江 姫たちの戦国第6話(2.13)

February 15 [Tue], 2011, 23:59
織田信長@豊川悦司を自害に追いこんだ明智光秀@市村正親だったが、
中国大返しをやってのけた羽柴秀吉@岸谷五朗山崎の戦いで破れたという話
野武士に捕えられた江@上野樹里が光秀と対面するというハプニングもあったが(笑)、
基本は押さえてあった光秀退場編だったと思う
森蘭丸@瀬戸康史からの書状が早く届いていれば、悲劇は避けられたのかもしれない
という皮肉なエピソードも、いいスパイスになっていた

江に謀反の理由を尋ねられて、「よくわからない」「後がなかった」と答えていた光秀
この大河の光秀は、信長の理不尽な言動で精神的にあっぷあっぷだったのかな。
散々悩ませた信長を討ち取ったことで、この光秀は燃え尽きちゃった感じがした
大河ドラマの光秀って、こういう光秀が多いねえ。
竹中直人主演『秀吉』での村上弘明が演じた光秀も
信長を倒した後は、放心状態でうつろな目をしてたっけ。
僕は、先週も書いたとおり、光秀が野心から反逆を企てたのだと思ってます。
光秀が堪忍袋の緒が切れたような精神状態だったら、
信長は僅かな兵で京に滞在中、
他の織田家の重臣は上杉・毛利・北条らと交戦中で駆けつけられない状況、
そんな好機を見計らったりはしないと思うのよね。
憎悪や怨恨もあったかもしれないけど、冷静だったんじゃないかと思うのよ。
三日天下で終わっちゃったものだから、
短絡的だったとか気が小さかったとか描かれちゃうけど、
室町将軍家の足利義昭より新興の信長を選んだ人だからねえ、
強かで計算力のあった人だったんじゃないかなあ。
市村正親はイイ役者さんなんだけど、光秀というイメージではなかったなあ。
信長に叱られたり殴られてるシーンばかりだったし、
市村正親がイメージと合ってないこともあり、光秀が切れ者に見えなかった。残念

次回は清洲会議かな
竹中直人主演『秀吉』では、突如松たか子茶々(淀殿)が清洲会議に乱入してましたが、
江も何かやらかすのでしょうか。・・・うん、きっとやらかすな
岸谷五朗は演技がうまいと感じたことのない人なのですが、
どういう秀吉を見せてくれるのでしょう?楽しみであり、不安であり・・・。
この大河、秀吉の弟秀長@袴田吉彦・黒田官兵衛@柴俊夫を登場させているのが嬉しい。
大河でこの二人が登場することって、あまりないのよね
加藤清正・福島正則・石田三成たちも早く出てこないかなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2947
Trackback
Trackback URL:
なるね、多分。
光秀は死んでないね、ありゃ。
「せめて最期は武士としてしなせてくれ」

「武士としては、死なせてくれ」
の意味とみた。

なんでもアリの今回の大河なので
天海和上として、江戸城で
また、お江と再会するのである。
そして、その後、枝雀師匠に弟子
感想を2週飛ばしてしまいました[E:coldsweats01] とりあえず、トヨエツ△ってことで、ひとつ。 そして、ドラマの感想どうしようwって、悩んでおります。 なんといっても主人公やりたい放題なので、ある意味面白いのですが、歴史好きとしては今ひとつ釈然としないぜ[E:coldsweats01] 今日の面白Goは、わ
シフォンなキモチ  February 18 [Fri], 2011, 0:40
第6回の視聴率は、前回の22.0%より大幅に下がって、19.6%でした。初めて20%を切ってしまい、最低視聴率でした。危惧した通りで、残念です。 光秀と江が会っただけでも、主人公特...
ショコラの日記帳  February 16 [Wed], 2011, 18:51
光秀の天下 

「姫様…、約束を守れませなんだ…」by明智光秀(市村正親)。

ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!信長(豊川悦司)に続き、光秀までもが命尽きる直前に江(上野樹里)を思い出しちゃいましたっ!!!もうやめて〜〜〜〜、こっちが死ぬ〜〜〜〜っ!!!

っていうか、見ちゃった。てへっ!!!←文句言いつつ見ちゃうなんて、マジで製作者の思う壺だわ…。
イヤでもちょっと、もうなんかこう怒りを通り越して笑いが出ちゃうレベルに達しちゃいました。ファンタジー大河ドラマだし、トンデモ大河ドラマになっちゃっているので、笑うしかありません。っていうか、もはや笑ってもらうために作っているんじゃないかと思えます。なんかもう怒ったら負けなんじゃないかって気さえしちゃってます。
とりあえず本能寺の変の後処理だし見てみるかってんで見たんですが、もはや失笑モノでした。こういうものとして受け入れるしかなさそうです。もう見るのやめようと思ったんですが、次回予告で、「好きでもない人と結婚するのですか??」なんていう江のアホな台詞が聞けちゃうみたいなので、見ちゃうかもしれません。一体この時代を何時代だと思っているのでしょう。そもそも...
だらだらぐーたらぐだぐだ日記  February 16 [Wed], 2011, 16:36
『江?姫たちの戦国』
第6回「光秀の天下」

満9歳の江ちゃんと55歳の明智光秀さんの会話が妙な意味で印象的でした。
原作脚本・田渕久美子氏による強烈でシュールな物語は、もはや「パラレルワールドSF」か、あるいは「信長礼賛スピリチュアル・ファンタジー」か・・・

【 秀吉ゴロゴロ、ゴッツン 】

備中高松で、信長の訃報を聞いた秀吉(岸谷五朗)がショックで壊れてる。
床をゴロゴロゴロゴロ???。
柱に頭をゴッツン、ゴッツン、ゴッツン、ゴッツン???。
凄いのなんのって、血ぃ出るで。

で、頭をぶつけすぎて気ぃ失ったのか、あおむけにバタリ
短い間をおいて、ムックリ起き上った秀吉は何かひらめいた様子で「帰るぞ。引き返す??」「御屋形様はゴ・ブ・ジ」と”中国大返し”を発令!!
黒田官兵衛(柴俊夫)は半ばあきれているのか「転んでもただでは起きぬとはこのこと・・・」と呟いてる。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="01241844.1efd0776.04acec26.455972c4";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId="101077";rakuten_size="120x240";rakuten_target="_blank&qu...
世事熟視?コソダチP(気分は冥王星)  February 16 [Wed], 2011, 10:39
敵は本能寺にあり!人間五十年、潮時かもしれんな。それを翌日知らされた市、茶々、初。初は坊丸、力丸の死に衝撃を受ける。市にとって大きな支えを失った日。江は? 京へおるので...
strの気になるドラマ 気になるコト  February 16 [Wed], 2011, 8:05
江?姫たちの戦国?ですが、明智光秀(市村正親)の謀反で織田信長(豊川悦司)、嫡男信忠が一夜にして討たれるという驚天動地の本能寺の変で、混乱の極みに達します。市(鈴木保奈美)にとっても衝撃的ですが、愛憎半ばする兄上の突然死に「心の支えを失った」と嘆きます。茶々(宮沢りえ)、初(水川あさみ)も言葉を失いますが、この非常時に江(上野樹里)が京都に行っているわけです。市は江の安否を心配して半狂乱になりますが、江は徳川家康(北大路欣也)と一緒にいるので一応安全です。
江と家康は焚き火して野宿しますが、明智光秀が何故謀反など大それたことをしたのかと聞きます。家康はそれは光秀にしか分からないことだとお茶を濁しますが、江のことは無事に伊勢まで送り届けます。
しかし、市たちは既に避難して城は空っぽです。織田信包(小林隆)からも笑顔が消えますが、第六天魔王すら弑した光秀が攻めてきたら、織田一族は皆殺しにもされかねません。
この生きるか死ぬかの瀬戸際に、初は大量の饅頭を並べて、これは大事、これは要らない饅頭と小須田部長のように仕分けします。この場合は着の身着のままで逃げ出すべきですが、命あっての物だねで、...
一言居士!スペードのAの放埓手記  February 16 [Wed], 2011, 0:36
『光秀の天下』内容光秀(市村正親)により伯父・信長(豊川悦司)が、京・本能寺で倒された。堺において、事態を知った江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)とともに、伊賀越えを...
レベル999のマニアな講義  February 16 [Wed], 2011, 0:27
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE