コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命2第3話(1.25)

January 27 [Wed], 2010, 7:47
今回、藍沢@山下智久・橘@椎名桔平らフライトドクターが向かった現場は、
乗客が将棋倒しになる事故の起きた駅の階段。
現場に着いた藍沢・橘らは、「どうなってるんだ?」と愕然とする。
剥き出しのスキー板に、三人の男女が串刺しになってしまっていたのだった。

うーむ、剥き出しのスキー板はそんなに突き刺さるものなのかあ。絵が痛々しかったねえ
で、今回の主役は、松井@濱田岳だったなあ。
『コードブルー』を初めて観たとき、
藤川@浅利陽介『プロポーズ大作戦』の濱田岳のポジションだなあと思ったものだ。
ペラペラよく喋り、三人組の中で一番元気そうに見えて、実は一番危険だった松井。
しかも、恋人エリ@小林涼子をかばおうとして、致命傷を受けたのに、
エリが恋人だと思ったのは松井の勘違いで、エリの本命だったのはもう一人の木沢
何も、こんなときに、エリも告白しなくてもいいのにのう。おまえの方がじゃ

失意の松井に更に試練が続く・・・。
「助かる可能性の高い方から優先順位を決めざるをえないんです・・・」
助かる可能性の高いエリと木沢を救うには、三人に繋がったスキー板を切断するしかない。
しかし、スキー板をはずせば、松井は出血死してしまう・・・。
事情を知らされた松井が了承した結果、エリと木沢は救われるが、松井はやはり死亡・・・。
「松井さん、あなたが喋り続けてくれたおかげで、ほかの二人も落ち着いていられた。
あなたは役立たずなんかじゃない。あなたが二人を守ってあげたんだ・・・。」

藍沢が松井の遺体に声をかけ、針と糸で傷を縫ってあげたり、
「あの松井ってやつ、最期まで自分の好きな人を支えようとした。凄いな・・・」
橘が松井の男気に感嘆したりしてたけど・・・
死んだ後に、見ず知らずの医者の賛辞を受けてもねえ
意識があるだけ、いろいろ辛いことを知らされた松井は気の毒だったなあ

白石@新垣結衣は、回復の見込みのない患者の心臓マッサージを断念した結果、
患者の母親から鬼呼ばわりされ、
とどめは、冴島@比嘉愛未の恋人田沢悟史@平山広行
「何を頑張るの?
やれるオペがあるだけいいって言っただけだ。本心だよ。
今の俺を見りゃ、わかるだろ?
あんな子にまで、同情されているのか、俺は・・・」

中居正広主演『白い影』で、いかりや長介
「患者はみんな頑張ってるんだ。頑張れなんて言うな」と言っていたのを思い出した。
白石を鬼呼ばわりした母親も、悟史も、彼らの立場からすると、わかるんだよねえ。
安直に奇跡を起こさないのが、『コードブルー』のいいとこだと思うわ。胸が痛むけどさあ。

それに比べると、「おまえが殺した」という婆ちゃんのうわ言山田一郎はどーでもよすぎる。
ニクソンネタはまだ重たい雰囲気を和らげようとしてたのだろうけどさあ。

★コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話 SP

★コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命2期の感想★
第1話 第2話
  • URL:https://yaplog.jp/water_bed/archive/2437
Trackback
Trackback URL:
『医者は、事実を伝えなければならない
たとえそれが、どんなに残酷な事実だったとしても』


今回も重い話でした・゜・(PД`q。)・゜・

事?...
空色きゃんでぃ  January 30 [Sat], 2010, 15:27
はが斬月と共鳴して村正を倒す展開で






































































今回はオリジナル完結でVS村正メインだが

















VS村
別館ヒガシ日記  January 29 [Fri], 2010, 18:54
「コードブルー」第3話、スキー板というのは三人もの人間の体を貫けるほど、危険な存在なのか?と、まずここに疑問を持ってしまったわたしは天の邪鬼あんなに若くして、自分を裏切っていた男女を助けるために死んでいく濱田岳さん。彼がもし、この処置を拒否していたらど...
今日も何かあたらしいこと  January 28 [Thu], 2010, 11:19
人は嘘をつく者-----------------。山田一郎の存在と、母親を殺したという言葉の意味。それを耕作は祖母に尋ねるも、答えを聞く前に救急が入る。一方、美帆子の心臓は爆弾を抱えている事が発覚。カテーテルでの手術が必要。だが、また時間をロスすることを思えばその手術...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆  January 28 [Thu], 2010, 1:11
<人はなぜ、本当の事を知りたがるのだろう?
「いい結果をもたらす嘘は、不幸jをもたらす真実よりいい」
昔読んだ本の一節だ。なのに人は、真実を知りたがる。
そして不幸が始まる。>

絹江がうわごとで言っていた、「母さんっって、胃がんで死んだんだよね。うわごとで殺したって言ってたけど、なに?」
まぁ、お茶でも  January 27 [Wed], 2010, 21:05
検査の結果、心臓に爆弾を抱える美帆子(戸田恵梨香)に手術が必要なこと
が判明する。
前回の手術で研修医として2カ月間の空白が出来てしまった美帆子は、安易
に手術の同意書にサイン出来ない。
そんな中、消防からドクターヘリの出動要請が入る。
駅の階段で乗客の将棋倒
ぷち丸くんの日常日記  January 27 [Wed], 2010, 17:11
今回はタイトル通り、真実と嘘がテーマ。&nbsp;辛い真実を伝えるよりは、優しい嘘を突き通した方がいい時もあるのか。だが医者は、いつでも真実を伝えなければならない。それが時には残酷であろうとも…。「プロポーズ大作戦」で山Pとナイスコンビだったツルこと濱田岳くんが、泣かせてくれますっ!
fool's aspirin  January 27 [Wed], 2010, 15:20
月9『コード・ブルー 2nd season』第3話
 『コード・ブルー』って、こんなに凄いドラマでしたっけ?
 『コード・ブルー1st season』序盤は、候補生たちが弱々しくって頼りない物語だった気がしましたし、”俳優・柳葉敏郎”を苦手としてるので”1st season”の途中に、このドラマから退散していたのですが、たまたま観た今回の物語は、命とは何かを考えさせられる深い物語になっていて、ズキュ??ンと心打たれました。 

【 ”山P”と”濱田岳” 】

 駅の階段で乗客の将棋倒しが発生し、負傷者の松井(濱田岳)、木沢、恵理という若者3人3人がスキー板で串刺しに・・・。
 一番上の”松井”は、意識はあり痛みも感じないと言うが、スキー板が腰から下に貫通していて、これを抜くと大量出血を招く。
 二番目の”木沢”は頭を強く打ち、脳内で出血しているよう。
 一番下の”恵理”という女性は下敷きになっていて、圧迫されて危険。
 しかし、スキー板が3人を貫いていて、動かすことも出来ず充分な処置が施せない。

 橘(椎名桔平)、西条(杉本哲太)、藍沢(山下智久)は打開策を検討する。
 そして、藍沢たちは助かる可能性が高い下の二人を救う...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TO:夕来さん
2期になって、より面白くなりましたね、コードブルーは。
フェローたちがそれぞれ腕が上がったのが伝わるし、
それでも、患者を救えない現実、
そして、フェローゆえ苦い結末に苦悩するという描き方に好感が持てますわ。
フェローだけでなく、患者や家族の心情にも共感できますし。
気が早いけど、3期があってもいいんじゃないかと思います。
藤川は・・・悟史の心を救うんじゃないかな。
やっぱ、藤川の役割はムードメーカーなのでしょう。
January 28 [Thu], 2010, 8:41
>藤川@浅利陽介は『プロポーズ大作戦』の濱田岳のポジションだなあ
あぁ…なんか同じ系列ですよね(笑
今回の藤川は全然目立ってないどころか、
ニクソン問題に絡むギャグパートだったし〜。
でも浅利くんも濱田くんも、2人とも演技が巧いのも一緒です。

>安直に奇跡を起こさないのが、『コードブルー』のいいとこだと思うわ
シーズン2に入ってフェローたちの腕も上がったおかげか、
シビアな展開が続いてますねぇ。
でもすんごい見ごたえあります!
シーズン1では私の中では「いらない子その1」だった
ガッキーがすっかりレベルアップしちゃって、
残るは浅利くんだけ…なんか寂しいような(笑
January 27 [Wed], 2010, 16:55
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE