プロポーズ大作戦第6話(5.21)

May 22 [Tue], 2007, 23:51
今回、健@山下智久が戻ったのは、礼ちゃん@長澤まさみの10代最後の日。
そして、建築の課題の提出期限の日。
この課題を出品することで、礼が大学院に進学することになることを
健だけが知っているというのが面白いですね。

そこで、礼がいずれ郵便局に現れると思った健は、
急遽バイトして、プレゼントを用意し、郵便局の前で、礼が来るのを待つ。

一方、二十歳の誕生日を目前にした礼ちゃんも、健に告白しようと決意してました。
健が風邪で倒れたと知った礼は、課題を放り出し、健のアパートへ。
しかし、郵便局の前にいる健は、当然いない。
別々の場所で、相手が現れるのを待つ2人の姿が観ていて切ない。

失意の礼ちゃんの前に現れたのは、多田先生@藤木直人
課題の提出期限を翌朝に掛け合ってくれたのだ。
多田先生、いいタイミングで現れすぎですよそういう意味でも、健の天敵だよなあ。

礼がお見舞いに来てたことを知った健は大学へ向かうが、
教室に着いたときが、多田先生&礼ちゃんの記念写真撮影
何もできないまま、現代に戻る健。

今回は切なすぎるねえ
相思相愛の2人が、お互いに告白しようと思っていたのに。
健にとって、今回の遡りが、今まで一番救いがなかったなあ。
礼ちゃんは、健が誕生日のことなど忘れて、合コンに行ったと思っただろうな
これから、多田先生と礼ちゃんは結婚に向かって、接近していくはずなので、
健にとって辛い光景を再び目にしなければならなくなるのかもしれないなあ。

冒頭の妖精さん@三上博史の台詞。
「勝手にダメだと思って、チャレンジもせずに諦める。
おまえに限らず、人類全般に言えることだな。
ぶつかりもせずに、自らの手で奇跡の扉を閉じていては、幸せなど舞い込むわけがない。」

やはり、妖精さんは最終的には、この結婚式で、健に行動させたいんじゃなかろうか。

エリ@榮倉奈々「失いたくないものがあるときにさあ、かっこ悪くても、
思い切って一歩踏み出せるかなんだろうね」
という台詞もそうだが、
これが視聴者へのこのドラマのメッセージのような気がします。

次に、健が戻るのは、礼ちゃんが多田先生に告白された日。
健が思い出すと胸に激痛を感じる日。
健は、流れを変えることができるのでしょうか。あまり期待できないなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/301
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE