龍馬伝最終話(11.28)

December 01 [Wed], 2010, 0:11
身分の上下のない自由な世の中を作りたい・・・
という強い思いから動いていた坂本龍馬@福山雅治
不可能と思われた大政奉還を一人で成し遂げたものの、
何をしてたのかよくわからん中岡慎太郎@上川隆也と共に
旧幕府方の過激一派に暗殺され、その波乱の生涯を閉じたと
なかなか息を引き取らないので、ビデオを早送りしてしまったわ
龍馬暗殺のシーンに愛媛県知事選の速報のテロップが流れ、
一部の視聴者を苛立たせたようですが、
当選した中村時広氏は三菱商事に勤務していた経歴があるそうで、
『龍馬伝』で散々道化役をさせられた岩崎弥太郎が
最後の最後で三菱の力を見せつけた・・・というところでしょうか(笑)

『龍馬伝』は、死を目前にした岩崎弥太郎@香川照之
羨望・嫉妬・憎悪・友情etc、複雑な感情をこめて、
龍馬の思い出を語っていた・・・という話だったわけで、
ストーリーが非現実的だったり、
龍馬の容姿やエピソードが美化されてたのは、
弥太郎さんが病気で朦朧としていたせいなのでしょう
冗談はともかくとして、毎週不満や批判を書くのが嫌だったので、
感想を書くのを遠慮せざるをえない作品でした
(自分のブログだから、好き勝手に書いてもいいと思うんだけどね、
観ていただいてる人に不快に感じさせちゃうのも嫌だしさあ・・・)

僕は、歴史学者ではないので、史実にこだわるつもりはないのよ
前も書いたけど、大河ドラマは所詮エンターティメントドラマに過ぎないと思う。
僕が大河ドラマを観るのは、この人はこんなことを考えてたのかもなあとか、
登場人物たちに感情移入とかをしたいから。
ドラマとして楽しめれば、それでいいのだ。
主役が美化されたり、他人の手柄を奪っちゃったり、
都合の悪いことが描かれないのも、ある程度しょうがないかなと思う。
でも、『龍馬伝』はやりすぎた。
他の歴史上の人物が、龍馬の引き立て役になってしまっていた。
龍馬や龍馬に考え方の近い人物はひたすら好人物に描かれ、
対立する人物は、滑稽に描かれたり、歪んでいたり、醜く描かれる。うんざりした。
もっと熱い群像劇になることを期待してたんだけどなあ。

そして、連続ドラマとして矛盾している点も多かった。
『龍馬伝』って、一話完結のドラマだったと思う。
その回が面白ければ、整合性などどうでもよかったのだろう。
「幕府を倒そう」と薩長同盟を持ちかけておきながら、
薩長が武力倒幕を考えていると知ると、龍馬は衝撃を受ける・・・。
池内蔵太@桐谷健太の死を視聴者が悲しむために、
長崎奉行の隠密だの、隠れキリシタンだのの苦悩を知ることないまま、
内蔵太はお元@蒼井優にプロポーズし、お元もOKする・・・。
幕府の身分制度を否定しておきながら、
近藤長次郎@大泉洋は海援隊で「えせ侍」とバカにされ、
長次郎が切腹すると、「立派な侍だった」と美化される・・・。
『過去があるから、現在があり、未来に繋がる』という大河の流れのような
登場人物の人生・時代の流れを描くのが、大河ドラマだと思うんだけどなあ。
『龍馬伝』を楽しんでいた方には申し訳ありませんが、
昨年の『天地人』や『龍馬伝』に大河ドラマという肩書きをつけてほしくないです

来年は上野樹里主演『江 姫たちの戦国』ですな。
脚本が『篤姫』脚本の田渕久美子なので期待してます。
登場人物に感情移入できる大河ドラマにしてほしいものです

あと、来週からの『坂の上の雲第2部』は観ません。
司馬遼太郎氏が言い残していたように、
やはりこの作品は映像化すべき作品ではなかったと思う。
軍国化や他国への侵略戦争を日本の成長と描かれるのには抵抗を感じます。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話(第1部完) 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第28話(第2部完) 第38話(第3部完)
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2849
Trackback
Trackback URL:
あ、以蔵だぁ、武市さんもいるではないですか… オープニングの夢で、郷里の桂浜。土佐勤皇党士の面々が揃って談笑してるのが、なんともいえず切なかったです。

賛否両論あれど、「アマデウス」風に、サリエリの目を通してモーツァルトを描いた物語じゃないけれど、弥太郎(香川照之)の目を通した龍馬像は、それはそれで、なかなか味だった気がしました (それにしても、あの派手な絶命姿、インパクトで龍馬を上回ってた…かも)

それにしても… 今回の龍馬伝。いつになく、脇役達の人選が「なかなか…」で、場合によっては、かなり大胆。存在感が光りましたね。

個人的に、田中泯の吉田東洋、近藤正臣の山内容堂...
のほほん便り  December 06 [Mon], 2010, 8:35
武市半平太が門弟に稽古をつけている。平井収二郎、岡田以蔵、望月亀弥太、そして近藤長次郎。今は亡き土佐の仲間が、土佐の海辺で龍馬を出迎えてくれる。龍馬を、よくやったと褒め...
strの気になるドラマ 気になるコト  December 02 [Thu], 2010, 20:25
最終話『龍の魂』「大事な人なんじゃ」冒頭は武市や以蔵や長次郎らが全員集合。龍馬の姿に、久し振りだと喜ぶ面々。これって、つまり、死後の予想?イキナリ切ないじゃないか…...
もう…何がなんだか日記  December 02 [Thu], 2010, 15:07
最終回の視聴率は、21.3%で、久々に20%台を超え、有終の美を飾りました♪最終回の瞬間最高視聴率は、龍馬暗殺直後で、25.7%だったそうです。各回の最高視聴率は、第5回(1/31「黒船...
ショコラの日記帳  December 01 [Wed], 2010, 22:06
いよいよ最終回。寂しいです。。
以下、感想です。ネタバレ注意(いつにも増して長文注意。)...
サブカル*トレジャー  December 01 [Wed], 2010, 21:36
なんと!今日はリサさんの「そこにま〜〜〜め〜〜〜〜」が聴けなかったでやんす!先週ききおさめだったとは冒頭の夢?が悲しかったでやんす武市さんも長次郎も以蔵もなんか楽しそう...
しなもにあ  December 01 [Wed], 2010, 19:14
遅くなってしまって、すみません。総評も一緒に書こうと思ったら、長くなってしまい、切れなかったので、2つに分けました。この後、総評と視聴率の詳しいことをまとめて、後でアッ...
ショコラの日記帳  December 01 [Wed], 2010, 17:57
刺客には亀様を持って来ましたかぁ!もっと見せて欲しかった〜。もったいなくて〜贅沢な気分を味わえましたけど♪弥太郎との対峙は魅せてくれましたね〜。流石の…いとこでしょ(笑)京都見廻組・今井信郎(市川亀治郎)。暗殺説では京都見廻組が有力のようですが、彼は見張り役
美容師は見た…  December 01 [Wed], 2010, 17:52
『龍の魂』内容新政府のための綱領を書き留めながら、近江屋へと居を移した龍馬(福山雅治)そんななか、越前へと向かおうとしていた。新選組の目をかいくぐり、到着した越前松平春...
レベル999のマニアな講義  December 01 [Wed], 2010, 17:43
終わってしまいましたね。1日遅れの鑑賞となりましたが、初回から欠かさず無事に完走する事が出来ました。最終回の感想としては、「雰囲気が良かった」「龍馬の顔は初回から随分変...
山南飛龍の徒然日記  December 01 [Wed], 2010, 9:06
坂の上の雲第2部への壮大なる序章龍馬伝昨日、ようやく最終回が放送され20%越えが当然の大河にかかわらず20%はおろか15%すら割り込む等苦戦を強いられたが、最後は21....
はい、最終回でございました一言だけ、昨夜書いたんですがまぁ・・・・・改めてとうとう龍馬暗殺・・・・・・と言う事で初っ端からいきなり”あの世”に先に行っている友人たちと会...
徒然”腐”日記  December 01 [Wed], 2010, 6:39
大政奉還を成し遂げた龍馬(福山雅治)は追手から隠れるために近江屋に移り、
新政府網領八策を書き、各藩に送る。
人々は「○○○を盟主とし」という文を見て「○○○」が誰なのかを噂し合い、
翻弄される。
龍馬は、新政府の人材を集めるために奔走していた。
越前に松平春
ぷち丸くんの日常日記  December 01 [Wed], 2010, 5:52
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は土佐の桂浜で武市半平太(大森南朋)、岡田以蔵(佐藤健)、近藤長次郎(大泉洋)など歓談します。夢の中なら何でも叶いますが、「そばにいてくれるだけでいい」というくらい男同士の友愛が盛り上がります。
大政奉還を成し遂げた坂本龍馬はもはや天下の名士ですが、船中八策を元にした新政府綱領八策を諸藩に送りつけるほどです。その中に「○○○を盟主となし」と気分はキングメーカーですが、龍馬は人生の絶頂をむかえ、その権勢たるや並ぶものもなく栄耀栄華を極め、軍鶏鍋だって食べ放題です。この○○○は徳川慶喜ではなく、みんなで志ある者をリーダーにすればいいという祈りにも似た希望の結晶です。
龍馬は越前藩に行き、松平春嶽(夏八木勲)から財務に詳しい三岡八郎(中川家礼二)を新政府に差し出すよう頼みます。春嶽は自分の席を龍馬に譲りますが、一段高い席は見晴らしもよく、殿様気分を満喫できます。お人よしの春嶽は、この玉座から自ら下りた慶喜の功績たるや甚大なりと高評価ですが、大久保利通(及川光博)あたりに言わせれば、官位も領地もそのままで徳川は何一つ失っていないわけです。(以下に続きます)
...
一言居士!スペードのAの放埓手記  December 01 [Wed], 2010, 1:47
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE