医龍 TEAM MEDICAL DRAGON3第4話(11.4)

November 05 [Fri], 2010, 1:54
医療版ミシェランIMAの最終審査を受けることとなった明真
伊集院@小池徹平患者@本田博太郎への好対応から
合格点を貰うことができたものの、
当の伊集院は自分の境遇に苛立ちを感じており、
接近してきた黒木@遠藤憲一の軍門に下ったという話
伊集院が何か問題をやらかしたのか?と苛立っていたのに、
審査員が伊集院の対応を絶賛しているのに気づくや、
「これが・・・これがわが明真です!」
などと言い出す鬼頭@夏木マリ、すっかり野口イズムに染まっているな

『医龍』も三期になりますし、
相変わらず成長を感じられない伊集院に「またかよ・・・」と感じるトコもあったのですが、
今回のチーム黒木入りする経緯はうまく描かれていたと思いましたわ
本田博太郎への対応は、医者としては成長したと感じさせられましたし。
唯一の不満は、黒衣のコスチュームだけでなく、金髪にイメチェンしてほしかったね(笑)。

伊集院がチーム黒木したのは、
「何だか君がいいように使われているような気がして・・・気の毒でね」
「君の無念は俺にはよくわかる・・・」

かつて心臓外科医だった黒木を自分の理解者だと感じたこともあったけど、
(黒木は伊集院の年齢の頃に、ロス手術を助手で入った際、
執刀医のミスの責任を押しつけられて、心臓外科医の道を断たれた・・・のかな?)
今回の患者の対応に関して、黒木がカルテを見ていたことが大きかったと思う
対して、加藤@稲森いずみは「よくやった」と褒めただけ。
『男は結果を評価されると喜び、女は過程を評価されると喜ぶ』
という話を聞いたことがありますが、
伊集院は自分を見てくれる人がいたのが嬉しかったのでしょうな。
ただ、黒木は荒瀬@阿部サダヲ曰く「闇を抱えている」そうで、
いつまで伊集院が心酔していられるのかわかりませんが・・・。

うーん、三期、面白いのだけど、物足りなさも感じますね
朝田@坂口憲二が影が薄すぎるなあ
寡黙なキャラとはいえ、存在が空気すぎるよ。
ただひたすら患者を救おうとしている姿勢はわかるんだけどね。
あと、三期は、加藤ちゃんがよくないねえ。
前回、医者の在り方をまた考えるようになったのかなと思ったのに、
相変わらず、野口@岸部一徳との主導権争いにご執心のようだし。
やっぱ、この人は大学病院の医者なんだなあ。
朝田は加藤ちゃんを注意してもいいんじゃないかと思うんだけどねえ。
次回は朝田が患者を救う姿が描かれるようだし、本当の『医龍3』はこれからなのかな

★医龍 TEAM MEDICAL DRAGON2の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話

★医龍 TEAM MEDICAL DRAGON3の感想★
第1話 第2話 第3話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2813
Trackback
Trackback URL:
伊集院、ハイ!落ちた?!早々に落ちたと思われた荒瀬は、黒木の心の闇を見抜いていた…。心臓外科もチームドラゴンもピーンチ!
fool's aspirin  November 11 [Thu], 2010, 0:56
まだまだ続く、チーム・ドラゴンの劣勢と、その崩壊… 宿敵・野口(岸部一徳)がアメリカから連れてきた、黒木(遠藤憲一)による華麗なるカテーテルオペ・ライブデモンストレーションに会場は拍手喝采。すっかり場を魅了してしまいます。

朝田(坂口憲二)は、予定されてたライブ患者の少女が、思春期の乙女心から不安がり嫌がってた気持ちを優先。独断でカメラ中継を切ったのでした。加藤(稲森いずみ)のもくろみは、大ハズレ

でも、分かる人は分かるのですね。中継こそ無かったものの記録を見たIMA審査員に朝田の手術を素晴らしいと誉める声も…

そんな状況下ゆえ、どんどん病院内でも、肩身が狭くなってくる...
のほほん便り  November 07 [Sun], 2010, 9:50
黒木のカテーテル手術のデモンストレーションよかったですねぇ。
黒木と手元だけ映していても地味だよなぁ?
どうするんだろう?と思っていたらCG駆使してるもんねぇ。
あの映像とマッチしてて緊迫感ありました!

しかしIMAの認可を取りたいからと言って鬼頭ちゃんの
変わり身の早さにはびっくりだったわ。
野口が黒木のデモを行ったことをさも前から知ってました。
って感じでIMAの審査員に話してたりして・・・。
この人ってこういうキャラだったっけ???
院長になってちょっと傲慢さが出てきた気がするわ。

カテーテルで技術面での評価はされたけど
病院内部のことも調べるってことで審査員の人たちが
やってきたんだけど、鬼頭ちゃんの思惑通りには
いかなくて、点滴の過剰投与やその後の検査不足なんかも
発覚して、これはもしかして取り消し?
と思ったら、

伊集院ちゃんやりましたよ。
急患で運ばれてきた肩を痛いという患者さんを
整形に回し、さらにその後血液の再検査をして
心臓病を発見するなんてさ!

カテーテルの手術が成功して心臓外科はもはや
必要ないって感じで、ERに回されちゃったりしてたのに
このことがきっかけで一発逆転で明真もIMAの病院と...
Simple*Life ドラマ感  November 06 [Sat], 2010, 21:48
『誰も知らないカルテ内容患者のためと、ライブデモンストレーションの中継を中断した朝田(坂口憲二)その行いにショックを受ける加藤(稲森いずみ)であったが、次の瞬間、野口(...
レベル999のマニアな講義  November 06 [Sat], 2010, 17:44
第4話「誰も知らないカルテ!
天才の光と伊集院の涙…そのチームは誰のため」 視聴率12.9%
またり、すばるくん。  November 06 [Sat], 2010, 13:59
サムライガールは新キャラ直江兼続も

























宗郎&千し千マスターサムライで
























1度で後は自分でマスター覚醒も
























最終的マスタ
別館ヒガシ日記  November 06 [Sat], 2010, 13:33

10/14からフジテレビで始まった『医龍 Team Medical Dragon3 (公式)』の第4話 『誰も知らないカルテ! 天才の光と伊集院の涙…そのチームは誰のため』の感想。


明らかに詰め込み過ぎ!


今回は(も?)明らかに詰め込み過ぎ。“黒木の闇”、“伊集院の弱さ”、“評価基準が見えないIMA審査”の3つを描きつつ、もちろん心外の存続問題や明真医大の経営問題もベースにある。
何れも今後に描きたいテーマの提示なのはわかるのだが…


構成がイマイチ。もったいない…...
ディレクターの目線blog  November 06 [Sat], 2010, 9:09
朝田が、患者の意思を尊重して、カメラを切ったため、野口には好都合となった。
黒木の桧舞台。日本初のカテーテル大動脈弁留置術が始まった。

弁輪経20mm。初お目見えはさらに太い23mmの黒木特注のカテーテル・K−VALVEが登場。
まぁ、お茶でも  November 06 [Sat], 2010, 6:09
朝田(坂口憲二)が別の大学病院で行われる手術に呼ばれる一方、伊集院
(小池徹平)は執刀医以外は必要ないと言われてしまう。
晶(稲森いずみ)はそんな伊集院に、救急救命室へ行くよう命令する。
そんな中、医療の格付け評価「IMA」取得のための審査日がやって来る。
ぷち丸くんの日常日記  November 06 [Sat], 2010, 5:25
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE