福島正則らが登場してきましたね。『葵徳川三代』の甲冑は重宝しているなあ。

秀吉が死んだのが慶長3年(1598)8月、
三成が隠居に追いこまれたのが慶長4年(1599)3月、
秀吉は秀頼が成人するまで五大老五奉行による合議制で乗り切ろうとしたが
大老の前田利家が病死するわ、三成は隠居させられるわで、
半年ぐらいで合議制はほぼ崩壊してしまったわけですな
三成隠居はひどい話だよなあ。
襲われた三成は世を騒がせた責任を問われて隠居させられたのに
襲った福島正則らはお咎めなしなんだからなあ(苦笑)

違和感感じるのは、豊臣対徳川という捉え方を登場人物たちがしていることだな。
現代人は関ヶ原の戦いを豊臣対徳川と位置づけるけど、
当時の人はまだそう捉えてなかったと思うのよね。三成くらいじゃないかな。
豊臣対徳川だったら、福島正則ら豊臣恩顧の諸将は家康に味方しないだろうからなあ。
この連中は『豊臣政権を支えるのは三成よりは家康』という認識だったのだと思う。
家康ですら、豊臣家と戦う・豊臣家を滅ぼす意識はまだなかったんじゃないかな。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話

★8月29日(月)の日記★
ドクロベエ様やぶらり途中下車でお馴染みの滝口順平さん、逝去。
80歳だったのか。声量変わらなかったね。ご冥福をお祈りいたします。

民主党新代表に野田氏が選出。
電力会社との癒着がなかった管総理が引きずりおろされた以上、
次の内閣は原発擁護内閣になることでしょう。
でも、誰が総理になっても、原発への不安が治まらないかぎり、
内閣支持率は好転することはないだろうなあ。
とりあえず前原氏が選出されなかったことにはホッとした。
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/3166
Trackback
Trackback URL:
今日は遅くなりました!! 実は本日「神様のカルテ」を見に行っておりましてこのあとできれば感想まで書きたいと思っております。皆様のところへお邪魔するのは明日になるかと思い...
みやさとの感想文と(時々)感想絵  September 02 [Fri], 2011, 11:33
昨夜は会合があったんで帰ってからヘロンヘロンの頭で観てました(笑)いい加減、観るのどうしようか迷いますが習慣って感じなんでね〜〜〜あらすじは江 公式サイトから江戸での暮...
徒然”腐”日記  August 31 [Wed], 2011, 16:26
関ヶ原の戦いがどのようなものだったのか、それをしっかりと把握したいという思いから、司馬遼太郎の「関ヶ原」という時代小説3巻を読んでみました。そこには、秀吉の死語に家康が考え抜いた様々な諜略とそれを支えた本多正信の動きがつぶさに記述されていて、スリリングな状況がそこにはあったことを知ることができます。 それを見ているからなのかもしれませんが、今回の江というドラマの中で描かれる家康や正信はずいぶん丸く優しい人物に描いているようで、そのギャップに悩まされています。例えば、三成が豊臣ゆかりの武将たちに囲まれ...
あしたまにあーな  August 31 [Wed], 2011, 1:08
第33回の視聴率は、前回の15.4%より少し上がって、15.6%でした。今回はホームドラマになるのではと思っていたのですが、違いましたね。家康と三成の対立が中心でした。千姫、前回も...
ショコラの日記帳  August 30 [Tue], 2011, 10:07
『江?姫たちの戦国』
第33回「徳川の嫁」

8月28日『土曜スタジオパーク』に、上野樹里ちゃんが出演。
彼女は、最初、テンションが低くて、小田切アナウンサーやビビる大木と噛み合わない。
目を伏せたまま、訥々と語るだけ・・・。

で、突然、「江?姫たちの戦国」の音楽を作曲してる吉俣良氏がサプライズ出演して、ピアノ演奏し始めると、上野樹里ちゃん涙・・・。

上野樹里ちゃんは役作りに際して家で、「江?姫たちの戦国」の『サントラ』を聴いてるそうで、「助けられてます」と表現。
役作りで苦労があるときなど『サウンドトラック』を聴いて、役の世界に入り込んでいってる様子・・・。

この上野樹里ちゃんの話と涙を見聞きして、上野樹里ちゃんの『江』への取り組みの一端が垣間見え、出来の悪い大河でも、役者個人は頑張ってるんだとしみじみ・・・。
ドラマの中身は寒くても、大好きな上野樹里ちゃんを応援しなくっちゃ・・・。

で、『土曜スタジオパーク』終わりかけになって樹里ちゃんは、「スタジオのたくさんのお客さんの前での仕事は最初で最後かも」と言って、滞りなく番組が終わることを喜んでた。
ようやく不思議ちゃんキャラが出...
江(上野樹里)は、夫・秀忠(向井理)との間に2人目の子を妊娠した。
大姥局(加賀まりこ)に江は「男の子を産んでみせます」と宣言する。
そんな中、京・大坂では、政局をめぐっての動きが始まっていた。
家康(北大路欣也)は、徳川家と有力大名の間に次々と婚姻関係を結び
ぷち丸くんの日常日記  August 30 [Tue], 2011, 6:50
家康、実権掌握・・・



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108280003/





NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集

posted with amazlet
at 11.08.25

アミューズソフトエンタテインメント (2011-11-25
日々“是”精進! ver.A  August 30 [Tue], 2011, 6:12
『徳川の嫁』

内容
家康(北大路欣也)の命で江戸へと向かった秀忠(向井理)と江(上野樹里)
その直後、江の妊娠が発覚。
秀忠の乳母である大姥局(加賀まりこ)から“嫡男”をと言われ、
つい“産んで...
レベル999のFC2部屋  August 30 [Tue], 2011, 1:19
江?姫たちの戦国?ですが、徳川家康(北大路欣也)と石田三成(萩原聖人)の権力争いは白熱します。家康は太閤殿下の遺訓である大名間で許可なく婚姻してはならない掟を意図的に破りますが、伊達政宗から福島正則、加藤清正、蜂須賀など豊臣恩顧の子飼い大名まで取り込もうとする剛腕ぶりです。
三成は豊臣秀頼、淀君(宮沢りえ)の儚げな寡婦たちを俺が守るしかないというヒロイックな正義に陶酔し、舌鋒鋭く家康の横紙破りを糾弾します。家康は「自分の中ではセーフだと思ってました」とシレっとしたものですが、三成は芸能界から永久追放したいくらいです。
もう一人の大物・前田利家が仲裁に入りますが、ここは家康が謝罪することで、若い衆へのしめしをつけます。家康は申し訳程度に頭を下げますが、うなずいた三成ほども下げてません。
前田利家の死去、秀頼・淀の大坂城入城、北政所(大竹しのぶ)西の丸を家康に禅譲など時代は動きますが、江(上野樹里)は江戸の地で意地悪ばあさんに「男の子を生め、男の子を生め」と洗脳され、何が何でも男の子を生むという気概をもたされます。(以下に続きます)
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE