オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー

April 10 [Sun], 2011, 23:44
昨日観てきました。なかなか面白かったです
『劇場版ディケイド オールライダー対大ショッカー』に通ずる
迫力ある映像や演出の連続だった。
あと、パンフレットがでかかったのにビックリしました。B4サイズくらいありました。
ボリュームがあるだけの内容でしたけどね。
バッグで持ち帰る予定の方は大きめのバッグを用意した方がいいですよ

以下、ネタバレを含めた感想です。
 
『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』
脚本:米村正二 監督:金田治
現代に現れたモールイマジン1971年11月11日の過去の世界へ逃走
デンライナーで追跡する野上幸太郎火野映司アンクも同行
NEW電王(野上幸太郎)はモールを倒したものの、
アンクが1971年にセルメダルを落としてしまったことから、歴史は変貌、
仮面ライダー1号&2号はショッカーに洗脳され、
それ以降のライダーが誕生しなかったこととなってしまい、
現代はショッカーの征服された世界となってしまっていた。
映司と幸太郎は時間の流れを元に戻すために、奮闘する・・・

過去にアイテムを落としたことで未来が悪夢の世界に変貌してしまうという
『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』のような内容
それもかなり絶望的な状況で、
お祭り作品だった『劇場版ディケイド オールライダー対大ショッカー』に比べると、
緊迫感があって、重苦しい内容だったなあ
そのお蔭で、ラスト爽快感があったのだけど、大ピンチの連続で観ていて疲れたりもした
オーズ&電王なので、もうちょっと緩くてもよかったかも。
1000回記念だったオーズ第27話第28話はいいバランスになってたということかな。

この作品、オーズや仮面ライダー1号&2号・歴代幹部の印象が強かったけど、
電王あっての作品だったなあと思った。
過去にアイテムを落としたことで未来(=現代)が変貌してしまうなんてストーリーは、
電王という設定あってのストーリー。
そして、重苦しいストーリーの中で、モモタロスたちの明るさは救いだったわ

そして、よくよく考えると、この作品、全然解決されてないことが多いのよね。
1971年に落としたセルメダルを取り戻そうとして失敗、
現代で仮面ライダーが大集結したことで世界は救われたものの、
泉比奈は映司たちと面識がないことになったままだし、
クスクシェも消えてしまったことになったまま。
V3以降のライダーがなぜ誕生していたのかも、まったく説明されていない。
友達だったミツルナオキが実は××だったなんて、かなりとんでもない話だよ。
でも、「細かいことは気にしなくていいんだよ」な電王のお蔭で問題なし。電王は最高です

・オーズ
オーズメインということで、映司が主役らしい行動を取ってはいたけど、
オーズらしさが出ていたとは思えなかったなあ。『MOVIE大戦CORE』のときと同じく。
オーズのバトルって、メダルを交換して、フォームがカチャカチャ変わる楽しさに
あると思うのよね。歌がかかったり♪
でも、この作品は、そういう楽しさを表現できるような雰囲気ではなかったしなあ。
タカ・イマジン・ショッカーでタマシーコンボというのは面白かったが。
あと、ウヴァ・カザリ・鴻上会長たちが登場しなかったのも残念だった。
変貌してしまった世界で彼らがどう行動するのか、興味があったのですが。
ウヴァあたりはショッカーの幹部席に座っていてほしかったよ。
オーズ単体メインとなる夏映画に期待かな

・電王
佐藤健さらば電王した後、野上良太郎溝口琢矢が演じてきたが、遂に登場せず
桜井侑斗役の中村優一コハナ役の松元環季は芸能活動を休止
そのため、良太郎の孫野上幸太郎がイマジンを率いるという新体制。
うん、佐藤健がブレイクして、良太郎を演じられなくなったら、
幸太郎メインに移行した方がいいと僕は思ってた
しかし、金髪似合わないな、幸太郎(笑)
上でも書きましたが、重苦しいストーリーの中で、電王の明るさは一服の清涼剤でしたわ

・歴代悪の組織連合
円卓に座る幹部たちの迫力は異常 錚々たる面々が勢揃いしてましたな。
DVDが出たら、円卓のシーンをまたじっくり見たいものです。
DC版でシーンが追加したりしないものかなあ。
あと、やっぱウヴァさんにも是非同席してほしかったですよ。

・ミツル&ナオキ
親友かと思ってたら、親子だったでござる。このオチにはびっくりした。
普通の作品だったら、ミツルはショックだと思うぞ。これも電王ならではですな

★仮面ライダー電王の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 電王vsしん王 第27話 劇場版俺、誕生! 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 最終話 劇場版電王&キバ クライマックス刑事 劇場版俺、誕生!DC版 劇場版さらば電王 劇場版超・電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦 劇場版超・電王トリロジー EPISODE RED EPISODE BLUE EPISODE YELLOW

★仮面ライダーOOOの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 OOO&W MOVIE大戦CORE 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/3006
Trackback
Trackback URL:
 【ストーリー】2011年。火野映司(渡部秀)は仮面ライダーオーズに変身して3体の怪人と戦っていたが、いくら攻撃してもメダルを落とさない。アンク/泉信吾(三浦涼介)はそれがヤミーではないと気付く。逃げ出した怪人は近くを通り掛った小学生の中へと入ってしまった。驚いて
今年は「仮面ライダー」シリーズ放映40周年、東映60周年ということで、その記念ム
はらやんの映画徒然草  April 19 [Tue], 2011, 21:05
 1971年4月3日の放送開始以来、日本を代表するヒーローとして抜群の知名度と人気を誇る仮面ライダーシリーズ。
 その40周年を記念して制作されたのは、オーズと電王、そして1号、2号をはじめとする全ての仮面ライダーが集結し、世界制服を果たしたショッカーに戦い
 【ネタバレ注意】

 歴代の仮面ライダーが集結したくらいじゃ驚かないぞ。『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』を観るまでそう思っていた。
 しかし、何の予備知識もなしに映画館...
映画のブログ  April 12 [Tue], 2011, 0:58
よかったですー!
結構うるうるきちゃいました。

だけど最初は辛口の感想から。
以下、内容に触れるので読みたくない方はここでストップ。
...
ちょっとしたこと  April 11 [Mon], 2011, 0:34
オーズ・電王・オールライダーレッツゴー仮面ライダー 行って参りました 戦いの最中〈1971年11月11日〉に跳んだモールイマジンを追ってデンライナーで過去に跳んだ野...
やっほっほ〜  April 11 [Mon], 2011, 0:34
昨日、知り合いと観に行きましたが、タッチの差でDVDパンフが売切れてしまった{%うーん…(シクシク)hdeco%}
映画館に入ると例のガンバライドカードが
{%下降webry%}
(表)
(裏)
Hybrid-Hills  April 11 [Mon], 2011, 0:23
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE