江 姫たちの戦国第3話(1.23)

January 24 [Mon], 2011, 23:11
伯父織田信長@豊川悦司の命で
徳川家康@北大路欣也の妻築山殿と嫡男信康が自害に追いこまれた
と聞いた江@上野樹里が信長の真意を尋ねに行ったという話
うーん、浅井長政@時任三郎の旧領近江が
羽柴秀吉@岸谷五朗の領地になったことは描きませんかあ。
万福丸が出なかったことより残念。
小娘に過ぎない江を天下人信長と絡ませるのは苦しいなあと思いつつ、
歴史上の人物・事柄に江が触れていくという描き方には好感が持てますな

築山殿と信康が自害に追いこまれたのは天正7年(1579年)
信長の娘であり信康の妻である徳姫からの書状を読んだ信長が家康に命じた
というのが通説かなと思ってたんだけど、
最近は、家康自身が信康を排除したかったという説もあるらしい。

この大河の信長は、真意をぼかしてたけど、やはり家康を試したかったのかな。
(僕は、実際の信長も家康の忠誠心を試したんじゃないかと思う・・・)
信じられる人なのかどうか確かめたくて、相手の人間性を知ろうとした。
妻子を殺害したことで、家康は信頼できる人物だと認めた。
「妻を殺せ」と命じたら、「代わりに死ぬ」と言う人物とわかっているから、秀吉も信じられる。
真っ正直に気持ちをぶつけてくる江や市@鈴木保奈美も信じられるのでしょう。
前回、市が恨み言を言ったとき、『なんでバカ正直に言うのかね?』と思ったものだけど、
この大河の信長は、こういう素直な反応が好きなんだろうなあ。
逆に、本心を隠す明智光秀@市村正親のような人が嫌いなのでしょうな。
本能寺の変で光秀の本性を知ったとき、この大河の信長は喜ぶのかもしれない・・・

よくよく考えると、築山殿と信康の死は江の人生を大きく変えているのよね
信康が自害させられていなければ、
徳川二代将軍になっていたのは、秀忠ではなく、信康だったのかもしれない。
そして、そのとき、将軍御台所となっていたのは、徳姫だった・・・のかも。
御台所になってなかったら、江は大河ドラマの主人公にはならなかっただろうね(笑)。
信康死後、徳姫は織田家の故郷尾張に居住していたらしい。
江とは従姉妹にあたるわけだし、市&三姉妹と会うこともあったかもしれない。
その後、徳姫は秀忠や江より長生きして、寛永13年(1636年)78歳で他界。
徳川の時代になったことを、将軍御台所になっていたかもしれなかったことを
彼女はどう考えていたのだろう・・・

★今までの感想★
第1話 第2話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2921
Trackback
Trackback URL:
信長の秘密 

えっと…、信長(豊川悦司)の秘密ってなんだったんですか??わからぬ…、私にはわからぬ…。え??すべてを知ろうとするのは傲慢ですか??そうですか。

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…。もうなにも言うまい…、なにも言うまい…。うん、仕方がない、これはファンタジー大河ドラマなんだもん…。いいところを見つけよう…、うん、そうしよう…。

……。
…………。

ないっ!!!

そんなこと言ってても始まらないので、なんとかいいところを…。あっ!!!コスプレ信長様はかっこよかったわぁ。そして「妻のために自分が死ぬと言うであろう秀吉と、妻子を殺してまで忠節を貫く家康を、わしは決して裏切らない」とかなんとか言う信長はよかったかなと思いました。でもこんなにも秀吉や家康の人物像をよくわかっている信長が、光秀(市村正親)の謀反に気付かなかったってのはどうなんだろう…。いやしっかし、どうして光秀が市村正親なんだろう…。長生きする人物じゃないのに…。はっもしかして天海として登場するためだったり??そうなったらそうなったでむしろ楽しみになってくるわ。
あっあと、千宗易(石坂浩二)が江(上野樹里)に「傲慢だっ!!!」と言い...
だらだらぐーたらぐだぐだ日記  January 25 [Tue], 2011, 15:12
『江?姫たちの戦国』
第3回「信長の秘密」

なんか、第2話までがイマイチだったので、今回あたりが最初の正念場みたいな気もしたのですが、流れが変わりません・・・。
前回も宮沢りえが11歳の茶々、水川あさみが10歳の初、上野樹里ちゃんが7歳の江を演じることに対して散々ケチを付けましたけど、今回も引き続き強烈な不自然さに引いちゃいます。(『天地人』の悪評高き”スポットライト演出”より馴染めない)

【 子どものメンタリティ? 】rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="01241844.1efd0776.04acec26.455972c4";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="211742";rakuten_size="120x240";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="natural";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ver="20100708";

今回のエピソードは1579年ですから、1573年生まれとされている江姫は数えで7歳かな・・・。

で、家康(北大路欣也)に妻と嫡男を死に追い...
第3回の視聴率は、前回の22.1%より更に上がって、22.6%でした♪好調ですね♪びっくりです(笑) 今回、いきなり「築山殿事件」の説明があって驚きました。天下統一を目指す信長(...
ショコラの日記帳  January 25 [Tue], 2011, 11:28
昨日は舞台鑑賞に出ておりまして、感想UPが遅くなりました。まさに今、明智光秀を演じておられる市村正親さんの出演されてるミュージカル「モーツァルト」です(^^)なんだか今...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆  January 25 [Tue], 2011, 8:05
旦那と見ていて思ったんだけど・・・やっぱり信長ってB型だよね・・・好きか嫌いか、それが大事、っていうね・・・光秀は嫌い家康も嫌い秀吉は好き江も好き直感型なのね・・・「徳...
しなもにあ  January 25 [Tue], 2011, 7:11
江?姫たちの戦国ですが、築山殿事件が起こります。織田信長(豊川悦司)が徳川家康(北大路欣也)に正妻・築山殿と嫡男・信康を殺すよう命令し、家康はやむなく従います。江(上野樹里)たちにも衝撃的ですが、初(水川あさみ)は残虐な信長ならやりそうなことだ口を極めて罵りまくります。江は信長ファンなので、初と喧嘩になりますが、饅頭、貝に続く第3次初江紛争の勃発です。
江が初の頬っぺたをつねるという熾烈なものになりますが、市(鈴木保奈美)の「やめよ!」の一喝で沈静化されます。茶々(宮沢りえ)はあまり存在感もありません。
市は「兄上は私にも裏切られておるからのう」と残忍な笑みを見せますが、築山殿事件は家康の忠誠心を試したのではないかと推測します。
明智光秀(市村正親)が、お市の方様や織田信包(小林隆)のご機嫌伺いにやって来ますが、信包は光秀の丹波攻略を寿ぎます。しかし、光秀は4年もかかったので信長は評価してくれないだろうと悲観的です。
大人の話に江が紛れ込みますが、光秀は主筋の三の姫様にも愛想よく振る舞います。この男がもう直ぐ信長を裏切るというのですから、まさしく驚天動地ですが、それを招いた原因は信長自...
一言居士!スペードのAの放埓手記  January 25 [Tue], 2011, 2:00
スイーツ大河なんて言ってすみませんでした! これは、ファンタジー大河でしたw 江の生涯が余り知られてないのをいい事に、無茶やりすぎのような気がする[E:coldsweats01] ところで、上野樹里ちゃんが、6歳の江を演じている事について批判的な意見が結構ありますが、今までの大河の40代の女優が10代演じてます!に比べ
シフォンなキモチ  January 25 [Tue], 2011, 1:07
『信長の秘密』内容天正七年(1579)、信長(豊川悦司)に安土に招かれ、その後、伯父・信包(小林隆)のもとに帰った江(上野樹里)たち。平穏な暮らしが、再び始まり、、、数...
レベル999のマニアな講義  January 25 [Tue], 2011, 0:20
まるでバラエティ番組みたいな感じで築山事件を、冒頭で説明毎度恒例の姉妹喧嘩の最中乳母たちの戦いも勃発叔父上に築山事件の真意を聞く為江6歳にして、はじめての一人旅ザビエル...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TO:コウジさん
書きこみ有難うございます。
スイーツ大河と揶揄されてますが、
この大河が描く信長をはじめとする人物像は好きだったりします。
次回は本能寺ですね。
どういう信長・光秀が描かれるのか、楽しみです。

TO:ショコラさん
書きこみ有難うございます。
歴史にifを考えてもキリはないのですが、
僕はこういうことを考えるのか好きなんです。
そして、江は運の強い女性だったと思いますね。
January 26 [Wed], 2011, 6:45
>そして、そのとき、将軍御台所となっていたのは、徳姫だった・・・のかも。

そう言われれば、そうですね。
自業自得とはいえ、徳姫、残念でしたね(^^;)

江は運の強い人ですね♪(^^)
January 25 [Tue], 2011, 11:40
TBさせていただきます。

>この大河の信長は、こういう素直な反応が好きなんだろうなあ。

僕もこれが、この作品の信長像なんだと思います。
家康のことも、おっしゃるとおり試して見たんでしょうね。
この頃の家康はまだ純粋で天下取りのことなど考えていなかったのでしょうが、最終的には狸親父ですからね。

>本能寺の変で光秀の本性を知ったとき、この大河の信長は喜ぶのかもしれない・・

なるほど!
こうなるかもしれませんね。


January 25 [Tue], 2011, 9:19
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE