龍馬伝第14話(4.4)

April 06 [Tue], 2010, 0:55
吉田東洋@田中泯が暗殺された後、
土佐藩政の実権を握る武市半平太@大森南朋
一方、脱藩後、坂本龍馬@福山雅治は東洋暗殺の実行犯と疑われていた。
後藤象二郎@青木崇高の命で、井上佐市郎@金山一彦と共に
龍馬を捕えようとした岩崎弥太郎@香川照之だったが、
変貌した龍馬の迫力の前に、何もできない。
東洋暗殺の真相がバレるのを恐れた半平太は、
岡田以蔵@佐藤健に井上佐市郎の暗殺を指示するのだった・・・。

第2部開始
確かに、脱藩して、龍馬の雰囲気は変わった。野性味や風格が出てきた。
でも、『外見が変わっただけでなく、中身も成長した』とは感じられないのよね
『半平太と目指す方向性が違う』のは、今更気づくことじゃないと思うのよ。
目指す方向性が違うからこそ、脱藩したわけだし。
脱藩したというのに、半平太や弥太郎と再会させたのも、
狭い世界の物語だなあと感じさせちゃったよ
龍馬・半平太・弥太郎、三者三様の物語じゃいかんのかなあ。

敬愛する武市半平太の言葉を信じ、井上佐市郎を暗殺、
人斬り以蔵としての第一歩を踏み出してしまった岡田以蔵
殺害後、苦悶の表情を見せる以蔵を佐藤健が好演してましたな。
『電王』卒業後、役に恵まれなかった感のある佐藤健でしたが、
久しぶりに、イイ役を貰ったなあという感じだなあ
『龍馬伝』の土佐勤王党を演ずる面々は三十代の役者さんが多くて、
佐藤健なんか浮いててもおかしくないと思うのよ。違和感ないのが凄いと思うわ

そして、勝麟太郎@武田鉄矢が初登場。
『篤姫』のときの北大路欣也も不満だったけど、なぜ武田鉄矢にしちゃうのかなあ。
1823年生まれの勝麟太郎は、文久2(1862)年じゃあ、39歳だべ。
武田鉄矢も坂本龍馬のことが本当に好きなら、辞退しろよ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2539
Trackback
Trackback URL:
不覚です…横になって観ていたら後半15分ほど寝ちゃってました・・・w再放送でチェックしなくちゃやさぐれ草々さん<象二郎龍馬の立ち回り・・・袴がはらり以蔵さんはなぜ仲間外れにされてたの????よく覚えてない;;;; やばいわ?・・・脱藩と脱糞ではえらい違い...
しなもにあ  April 11 [Sun], 2010, 12:58
 竜馬伝14話(お尋ね者竜馬)を見ました。いよいよ、2部のスタートですね。東洋暗殺の犯人が竜馬だと疑っている後藤の命により弥太郎と井上は大...
本とTVとDVDの感想日記  April 08 [Thu], 2010, 18:28
第14話『お尋ね者龍馬』大阪に全員集合!休みもなしに第二部開始だから>ま、大河ですから龍馬登場まで時間をかけたのは効果的。その前振りとして横溝と沢村が一緒に飲んでいるのが笑えた。さり気に状況説明してるし(笑)後藤を中心とした暗いシーンと良い対照になってい...
もう…何がなんだか日記  April 08 [Thu], 2010, 15:15
明治15年(1882年) 横浜
弥太郎はすっかり財をなし、宴席で外遊の費用は?と聞いていた。
板垣と後藤二人分で、相当かかると言っている。
弥太郎はこのころ、「郵便汽船三菱の社長」になっていた。
話半分で流石横浜の芸者は粒揃いじゃとご機嫌だった。
まぁ、お茶でも  April 06 [Tue], 2010, 20:53
第2部開始という事で、語り部の明治時代の弥太郎が再び登場。「龍馬の事を英雄扱いするような 本を書くつもりやったら わしゃ協力せんで」そう言ってんのに、第1部の話は龍馬はエエように描かれてたけどな弥太郎は、完全な引き立て役やったし嘘つきで、見栄っ張りな弥...
2部開始----------!!明治15年。遊郭と豪遊出来るまでの商人になった弥太郎。三菱の社長として、金の亡者になっているよう。まぁ、若いころに苦労した分、そうなっても仕方ないかなぁ。番記者に龍馬の脱藩後の話を聞かせる弥太郎。あの吉田東洋暗殺事件が発端になり、...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆  April 06 [Tue], 2010, 20:16
第2部の始まりです。OPが微妙に変わっていましたね♪【今回の流れ】・東洋を暗殺した半平太は土佐の実権を握り、藩主を動かすほどに 藩主の山内豊範を上洛させようと画策・後藤象二郎は、弥太郎と井上に龍馬を捕縛するよう命じる・龍馬は薩摩へ行くなど、道中で様々な...
山南飛龍の徒然日記  April 06 [Tue], 2010, 18:11
龍馬(福山雅治)は土佐を脱藩し、姿を消していた。
そのころ土佐藩では、東洋(田中泯)を暗殺した半平太(大森南朋)が、藩の保守派と
手を組み、藩主・山内豊範(染谷将太)の上洛を実現しようとしていた。
半平太は藩を動かすまでの力を付けていた。
一方、象二郎(青木崇
ぷち丸くんの日常日記  April 06 [Tue], 2010, 15:29
ネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください。個人的な感想突っ込み記事なので苦手な方はバックプリーズ始まりましたね???第二部「RYOMA THE ADVENTURER」冒険者 龍馬・・・・・・・っすか突っ込みまくった第一部・・・・・・第二部は少し控...
徒然”腐”日記  April 06 [Tue], 2010, 13:44
第二部の幕開けであります。
土佐を出奔した龍馬はどうなったのでしょうか?
「さくら、さくら♪」
年度変わり、日本航空は4月1日に入社式を自社倉庫で挙行しました。
どちらさまも正念場の「春」であります。
2010年の今日も。龍馬のいた土佐も、あの時その時。
龍馬の飛び
第14回「お尋ね者龍馬」 視聴率18.5%
またり、すばるくん。  April 06 [Tue], 2010, 13:28
第14回の視聴率は、前回の18.8%より少し下がって、18.5%でした。主役の龍馬があまり出てきませんでしたからね。次回は龍馬中心の話であって欲しいものです。 第2部のテーマは、「龍馬TheAdventurer」。新しい龍馬の幕開けです♪今回は、第2部の始まりらしく、郵便...
ショコラの日記帳  April 06 [Tue], 2010, 12:26
★冒頭10分、龍馬(福山雅治)は出て来ない。
 薩摩に行っているという。
 視聴者はなかなか登場しない龍馬にやきもきする。
 そして、満を持して主役登場!
 という演出。
 第2部になって龍馬がかなりワイルドになったが、第1部・2部という区切りで何となく納得。
 脱藩してからの旅で<龍馬は何を見て考えたのか>ということを視聴者に想像させる仕掛けになっている。

★物語としては、土佐からの龍馬を捕まえにやってきた郷廻り・井上佐市郎(金山一彦)をめぐる対応で、龍馬と武市(大森南朋)を対比させる。
 すなわち、龍馬は井上を斬らない。剣で威嚇して井上を退散させる。
 武市は以蔵(佐藤健)を使って井上を殺す。
 <退散>と<殺害>。
 この違いを描くことで、武市が別の世界の人間になってしまったことを描き出す。

 龍馬と武市の対比はこんな所にも。
 龍馬は弥太郎(香川照之)に「血なまぐさいことは似合わないから土佐に帰れ」と言う。
 武市は以蔵を操って人を殺害させる。
 これも<退散>と<殺害>。
 以蔵も龍馬に出会っていたら、「退散しろ」と言われたのではないかと思わせる。

 龍馬の中には<退散>という発想がある...
平成エンタメ研究所  April 06 [Tue], 2010, 10:24
今回で、龍馬が高知藩を脱藩して全国にその功績を数々残していく過程に入っていく…第二章の幕開けとなる。時は明治15(1882)年、西の神戸と並ぶ国際港湾都市として名を馳せている横浜…芸者に囲まれた1人の男。実業家としてその名声をほしいままにしている郵便汽船三菱社...
政の狼 ?TheWolfwantshisownDandism.?  April 06 [Tue], 2010, 10:19
龍馬伝ですが、明治の岩崎弥太郎(香川照之)は三菱創始者の大富豪で横浜中の芸者あつめて飲めや唄えの大騒ぎです。そんな弥太郎は明治の元勲・板垣退助&後藤象二郎(青木崇高)の欧州留学費用を無心されるほどですが、かつての上士に対し「遊びに行くだけで無駄な金」など吐き捨てます。赤心洗うがごとき薄汚れていた弥太郎が、いまや栄耀栄華をきわめおごりたかぶること甚だしいですが、このドラマはもともと坂崎紫瀾が「汗血千里駒」を書くために弥太郎に坂本龍馬(福山雅治)について取材している設定です。
弥太郎は「吉田様はワシを認めてくれた唯一のお方じゃった!」と自分のことばかり話しますが、吉田東洋暗殺によって土佐藩は何もかもがひっくり返ります。土佐の実権を握ったのは土佐勤皇党の領袖・武市瑞山半平太(大森南朋)ですが、若い藩主をロボットにしてやりたい放題です。(以下に続きます)

7/1:福山雅治主演 竜馬伝写真集 4/10:新装普及版 武市半平太伝
龍馬伝、使っているカメラが違うせいでしょうか??
とても臨場感がありますね{/hamster_2/}
個人的ですが今回の主人公・人斬り以蔵こと岡田以蔵、武市半平太に
心酔しきっている様が分かり易く描かれていましたね{/kirakira/}{/kirakira/}
剣の腕は折り紙つき{/good/}その腕をかわれて武市半平太に利用されただ
けなのかも知れません{/cat_6/}
剣の腕は確かだった様ですが教養が全く無く、暗殺要員として武市に重用
されたとも言われています{/kuri_5/}

前藩主・山内容堂による勤皇党弾圧により武市共々捕縛されてしまいます{/m_0210/}
厳しい取り調べだった様ですが、それでも以蔵は口を割りません{/hiyo_do/}
逆に武市は以蔵が口を割る事を恐れ毒殺を図るのです{/ee_3/}
それを知った以蔵の気持ちはいかばかりだったのでしょうか{/namida/}{/namida/}{/namida/}
信じ切っていた人に裏切られた以蔵、もはやこの世に生きる術を失くした
のでしょうか?
全てを自白し打ち首となります{/kaminari/}{/kaminari/}
「君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後ぞ 澄み渡るべき」
以蔵の辞世の句と言われていますが、この句を読む限り無教養だった
とはとても思われません{/eq_2/}
...
函館 Glass Life  April 06 [Tue], 2010, 10:01
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2)
第14回「お尋ね者龍馬」

 第2部開始ということで、初回のように明治の立身出世後の岩崎弥太郎(香川照之)が、記者の問いに答えて「あいは最悪の出来事じゃった」と吉田東洋暗殺事件を語り、その後、土佐ハンデは開国派から武市を筆頭とする攘夷派に実権が移った旨を語る場面から始まりました・・・・。

【 武田鉄矢、現れる 】

 文久2年(1862年)。
 「龍馬脱藩」「吉田東洋暗殺」のあと、土佐は武市半平太(大森南朋)を中心とする攘夷派が動かしている状態となっている。
 武市は土佐藩主・山内豊範(染谷将太)を上洛させ、帝に「攘夷決行を幕府に促す」よう迫らせる目論見を立ててる。

 そのころ江戸では、権力を失いつつある幕府では幕臣会議が行われている。
 攘夷に舵を切るかどうかで会議は紛糾し、「幕府改革」を掲げる者、「攘夷と言っても勝ち目はない」と考える者など、意見がまとまる気配がない。
 会議がカオス状態になった時、鼻が詰まったような声で「恐れながら申し上げます」と発言し、すっくと立ち上がった男がいた。
 男は、米国は南北戦争の真っ最中で、日本を相手に...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE