江 姫たちの戦国第10話(3.20)

March 23 [Wed], 2011, 0:32
柴田勝家@大地康雄賤ヶ岳の戦い羽柴秀吉@岸谷五朗に敗北、
三姉妹は北ノ庄城をから脱出したものの、
市@鈴木保奈美は勝家と共に自害したという話
前田利家の戦線離脱は触れられなかったか。江とは関係ないしなあ・・・
茶々@宮沢りえ・初@水川あさみと違って、
浅井長政の死を見ていない江@上野樹里にとって、
市の死は初めて味わう肉親の死なわけで、この回が前半のクライマックスでしょうな。

「母の生きる場所はもうどこにもない。
たとえ生き延びたところで、サルの側女にされるだけ。
生き地獄よりも死ぬ道を選びたいのじゃ・・・」

この大河の秀吉は市を手に入れたいという邪な野望を抱き、
市はそんな秀吉の側女となるのが嫌で自害を選んだ
秀吉が市に懸想していたというのは大河ドラマや娯楽小説だと定番ですが、
僕は信じていなかったりします。
秀吉が茶々(淀殿)を側室にしたからこそできた作り話じゃないかと思う。
でも、炎上する北ノ庄城を見て、号泣する三姉妹の姿にうるるときましたわ
そして、市が忌避した生き地獄を茶々が課せられると考えると感慨深いものがありますな
 
市を主人公とした永井路子作『流星』という小説がありまして、
『流星』の市は、秀吉の台頭に激怒して、勝家と再婚、
秀吉に屈するのを拒絶して自害を選ぶ烈女・・・に描かれてました
それはそれで面白いのですけどね。
秀吉の専横を怒るというのが市の定番ですな。こういう描き方しかできないのだろうね。
でも、僕は、市はか弱い女性だったんじゃないかなと思う。
そもそも、市がずっと再婚しなかったのが不思議だったりします。
先夫浅井長政が自害したのが天正元年(1573)年、
勝家と再婚したのが天正10年(1582)年、
信長が生きてた頃に再婚話があってもおかしくないと思うのよ。
ずっと再婚話を断ってたんじゃないかな。
信長や市の妹にという女性がおりまして、
夫である豪族佐治為興が天正2年(1574)年に戦死した後、
天正5年(1577)年には細川昭元という人と再婚してます
為興と犬の間には佐治一成という子供がいまして・・・いずれこの大河に出てくることでしょう。
そんな市が勝家と再婚する気になったのは、
自分の再婚が織田家の安泰に繋がるものと信じたからじゃないかなあ。
最近は勝家と市の結婚を斡旋したのは秀吉という説が有力らしい。
それなのに、結局、勝家と秀吉の戦はとめられなかった。
そんな世の中に虚しさを感じて、自害したのかな。僕の勝手な想像ですが・・・。

市が自害し、因縁の秀吉の世話になることで、三姉妹はどう変貌していくのでしょうか。
石田三成@萩原聖人が初登場してましたが、器の小さそうな三成だったなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2980
Trackback
Trackback URL:
うーんいいたいことはわかるけど3姉妹ギャーギャー泣きすぎ最後なんか涙涙・・・だけでよかったのにかえって子役たちのほうが上手だったわね・・・茶々 号泣初 泣江 ポカーン ...
しなもにあ  March 23 [Wed], 2011, 18:23
『わかれ』内容秀吉(岸谷五朗)の挑発に苦悩する勝家(大地康雄)だったが、その苦悩を見た市(鈴木保奈美)と三姉妹は、“父”を送り出すことを決意。ようやく勝家も、迫り来る秀...
レベル999のマニアな講義  March 23 [Wed], 2011, 18:06
第10回の視聴率は、前回の20%より下がって、16.9%(関東地区)で、最低視聴率でした。関東は、計画停電実施中なので、その影響も少しあったかもしれません。ただ、その後の『冬のサ...
ショコラの日記帳  March 23 [Wed], 2011, 10:15
 第十回「わかれ」1583(天正11)年冬、近江の山岳地帯で勝家率いる柴田軍と、秀吉率いる羽柴軍のにらみ合いは1ヶ月余り続いた。やがて、勝機に焦る盛政の失態をきっかけに勝...
日々“是”精進!  March 23 [Wed], 2011, 6:14
江?姫たちの戦国?ですが、越前北庄城で市(鈴木保奈美)が帯を出しています。柴田勝家(大地康雄)vs羽柴秀吉(岸谷五朗)の天下分け目の賤ヶ岳の戦いは両者ガップリ四つの睨み合い膠着状態に陥っていますが、江(上野樹里)vs初(水川あさみ)の第二次饅頭紛争も地味に勃発しています。第一次は馬が饅頭を食べるという馬一人勝ちで持ち越した因縁対決ですが、初は「江が私の饅頭を食べた」、江は「食べておりませぬ」と両者一歩も引かずに膠着状態に陥ります。初は口に何かついているとブラフをかけ、江はアッサリ引っかかりますが、茶々(宮沢りえ)が今はそんなことをしている場合ではないと仲裁します。第二次饅頭騒動は、初の優勢勝ちです
市と浅井三姉妹は、藤色・黄色・緑に赤など相変わらず色彩豊かな着物で艶やかですが、市は茶々・初・江が好きな帯の色を掌を指すように言い当てます。市は愛娘たちの好きな帯で袋を作り、空蝉・東大寺など好きな香を入れて渡します。
天下分け目の賤ヶ岳ですが、兵力では日の出の猿の人望やカリスマ性で勝家圧倒的に不利です。しかし、歴戦の猛将鬼柴田は地の利を占めて、次代の天下人にそれなりに対抗します。
秀吉は軍...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE