龍馬伝第12話(3.21)

March 23 [Tue], 2010, 23:08
熱烈な勧誘を断りきれず、土佐勤王党に入党したものの、
攘夷に納得できない坂本龍馬@福山雅治
吉田松陰@生瀬勝久の弟子にあたる長州藩の久坂玄瑞@やべきょうすけ
語ったもの、いまいち納得はできなかったという話。
うーん、松陰先生の死で興奮してたのか、久坂玄瑞のノリについていけない
なんかコメディーっぽいノリになってるし。
龍馬伝紀行で紹介されたような感動的なエピソードではなかったなあ。
大体、終生、長州藩士だった久坂玄瑞が龍馬に脱藩を勧めるというのがなあ。
史実だったら、申し訳ないが・・・。

二重人格武市半平太@大森南朋新婚岩崎弥太郎@香川照之etcが
飄々としてる龍馬を、なぜか羨望・嫉妬・畏敬といった感情で強く意識する
というのが、『龍馬伝』のスタイルなわけですが、
後藤象二郎@青木崇高が今回そのメンバーに加わってしまいましたな。
叔父の吉田東洋@田中泯が龍馬を買ってるのが許せなかったのでしょうか。
心の狭いヤツです。
後藤象二郎はまあいいのですが(苦笑)、
武市半平太が器の小さい人物と描かれてるのがなあ・・・
龍馬に比べて、知名度が低いだけに、本当にちっぽけな人物だったと思われそう。
半平太の生き方は決して正しかったとはいえないと思う。
僕は、半平太がこれから選ぶ手段が嫌いだ。幕末の嫌な面を象徴している
でも、攘夷が間違ってたというのは、現代だから言えることで、結果論だと思うのよね。
井の中の蛙のように、半平太が描かれるのは、演出過剰だと思うのよ。
考え方や手段が間違ってたというのと、器が小さいというのは、別問題だと思うわ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2525
Trackback
Trackback URL:
なんや?、結局、
松陰先生の出番はあのたった一回だけやったんかい?!

そうやわな?、松陰先生が
「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」
で始まる「留魂録」を残して、
江戸伝馬町の獄において斬首刑に処されたのが1859年(なんと29歳だ)
龍馬が丸亀藩へ剣術修行の名目で土佐を出て、
長州萩を訪れて久坂玄瑞と面会したのが1862年だからな?
あ、言ってくけど、ドラマみたいに
「長州行ってきま?す!」なんて簡単に旅に出れないからね。
だからこそ「脱藩」なる発想が生まれてくるのである。

龍馬の成長はゆっくり。
当時は本当に「尊王攘夷」の意味さえも理解できていない
「あほう」だっかかも知れない。
だからこそ、賢ぶってる半平太と違い
いろんな人々の意見を聴き
まるで乾いたスポンジのように吸収していった。
そして、半平太の耳学問を持っていなかったからこそ
変な先入観を持たずに、誰も思いつかないような
画期的な発想を生み出すことが出来た。
そう言う意味では「うつけ」と呼ばれながら「革命児」となった
織田信長と相通ずるところがある、そう思っている。

そんな龍馬の器は土佐の中では納まらなくなって
そして、羽...
しっとう?岩田亜矢那  March 24 [Wed], 2010, 17:53
なんや〜、結局、
松陰先生の出番はあのたった一回だけやったんかい?!

そうやわな〜、松陰先生が
「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」
で始まる「留魂録」を残して、
江戸伝馬町の獄において斬首刑に処されたのが1859年(なんと29歳
『龍馬伝』 第12回「暗殺指令」


 鳩山邦夫氏が、薩長同盟を引き合いに与謝野氏と舛添氏の接着剤になるとして、自らを”坂本龍馬”になぞらえるという、身の程知らずも甚だしい茶番劇がありましたけど、そういう自称・龍馬は放っておいて、今週も『龍馬伝』に集中、集中・・・・。

【 要潤登場 】

 武市の門弟たちに傅かれた龍馬(福山雅治)は、血判を押して土佐勤王党入り。
 その勢力は200名をこし、一大勢力に・・・。
 龍馬と話をする収二郎(宮迫博之)や以蔵(佐藤健)は、上士も、一目を置かざるを得なくなり、道ですれ違う際に、普通にすれ違っても平気になったと機嫌。
 そこに沢村惣之丞(要潤)が現れる。
 てっきり万里香(杏)を連れてヌーヨーカに転勤したと思っていたら、タイムスリップして土佐にやってきた要潤。

 遠慮を知らない惣之丞は「おまんは、他の者とは違う匂いがするのう」「おまんは、どっか冷めちゅう」「本当に武市半平太の考えに、同意しちゅうがか・・・」と、ズケズケ龍馬の心の中に踏み込んでくる。

 さらに、「儂は、武市にはガッカリじゃ。」として、尊皇攘夷をぶち上げながら行動を起こさない武市を敬称...
 半平太(大森南朋)の物語でしたね。
 現実が上手くいかない時、人はどう行動するか?
 言葉による説得、弥太郎(香川照之)のように口利きをしてもらって実現するという手もある。
 でもすべてがダメだった時、人は<力><暴力>に訴える。
 明治維新はある意味、革命だと思いますが、<革命>はこうして起こるんですね。失敗すれば<反乱>になる。
 そして、<革命>(あるいは戦争)には自らの行動を正当化する大義名分が必要。
 半平太の場合は<攘夷>。
 半平太や幕末の志士たちは純粋に<攘夷>を信じていたかもしれませんが、一方で<現実で上手くいかないこと>や<上士への怒り><権力欲>などがあったことも否めない。
 この作品では、もうひとりのダークサイド半平太がこう言っていた。
 「柴田備後に見限られるぞ、収二郎たちに見下されるぞ」
 半平太の心の中には<攘夷>以外にも、こうした個人的なドロドロしたものがあったんですね。

 そして龍馬(福山雅治)。
 半平太が認めていたように、龍馬は半平太の暴走を思いとどまらせるストッパー役だった。
 龍馬は半平太にとってバランスをとってくれる存在。
 右に傾きかけたら、助言し...
平成エンタメ研究所  March 24 [Wed], 2010, 11:33
第12回の視聴率は、前回の21.4%から下がって、17.7%でした。初めて20%を切ってしまいました。この3連休は、どのドラマも視聴率が低いですが、それにしても急落ですね。次回は、第1部の最終回。20%台に戻して欲しいものです。* * *弥太郎、ご結婚、おめでとう♪お...
ショコラの日記帳  March 24 [Wed], 2010, 10:27
ここまで頼りにされたことは、初めてではないだろうか?上士からも下士からも、まさにスカウティングに相応しい龍馬へのアプローチである。「お前しかいないんだ!」龍馬は武市半平太(瑞山)の発起した土佐勤王党の一員に…熟慮などという余裕は与えてくれない。選択肢はた...
政の狼 ?TheWolfwantshisownDandism.?  March 24 [Wed], 2010, 10:13
龍馬(福山雅治)は、半平太(大森南朋)たちが結成した土佐勤王党に入り、
沢村惣之丞(要潤)と出会う。
沢村は、長州は久坂玄瑞(やべきょうすけ)たちが今にも攘夷を決行しよう
としていると話す。
龍馬は玄瑞に会いに、長州へと旅立つ。
玄瑞は龍馬に、日本は異国に不公
ぷち丸くんの日常日記  March 24 [Wed], 2010, 6:57
今書いてた記事・・・・アップ寸前でパソコンが・・・・・まさかのフリーズ状態に??????(泣)なので簡易感想です・・・・・・・・ネタレ注意個人的感想レポ&突っ込み満載なので苦手な方はバックプリーズ土佐勤皇党に入るべく血判を押す龍馬。意外とあっさり押して...
徒然”腐”日記  March 24 [Wed], 2010, 6:26
「龍馬伝」第12話。

ぶっそうなタイトルであります。
そろそろ頭角を現す龍馬となってきており、
その言動行動に土佐藩の重鎮、吉田東洋にしても期待をかけていました。
感想を述べるにしても、ドラマにのっとって語らせて頂く気楽さを感じます。
この「龍馬伝」の立役者の
龍馬よいしょドラマも遂に、4分の1の第12回。「なんて素直な お人じゃ」年下の久坂玄瑞に頭を下げ脱藩してでも攘夷をすべき事を学び、出世を捨て日本人として物事を考える龍馬「わしの顔 見いや!」 自分の出世しか頭にない弥太郎土佐藩にこだわる了見の狭い武市今...
武市さんが壊れました(´;ω;`)【今回の流れ】・土佐勤皇党に加わった龍馬 攘夷の事を知りたいと、長州の久坂玄瑞へ会いに行く事に 武市半平太も龍馬を快く送り出す・久坂玄瑞に会った龍馬は、幕府とアメリカが結んだ不平等な条約を知る 日本は既に侵略されつつある...
山南飛龍の徒然日記  March 24 [Wed], 2010, 0:34
第12回「暗殺指令」 視聴率17.7%
またり、すばるくん。  March 24 [Wed], 2010, 0:23
龍馬伝ですが、吉田東洋(田中泯)&武市半平太(大森南朋)という二人の領袖から仰望されている幕末の英雄・坂本龍馬(福山雅治)は長年の付き合いから武市を選びます。今や土佐勤皇党は200名という大所帯ですが、それぞれ一騎当千な憂国の烈士なわけで上士といえども侮れない存在となります。武市は外国の侵略から日本を守り、半平太だけに孝明天皇の藩屏になろうと意気込みますが、勤皇党の面々が狂騒するなか龍馬一人は冷めています。
平井収二郎(宮迫博之)の「これからは仲間だ。俺は加尾のことは全く気にしてない」などの驚異的なKY発言に龍馬も苦笑するしかありませんが、岡田以蔵(佐藤健)が龍馬加入に大喜びして仔犬のように懐きます。しかし、沢村惣之丞(要潤)なる新参者が武市批判を始める至っては、武市親衛隊の二人は黙ってはいられません。(以下に続きます)
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE