龍馬伝第13話(3.28)

March 30 [Tue], 2010, 8:10
坂本龍馬@福山雅治が土佐藩を脱藩、
武市半平太@大森南朋が刺客を使い、吉田東洋@田中泯を暗殺したという話

「私の知っちょる龍馬は、何かとてつもないもんを持っちょる男じゃき。
土佐には収まりきらん、とてつもない大きいもんを持っちょる男じゃき。
見つけたがじゃよ、龍馬は。
自分が成し遂げるべき道をやっと見つけたがじゃ・・・。」

龍馬の脱藩を引きとめようとする家族を説得する乙女姉さん@寺島しのぶ
そうかあ??
僕には、龍馬が進むべき道を見つけたようには感じられなかったよ。
土佐に居場所がなくなって、脱藩したようにしか見えなかった。

坂本龍馬が土佐を脱藩したのは、文久2(1862)年3月24日
吉田東洋が暗殺されたのは、文久2(1862)年4月8日
ちょっと前の文久2(1862)年2月11日に、皇女和宮が将軍徳川家茂に降嫁してます
この頃、天璋院篤姫と和宮は熾烈な女の戦いをしてたのかな?
幕府の命数が残り僅かとも知らずに。ちょっと滑稽ですな
安政の大獄で尊皇攘夷派の弾圧を推し進めた大老井伊直弼
安政7(1860)年桜田門外の変で暗殺されると、
幕府は朝廷と提携することで、難局を切り抜けようとしました(公武合体)。
『朝廷を第一』と考える尊皇攘夷派にとって、
公武合体や和宮降嫁は不快だったわけで、過激派は活発な動きを始めてます。
武市半平太が吉田東洋を暗殺させたのは、
今こそ土佐に尊皇攘夷の旗を掲げるべし♪と見たのでしょう
大老井伊直弼が桜田門外の変で薩摩や水戸の浪士に暗殺され、
和宮降嫁を進めた老中安藤信正文久2(1862)年1月坂下門外の変
水戸浪士に襲われ負傷したのも、半平太のハートに火をつけたのかもしれません。
翌年の文久3(1863)年には、近藤勇土方歳三が上洛、
新選組の前身の壬生浪士組が結成されてます。
佐幕であれ、倒幕であれ、反対派の人間は問答無用に抹殺・・・嫌な時代ですなあ
この大河の主人公龍馬もまた・・・。

これで龍馬伝1部終了。
そうねえ、1部を観たかぎり、上でも書いたけど、
登場人物たちが坂本龍馬を過剰評価したり、過剰に意識してるみたいなのよね
主人公がやたら持ち上げられるという点では、『天地人』の直江兼継と同じだと思う。
それでいて、『天地人』よりストーリーが受け入れられるのは、
日本人の殆どに、坂本龍馬が偉人であるという意識があることと、
龍馬の周囲の人物・・・実際の武市半平太や岩崎弥太郎のことがあまり知られてないこと、
そして、岩崎弥太郎@香川照之をはじめとする脇役の描き方がいいからかな。
やや物足りないけど、こんな坂本龍馬もありかな♪・・・そんな感じです。2部も頑張れ

そうそう、偉大なるくそじじい吉田東洋退場
いくら傲慢だからといって、『一人で外出』は油断しすぎだ(笑)。
田中泯さん、お疲れさまでした
今後、吉田東洋と聞いたら、貴方の顔を思い浮かべることだろう。
品川徹さんとは別なタイプの峻厳な雰囲気漂う老役者さんでしたわ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2532
Trackback
Trackback URL:
第13話『さらば土佐よ』「こんな滑稽で、こんな惨めなことが…」後藤象二郎に龍馬暗殺の命を受けた弥太郎。少し前まで碌な刀を持っていなかった弥太郎が太刀打ちできるわけないじゃん…と思ったら、ちゃんと毒薬まで用意しているとは…恐るべし後藤!彼...
もう…何がなんだか日記  April 03 [Sat], 2010, 23:17
人生の岐路というもの…龍馬にとっては、文久2(1862)年の自身が高知藩を脱藩するという出来事だろう。現代で言えば、故郷を出なければならないときというのは別に自然な話である。就職なんかは、けっこうあるのではないだろうか?…この当時、そのような自由な選択がはた...
政の狼 ?TheWolfwantshisownDandism.?  March 31 [Wed], 2010, 0:30
 竜馬伝13話(さらば土佐よ)を見ました。土佐が竜馬にとってどんどん居づらい地になってきましたね。

 武市は、反目する吉田を人に命?...
本とTVとDVDの感想日記  March 30 [Tue], 2010, 23:22
第1部の最終回でした。【今回の流れ】・半平太から東洋を斬るように言われた龍馬 まずは、東洋の真意を探る事に 東洋曰く『有能なら下士でも引き立てる。が、武市は無能』 龍馬は斬る理由が無いと判断・後藤象二郎から龍馬を毒殺するよう命じられた弥太郎 茶に毒を入...
山南飛龍の徒然日記  March 30 [Tue], 2010, 18:27
ネタバレ要素を含みます。未視聴の方は御注意下さい。個人的な感想&突っ込みありの記事ですのでご了承ください。第一部完結ってことなんですね?今回第1部は「RYOMATHEDREAMER」・・・・・・夢見る人だったわけですか随分と夢とはかけ離れた現実っすよね武市に「吉田東洋...
徒然”腐”日記  March 30 [Tue], 2010, 15:59
後藤象二郎(青木崇高)から龍馬(福山雅治)暗殺の命を受けた弥太郎(香川照之)
は、龍馬の飲んでいた茶に毒を入れる。
しかし、龍馬が吐血し倒れる場面を想像した弥太郎は、慌てて引き返し、龍馬が
飲む前に湯のみを払いのけ、命を救う。
龍馬は、半平太(大森南朋)が東洋
ぷち丸くんの日常日記  March 30 [Tue], 2010, 15:10
第13回「さらば土佐よ」 視聴率18.8%
またり、すばるくん。  March 30 [Tue], 2010, 13:56
暗殺命令--------------!!東洋を殺せと龍馬に迫る武市。だが、龍馬はそんな武市の代わりに東洋の腹を探って来ると言い出す。一方弥太郎は後藤に龍馬暗殺を命令される。後藤に毒をもらった弥太郎。結婚したばかりの妻と別れたくなかったら殺せ。そう命じられたものの・・...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆  March 30 [Tue], 2010, 13:50
第13回の視聴率は、前回の17.7%より上がって、18.8%でした。残念ながら20%には届きませんでした。裏の「世界フィギュアスケート選手権女子フリー」が22.6%だったので、そのせいで伸び悩んだのかもしれません。* * *1862年3月24日、龍馬と沢村惣之丞(要潤)は脱...
ショコラの日記帳  March 30 [Tue], 2010, 12:15
★龍馬(福山雅治)の脱藩話。
 家族で黒船に乗って世界をまわりたいという<家族大好き>な龍馬ですから、その葛藤はすごかったでしょうね。
 しかし、加尾(広末涼子)がいなくなった時点で、龍馬の<幸せな家族>を作るという夢は終わった。
 龍馬は<家族>でない他のものを求めた。
 龍馬は、結婚した弥太郎(香川照之)に「奥さんを大事にしろ」と言いますが、果たせなかった自分の想いを託しているようにも思います。
 そして<土佐藩>という枠。
 龍馬は<家族>だけでなく、<藩>も捨ててしまった。
 今で言えば、恋人を捨て、会社を辞めるような感じ。
 龍馬はあくまで<個人>なんですね。
 <土佐・山内家の坂本龍馬>でなく、<坂本龍馬>として生きる。
 フリーランス、自由人として生きる。
 さて、そんな<坂本龍馬>がどんな表情を見せるか?
 予告で見ると、自由人、やさぐれ龍馬はなかなか格好良かった。
 第1話のやさしいお坊ちゃんからは大きな変貌。
 今回の主人公は本当に様々な顔を見せてくれます。

★そして半平太(大森南朋)。
 吉田東洋暗殺。
 ついに踏み出してはいけない一歩を踏み出してしまった。
 人間、この領域に...
平成エンタメ研究所  March 30 [Tue], 2010, 11:26
福山さんは歯が出てて横顔がかわいい・・・っていうか泣いているっていうか笑っているようにしか見えないのが難点血を吐く龍馬は妄想でしたか・・・ついに吉田東洋暗殺自分では手を汚さず絵なんか書いて妻と微笑みあう武市さんちょっと土曜ワイド劇場みたいでした・・・【...
しなもにあ  March 30 [Tue], 2010, 11:10
『龍馬伝』 第13回「さらば土佐よ」

【 その場で斬りまする 】

 前回、吉田東洋(田中泯)らに足蹴にされて、正気を失った武市(大森南朋)が「龍馬、東洋を斬ってくれや」と龍馬に依頼した場面が、そのまま続いてる。
 龍馬は「儂が直接、あの人にあって腹の中を確かめて来るき」と武市を必死で宥めるも、「もし儂の前で、吉田様がおかしなコトを言うたら・・・・・、その場で斬りまする。」と・・・。
 龍馬は、吉田東洋を信じながらも、友・武市をも納得させる、両睨み。
 吉田を斬るケースもあり得ることを匂わさなければ、武市の暴発を抑えられないと考えての言葉か・・・。

【 毒茶 】

 後藤象二郎(青木崇高)が、弥太郎(香川照之)に、龍馬暗殺用の毒薬を手渡しながら、「もろうたばかりの嫁と別れとうないやろ」と、プレッシャーをかけてる。
 嫌な奴です。(この時点では・・・)

 茶屋でくつろぐ龍馬の所に弥太郎が現れる。
 龍馬が厠へを席を立つと、弥太郎はキョロキョロと辺りを窺い、好機と判断。
 手をぶるぶる震わせながら、龍馬の湯飲みに毒を盛った弥太郎。
 何も知らない龍馬は「お喜勢さんを大事にしちゅうき。あん...
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)と吉田東洋(田中泯)はそれぞれ命を狙われます。後藤象二郎(青木崇高)は岩崎弥太郎(香川照之)に毒薬を渡し「食事の時にでも入れればいい」など具体的なやり方まで指示してくれますが、武市半平太(大森南朋)は「東洋を斬ってくれい、龍馬!」と叫び、冨(奥貫薫)まで聞かれてしまいます。優しくて真面目な武市の豹変ぶりに冨は驚きますが、「ワシは東洋に足蹴にされたがじゃ!」と暗殺指令というよりは単なる激情になっています。(以下に続きます)

7/1:福山雅治主演 竜馬伝写真集
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE