江 姫たちの戦国第16話(5.1)

May 03 [Tue], 2011, 0:52
足利義昭@和泉元彌の猶子となることで将軍の地位を欲したものの、
義昭に断られ頓挫した羽柴秀吉@岸谷五朗だったが、
近衛家の猶子となることで関白に就任したという話

前回あたりからストーリーが良くないなあ
秀吉から相談されるというかたちで江@上野樹里が政治に絡んできた。
一昨年の『天地人』といい、昨年の『龍馬伝』といい、
このところの大河ドラマは主人公を時代を動かす存在にしすぎだなあ

そして、もうひとつの不満は秀吉が天下人の器とはまったく見えないこと。
この大河では茶々@宮沢りえの気を引くために関白を狙ったことになってたけど、
実際の秀吉が関白になろうとしたのはもっと切実で・・・
この頃の秀吉は政敵を倒し権力を握ったものの、所詮織田家家臣、
秀吉が天下人になるのは、関白という権威を手に入れることで、
織田家より上の立場になったと明らかにするしかなかったのですな。
でもって、秀吉死後、同じ苦しみを徳川家康も味わうことになるのよね。
秀吉と江が冗談を交わしたり、
江が姉や侍女と一緒にいるシーンがコメディーになるのはいいのだけど、
政治や駆け引きのシーンはシリアスに描いてほしいんだけどなあ。

ちなみに、秀吉が足利義昭に猶子の話を断られたことで将軍を諦め
関白を目指したというのは、作り話の可能性が強いようです。
この説を言い出したのは、徳川家康お抱えの儒学者林羅山という人で、
秀吉死後、豊臣家を滅ぼしたい家康のために
方広寺の鐘の国家安康・君臣豊楽の銘文が
家康呪詛と豊臣繁栄を願った内容だといういちゃもんを考えついた人物。
なので、信憑性が疑わしいのよね。
徳川の正統性を強調するために豊臣の歴史を貶めかねない。
この当時の秀吉なら、義昭の猶子を断られても、
源氏の血を引く誰かの養子になって、将軍に就任するのって可能だと思うのよね。
やはり、将軍職よりも関白職を望んだんじゃないかなあ。

戦国大河は、信長秀吉は独裁者・家康は人格者と描かれがちなんだけどね。
1代で終わった信長秀吉・三百年の泰平の基礎を築いた家康の差でしょうな。
家康を悪く描く大河って、あまりないでしょう。『葵徳川三代』くらいかな。
この大河は主人公が徳川将軍夫人となる人なので、
殊更徳川贔屓の内容になっちゃうのだろうな。林羅山が大喜びしそうな内容だ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/3036
Trackback
Trackback URL:
『JIN』(完結編)第3話「さらば愛しき人」の視聴率は、前回の18.4%より上がって、20.4%(関東地区)でした♪20%台に戻って良かったです♪(^^)結局、砒素が入っていたのは、和宮...
ショコラの日記帳  May 07 [Sat], 2011, 9:14
大坂城がにわかに騒々しくなる。
秀吉(岸谷五朗)の母・なか(奈良橋朋子)が、娘のとも(阿知波悟美)
や旭(広岡由里子)たちを伴って現れる。
ともは、秀次(北村有起哉)の母だ。
江(上野樹里)はなかとの再会を喜ぶが、その席で秀吉は将軍になる
と宣言する。
おね(
ぷち丸くんの日常日記  May 05 [Thu], 2011, 9:03
「江〜姫たちの戦国〜」第十六回、茶々=宮沢りえさんの心を捕えるため、征夷大将軍をめざす秀吉=岸谷吾朗さん。

将軍が無理なら関白になろうと、人脈金脈を駆使して、ついにその地位をゲットする。

誇...
今日も何かあたらしいドラマ  May 03 [Tue], 2011, 9:29
えっ!?ヨーロッパ軒スルーする?おっぱいがデカすぎる小野文恵アナ司会の「鶴瓶の家族に乾杯」で、福井に行き和ろうそく越前おろしそばを「やりたい」タメ口すぎ可愛いすぎ人たら...
『関白秀吉』

内容
大嫌いな秀吉(岸谷五朗)の“弱点”を調べはじめた江(上野樹里)だったが、
逆に、秀吉の人となりを詳しく知る事になってしまう。

そうこうするうちに、秀吉の母・なか(奈良岡朋子...
レベル999のFC2部屋  May 03 [Tue], 2011, 7:40
ここは「江 〜姫たちの戦国〜」第16回のミラー用の記事となっています。


茶々の心が完全に動きました


レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105010005/





NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国
日々“是”精進! ver.A  May 03 [Tue], 2011, 5:52
江?姫たちの戦国?ですが、羽柴秀吉(岸谷五朗)の母親なか(奈良岡朋子)など尾張中村の農家から大量に家族がやって来ます。旭(広岡由里子)や副田甚兵衛(住田隆)などもいますが、絢爛豪華な大坂城にそぐわない田舎臭さに初(水川あさみ)は食べ歩きの興を削がれます。せっかく浅井のプリンセスが優雅に午後の一時を有閑マダムのように食べ歩きしていたというのに、気分ぶち壊しです。
秀吉は母親との再会で無邪気に両足ジャンプで狂喜乱舞しますが、江(上野樹里)はなかやおね(大竹しのぶ)のことはそれなりに気に入っています。茶々(宮沢りえ)は「仇とはいえ羽柴の世話になっているのですから」と大人の判断ですが、清楚な茶々は気品にも満ちており、食べ歩きお姫様とは大違いです。
今や近畿に四国と版図を広げている戦国の雄・秀吉の果てしない野望は尽きることもありませんが、何と将軍になりたいと大見得切り、人々の失笑を買います。
秀吉は羽柴秀長(袴田吉彦)を備後・鞆につかわしますが、何と最後の将軍・足利義昭(和泉元彌)に秀吉を猶子にしてくれと頼みます。(以下に続きます)
「わしは、将軍に、将軍になろうと思う-------!!」わざと2回書いてみる(わはは)秀吉の身内との対面-----------。百姓出の秀吉の身内は、百姓だよなぁ。なるほどこれは分かりやすい人...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE